2016/12/22

【今さら聞けないLINEの使い方】⑨ホームに投稿してみよう♪

LINE-course_450

 
 LINEの「ホーム」はTwitterやFacebookのように、画像や文章を投稿できる場所。自分用のメモにしたり、友だちに見てもらいたい情報を残したりできるこの機能について今回はご紹介します。
 

◆LINE「ホーム」への行き方

 
 「ホーム」は普通にトークをしているだけではどこにあるのかわかりづらいため、「ホーム」への行く方法から見ていきましょう。
 

☆友だちから移動

 
 「① 友だち」→「② マイプロフィール」→「③ ホーム」の順にタップします。
 

image02

 

image03

 

☆その他から移動

 
 「① その他」→「② 自分のアイコン」→「③ ホーム」の順にタップします。
 

image04

 

image05

 

◆さぁ、投稿しよう

 
 「ホーム」画面に移行できましたか?では、右下のペンアイコンをタップして早速投稿してみましょう♪
 

image06

 
 LINEの「ホーム」の投稿は、閲覧することのできる人の範囲を設定することができます。まずこの投稿をどこまで公開するかを決めましょう。左上の「友だち」をタップします。
 

image07

 
 「公開設定」から公開する対象を選択します。
 

image08

 

  • 全体に公開

    いきなり全世界に公開されるわけではなく、投稿を見たあなたの友だちが「共有」することで、あなたの知らない人に公開されていきます。気を付けたいのは、「非表示」リストに登録している人もこの投稿内容が見えるところ。

  • 友だち

    友だちに登録されている人にだけ公開されます。右の「>」で公開したくない友だちをリストで管理できます。

  • 自分のみ

    自分にしか見えず、非公開と同じ状態です。

  • 追加

    公開したいグループを追加することができます。

 

image09

 
 公開範囲を決めたら本文を入力して完成。追加したい画像などを選んでいきます。LINEならではの機能として、すでに入手しているスタンプを貼ることもできちゃいます。
 

フォントの大きさを変更します。
ハッシュタグを付けます。ハッシュタグを付けた投稿は「全体に公開」のみ有効で、同じタグを付けた投稿を抽出することができます。
@の後ろに友だちのLINE名を入力すると、その友だちにこの投稿の通知が届きます。
LINEのスタンプや絵文字がアップロードされます。複数のスタンプを同一投稿に送ることも可能です。
画像データを追加します。複数の画像を同一投稿に送ることも可能です。
動画データを追加します。複数の動画を同一投稿に送ることも可能です。
リンクを張ったURLを1つ追加できます。
位置情報を追加します。登録できる情報は1件です。
音楽を追加します。音楽を追加・試聴するには「LINE MUSIC」がインストールされている必要があります。

 
 最後に右上の「投稿」をタップすれば完成!
 

image10

 
 投稿を見てくれた友だちから「いいね」をもらえたり、コメントがもらえたりするかも。
 

image11

 
 投稿は「タイムライン」にも流れてきます。友だちの投稿にも「いいね」やコメントを付けてあげて、トークとは別のコミュニケーションを楽しんでください。
 
 次回は投稿や友だちの情報が流れてくる「タイムライン」についてです。お楽しみに★
 
※この記事は2016年12月21日現在のものです。
 
 ▼その他、LINEの使い方についてはコチラ!
 

machiuke

 

LINE(ライン) – 無料通話・メールアプリ
ansinカテゴリ:ソーシャル
もっと見る

 

■関連特集を見る

machiuke

 

machiuke

 

machiuke
アプリ&レビュー編集部