メディア個別 iPhoneアプリの購入履歴の使い方。削除・非表示や解約について | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/03/28

iPhoneアプリの購入履歴の使い方。削除・非表示や解約について

iPhoneでアプリを購入したことがあれば、いつどのアプリをいくらで購入したのかを知りたいときもありますよね。購入履歴を削除できるのかも気になるところです。購入履歴の確認・削除方法や、アプリの解約手続き方法、返金方法なども紹介します。

iPhoneアプリ購入履歴の管理方法

iPhoneで購入したアプリの履歴情報は、iTunesやApp Storeに残っているため、履歴を確認することは可能です。人に見られたくない履歴を削除したり、復元したりもできます。 購入履歴に関する操作方法は以下のとおりです。

購入履歴を見る方法

iPhoneアプリの購入履歴は、パソコンとスマホの両方から確認できます。 パソコンで購入履歴を見るための操作手順は以下のとおりです。
     
  1. iTunes Storeを開く
  2. 上部メニューの『アカウント』から『マイアカウントを表示』をクリック
  3. Apple IDとパスワードを入力して、サインイン
  4. アカウント情報にある『購入履歴』から『すべてを見る』をクリック
iPhoneの場合は、以下の手順で購入履歴を確認できます。
     
  1. 『設定』を開く
  2. 一番上にある、自分のユーザー名をタップ
  3. 『iTunesとApp Store』をタップ
  4. 自分のApple IDをタップして、『Apple IDを表示』をタップ
  5. パスワードを入力してサインイン
  6. 購入履歴をタップ

履歴を削除・非表示にする方法

これまでは、アプリの購入履歴を削除する場合、iTunesから操作する必要がありましたが、iOSバージョン11以降は、iPhoneでアプリの購入履歴を削除するようになりました。履歴の削除手順は以下のとおりです。
     
  1. 『App Store』を起動
  2. 『Today』画面の右上にあるアカウントのアイコンをタップ
  3. 『購入済み』をタップ
  4. アプリ一覧から、履歴削除したいアプリを左にスライド→『非表示』をタップ
これで購入履歴を削除できます。

消えた購入履歴を復元する方法

履歴を復元したい場合は、iTunesから復元します。操作手順は以下のとおりです。
     
  1. iTunesを起動
  2. 上部メニューの『アカウント』から『マイアカウントを表示』をクリック
  3. Apple IDとパスワードを入力して、サインイン
  4. 『iTunes in the Cloud』という項目にある『非常時の購入済みアイテム』欄の『管理』をクリック
  5. 『App』をクリック
  6. 表示したいアプリの『表示する』をクリック
これで履歴が復元され、表示されるようになります。

購入履歴から再ダウンロードはできる?

一度削除したアプリを、購入履歴から再ダウンロードできます。わざわざアプリを検索する手間が省けるので便利です。購入履歴から再ダウンロードする方法は以下のとおりです。
     
  1. iPhoneで『App Store』を起動
  2. 『Today』画面の右上にある人のマークをタップ
  3. 『購入済み』をタップ
  4. 上部の『このiPhone上にない』タブをタップ
  5. 再ダウンロードしたいアプリの雲アイコンをタップ
ただし、購入履歴から削除したアプリは表示されていないため、購入履歴を復元した後に実施するようにしましょう。

アプリの購入履歴で保留と出た場合

アプリの購入履歴を確認していると、『保留』と表示される場合があります。この状態になる原因と対処方法を知っておきましょう。

残高不足や決済処理の失敗が原因かも

購入したアプリが、購入履歴上で『保留』となっている場合があります。 これは、Apple IDのクレジット残高が不足しているか、登録しているクレジットカードやデビットカードの決済処理が失敗したという原因が考えられます。 しばらく待つと解決する場合もありますが、ずっと保留のままになっている場合は、対処する必要があります。以下の方法を試してください。

保留になったときの対処法

アプリの購入状況が保留になった場合、Apple IDの残高をチャージしたり、登録したカードの限度額を確認したりなど、正常に決済できるよう調整してみてください。 Apple IDの残高は不足しておらず、決済で失敗する原因が見当たらない場合は、アップルのサポートセンターに連絡するとよいでしょう。意外と簡単に解決することが多いようです。

アプリを解約する方法

誤って有料アプリを購入してしまった場合や、月額制で購入したアプリを、あまり使用していないため解約したいこともあるでしょう。購入したアプリを解約する方法を説明します。

設定から解約する

アプリの解約は、iPhoneやMac、iPadなどの各デバイスから可能です。ここでは、iPhoneから解約する方法を紹介します。解約手順は以下のとおりです。
     
  1. 『設定』を開く
  2. 一番上にある、自分のユーザー名をタップ
  3. 『サブスクリプション』をタップ
  4. 『サブスクリプションをキャンセルする』をタップ
手順4で『サブスクリプションをキャンセルする』が表示されない場合、すでに解約している状態です。

返金してもらえる?

意図せずに購入してしまった場合など、一定の基準を満たす理由なら、Appleに返金申請することで、お金が戻ってくることがあります。 返金申請するには、App Storeの購入履歴から『請求合計』をタップし、『問題を報告する』をタップします。あとはプルダウンから『返金を要望します』を選択し、理由説明のメッセージを入力したら、『送信』をタップするだけです。 場合によっては、申請が認められない旨のメッセージが返ってくることがありますが、納得がいかない場合はAppleサポートから申請することも可能です。

まとめ

アプリの購入履歴は、iPhoneから簡単に確認できます。また、購入履歴の削除や、有料アプリの解約も可能です。意図しない購入については返金申請もできるので、諦めずに問い合わせてみましょう。

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る