2016/11/03

【ポケモンGO】攻略ガイド⑫「図鑑コンプのためにも早めにゲットすべき14匹」

HallOfFame_450

 
 みなさん、そろそろ「ポケモン GO」の図鑑は埋まってきましたか?最初のうちは何を捕まえても新規登録されていくので楽しいものですが、後半にいけばいくほど目的のポケモンが絞られていきますよね。今回は、「後半に残しておくと辛く感じるポケモン」たちをご紹介!

Pokémon GO
ansinカテゴリ:ゲーム
もっと見る

 

★進化しないポケモンは要注意

 
 相棒システムが導入されてからは、ポケモンのアメを集めるのがだいぶ楽になりましたよね。おかげで進化ポケモンは「頑張ればいつかはゲットできるもの」になりました。
 

photo

 
 でも、進化しないポケモンたちはそうはいきません。直接捕まえるか、たまごから生まれてくるまで図鑑に登録されないのです!
 

★WANTED ポケモン14匹

 そこで、そんな「進化しないポケモン」をまとめてピックアップ!この14匹のシルエットを見かけたら、寄り道してでもゲットしておいたほうがいいですよ!!
 


【イワーク】ポケモンの中でもひときわ巨大な身体をもつイワーク。ちなみに年を取るほど体は丸みを帯びる。


 

【エビワラー】サワムラーと並ぶ、かくとうタイプの代表格。世界チャンピオンを目指したボクサーの魂が宿るといわれる。


 

【エレブー】一見すると、ピカチュウやスリープと似た体形、カラーリングなので見逃しがち。カミナリの落ちそうなところへ好んで行く。


 

【カビゴン】フィールドにその姿を現すと、ポケモントレーナーたちが群がるというほどのレアポケモン。食べて寝ての繰り返しで1日が終わる。


 

【カモネギ】アジアで出現する地域限定ポケモン。いずれトレード機能が搭載されたときに、海外のポケモンとの交換用にたくさん持っておきたい。


 

【サワムラー】ツルッとしたシルエットが特徴のポケモン。キックが得意で、戦いのあとは疲れた足を自らもみほぐす。


 

【ストライク】むしタイプであり、かつ飛行能力をもつ珍しいポケモン。14種の中では比較的出現しやすい。


 

【ブーバー】威嚇したときの熱風で周りの草木を燃やす、ほのおタイプのポケモン。ストライク同様、出現率はやや高め。


 

【プテラ】白き翼を大きく広げて空を滑空する。フィールドでの出現はかなり低め。たまごからゲットするほうが早いかもしれない。


 

【ベロリンガ】舌が身長の2倍もあるノーマルタイプのポケモン。HPが高く、防御力も優れている。酸っぱいものがちょっと苦手。


 

【ポリゴン】角ばったボディーのバーチャルポケモン。出現率はかなり低く、「図鑑の最後がポリゴンだった」という人も多い。


 

【ラッキー】お腹にたまごをしまったキュートなポケモン。全体的にたまごっぽいシルエットなので、すぐにわかるはず。


 

【ラプラス】東京ではラプラスが出現すると、トレーナーの集団が一斉に移動するといわれるほどのレアポケモン。見つけたら全力でゲットしよう。


 

【ルージュラ】踊るような腰つきでリズミカルに動く。こう見えてもエスパーポケモン。髪とスカートで構成されたシルエットはやや複雑か。


 
 進化するポケモンと比べて、出現率がはるかに低いこの14種。町中で見かけたら、迷わず「ズリの実+ハイパーボール」ですね♪
 

★これから必要になる!?アメ一覧

 ポケモンの図鑑は全部で151匹(うち、イベント系ポケモンを除くと142匹)。しかし、今後さらなる新しいポケモンが追加されていくだろうと予想されます。そこで、ゲーム「ポケットモンスター金・銀」に登場する第二世代のポケモンを先取りして考えると、こんなアメが必要になってくるかも…!?
 


イーブイのアメ
イーブイは新たに「エーフィ」と「ブラッキー」の進化先が増える。
イワークのアメ
第二世代ポケモンでは、イワークは「ハガネール」に進化。
ナゾノクサのアメ
クサイハナの進化先に「キレイハナ」が増える。
ストライクのアメ
赤いボディが特徴的な「ハッサム」はストライクのアメが必要!?
ズバットのアメ
ゴルバットのさらなる進化で「クロバット」が誕生。
タッツーのアメ
数少ないドラゴンタイプの「キングドラ」に進化!
ニョロモのアメ
ニョロゾから進化分岐して「ニョロトノ」に。ついにカエルになるときがきた?
ポリゴンのアメ
なめらかなボディの「ポリゴン2」に進化する。
ヤドンのアメ
科学者並みの知能を持つ「ヤドキング」になる。
ラッキーのアメ
さらにかわいく、優しい「ハピナス」に進化する。


 
 上記の進化論は、あくまでも「ポケモン金・銀」から推測したもの。でも、いまのうちからアメを貯めておくといいかもしれませんね!?このポケモンリストを覚えて、ガンガン捕まえちゃいましょう♪
 
※この記事は2016年11月2日現在のものです。屋外で遊ぶときは、くれぐれも周囲に気を付けながら楽しみましょう。
 

Pokémon GO
ansinカテゴリ:ゲーム
もっと見る

 

■関連特集を見る

machiuke

 

machiuke

 

machiuke
アプリ&レビュー編集部