2017/03/12

何歳からスマホを持たせる? トップは「●●1年生」

適切な年齢で「高校生」を挙げた親からは、「料金はバイトをして自分で払ってほしい」という声もちらほら…。あなたはどうだった?

総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、2015年末でスマホの世帯普及率が7割を超え、6~12歳でも3割がスマホを保有しているという。子どもにスマホを持たせる理由は、「親と連絡を取るため」「防犯のため」などが想定されるが、どの年齢から持たせるべきなのだろうか? 子どもがいる30代の既婚男女222人(男女各111人)に、「子どもにスマホを持たせるのに適切な年代」を聞いてみた。(R25スマホ情報局調べ/協力:ファストアスク)

■子どもに個人のスマホを持たせるならどの年代から?

・小学1年生 2.7%
・小学2年生 3.2%
・小学3年生 2.3%
・小学4年生 5.4%
・小学5年生 4.1%
・小学6年生 2.7%
・中学1年生 31.1%
・中学2年生 2.7%
・中学3年生 5.9%
・高校1年生 35.6%
・高校2年生 0.0%
・高校3年生 1.8%
・大学生以上 2.7%

1位は「高校1年生」だが、「中学1年生」も3割以上と突出。どちらも進学によって環境が大きく変わるほか、通学、部活と行動範囲も広がることを理由に選んだ親は多そうだ。一方、小学生は合計20.4%で、5人に1人は小学生でも持たせてよいと考えている模様。では、それぞれを選んだ親の意見を見てみよう。

【小学生】
「心配。小学校登校なので。電話機能だけのシンプルなものがあればいいなと思います」(30歳・女性/小学1年生)
「小学校に通うと長い時間離れることになるから」(36歳・女性/小学2年生)
「ひとりで行動し出す時期」(35歳・男性/小学3年生)
「家で一人になることが多く、スマートホンの意味も分かり始めてくるから」(32歳・女性/小学4年生)
「高学年ぐらいになると中学受験も近くなり、色々な調べ物にも活用できると思った」(39歳・男性/小学5年生)
「塾などに通う必要が出てくるから」(39歳・男性/小学6年生)

【中学生】
「小学生ではまだ早く、中学生では友達がみんな持っているだろうから」(34歳・男性/中学1年生)
「中学になれば自分の行動に責任が持てるようになるから」(36歳・男性/中学1年生)
「分別つけて使用できると思うから」(33歳・女性/中学2年生)
「塾とかで時間が遅くなったりしそうだから」(37歳・女性/中学2年生)
「なんとなく中学生では早い気がしする。中3後半くらいだとまぁ持たせても大丈夫かな?という感じ」(33歳・女性/中学3年生)
「周りの子がスマホを持っていそうなので、高校に入る前ぐらいには用意したい」(33歳・女性/中学3年生)

【高校生】
「高校生くらいから付き合いでいるのかと思うから」(35歳・女性/高校1年生)
「義務教育が終わり、大人として扱うべき年頃であるから」(36歳・男性/高校1年生)
「分別がつく」(36歳・男性/高校3年生)

【大学生以上】
「勉強に支障が出そうだから」(38歳・女性)
「必要ないと思うから」(38歳・男性)

小学生では「防犯」「習い事」など子どもを心配する声があがった一方、中学生、高校生では「友達付き合い」など人間関係を踏まえたコメントが見られた。

ただ、子どもに個人のスマホを持たせないまでも、親のスマホを触ることはあるはず。「子どもが『適切な年齢』になる前に親のスマホを使うこと」について聞いてみると、

・問題ない 9.0%
・適度にならよい 29.7%
・親の許可を取ってからならよい 54.5%
・使うことに反対 6.8%

と、子どものスマホ利用に真っ向から反対する人は少なかった。

連絡手段として必要という考えから、子どもの人間関係のためのツールまで、考慮すべき事項の多い「初スマホ問題」。今すぐ必要なのか、もう少し成長してからで問題ないのか、必要な時期をそれぞれ見極めてほしい。

(吉田良雄)