メディア個別 【かんたん】冷蔵庫がきれいに♡収納のコツとアイデアをご紹介! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/06/27

【かんたん】冷蔵庫がきれいに♡収納のコツとアイデアをご紹介!

おうち時間が増え、冷蔵庫に食材が増えたという家庭が多いのではないでしょうか。そこで困るのが冷蔵庫の中の収納。スペースは限られているうえに、しまうものの形が統一されているわけではないので、どうしてもバラバラとごちゃついてしまいますよね。

今回はエリア別に冷蔵庫の収納術を紹介。すぐにできるものばかりなので、ぜひ実践してみてください!

冷蔵庫の中がごちゃごちゃ......



家族全員で過ごすことが増え、冷蔵庫の中が食材でパンパン……。消費期限が過ぎたことに気がつかず、泣く泣く捨てるということもありますよね。

そんな「もったいない」を発生させない、冷蔵庫の整理術をお教えします。冷蔵庫がスッキリすれば献立も立てやすくなり、無駄にしてしまう食材も減るはず。

さっそく確認していきましょう!

冷蔵庫を整理するコツって?



冷蔵庫を整理するコツはたった2つ! この基本を抑えるだけでスッキリしますよ。

住所を決めよう!

冷蔵庫を開けたときに、パッと見てどこになにがあるのか分かるようにするのが重要です。どこになにを置くのか、それぞれに住所を決めてあげましょう!

見やすいだけで、使いたいものを探すのが簡単になり、冷蔵庫を引っ掻き回す必要もありません! これだけで冷蔵庫がぐちゃぐちゃになってしまうリスクもなくなり、探す時間も減るのでお料理の時短にもつながります。

消費期限の近いものはよく目にする場所に!

消費期限の近いものは専用でエリアを作り、よく目に入る場所に置くようにしましょう。

気にかける場所をひとつに絞れば、無駄にしてしまう食材も少なくなりますし、そこにある食材を基準に献立を立てて、効率よく食材を消費することができます。

エリア別の収納術を学ぼう!

先ほどのコツを基本に、それぞれのエリア別にぴったりな収納術をチェックしていきましょう。

冷蔵室



冷蔵室の中・下段は一番目に入り、手が届きやすい場所。なので、消費期限の近いものや、よく使う食材などを置くのがオススメです!

上段は高い位置にあり、見えにくい場所なので消費期限の長いものや、使用頻度の低いものを置くようにしましょう。とくに上段の奥の方は見えにくいため、細長いトレーなどを使って収納し、トレーを引くだけで奥のものが取れるようにすると、便利です。

ドアポケット



調味料など細々したものが多いドアポケット。自立しないチューブ調味料は、ステンレスピンチなどでつるして収納すると使いやすくなります。

スティック調味料など細かいものは、透明のボトルを用意しその中に入れて保管するのが◎。立てて保管できるのでスッキリするだけでなく、中身が見えるのでどこになにがあるのかわかりやすくなります!

野菜室



野菜といっても形はバラバラ。だからこそ野菜室の中が雑然としてしまい、大きい野菜の下に小さい野菜が隠れてて腐らせてしまうということもありますよね。

そんなときはペーパーバッグなどで種類ごとに分けるようにしましょう。パッと見るだけでどこになにがあるのかわかりやすくなります。

またカゴなどを使ってシンデレラフィットさせることでより一層スッキリ見せることができます。カゴを使うときはペーパーを敷いてから野菜を入れると、掃除をするときにラクになりますよ!

冷凍室



冷凍室は物が多くなりがち。その上仕切がなく、ごちゃごちゃしていて欲しいものがなかなか見つからない……! ということも多いのではないでしょうか。

残り物などを保管する場合は保存容器や保存袋にラベリングをして、立てて保管しましょう。それぞれになにが入っているのか、上から見てわかるようにラベリングするのが重要です! 

冷凍庫用の仕切もありますが、なければブックエンドなどを使って仕切りを作り、食材を重ねないよう立てて保管すると取り出しがラクになります。

冷蔵庫を整理するといいことたくさん

冷蔵庫がスッキリすると、料理をするときのプチストレスがなくなるだけでなく、食材を無駄にしてしまう確率を下げることができます。

また食材を買い出しに行くときも、なにが足りないのか把握しやすくなり、重複して買ってしまうということも防ぐことができますよ。ぜひ参考にしながら、おうち時間の多いこのタイミングで整理整頓してみてはいかがでしょうか。

フレッシュハウスのHPはこちらから

関連記事


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る