メディア個別 R6S Year5・Year6 ゲーム内アップデート発表情報まとめ 待望のタチャンカ強化!オレゴンや民家のリワークなど | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/02/18

R6S Year5・Year6 ゲーム内アップデート発表情報まとめ 待望のタチャンカ強化!オレゴンや民家のリワークなど

2020年2月7日(金)~17日(月)にカナダ・モントリオールにて開催された人気FPSゲーム「レインボーシックスシージ」の世界大会、「Six invitational 2020」。

最終日の2月17日(月)にYear5、Year6で行われる今後のアップデートや、実装予定のシステムなどが発表されました。

以下が発表内容となっています。

Year5ロードマップ

シーズン1

  • オペレーターはオランダ「IANA」、ヨルダン「ORYX」
  • オレゴンのマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト

Operation Void Edge kicks off Year 5 of #Rainbow6Siege with two new operators – Oryx and Iana, along with a map rework of Oregon, gameplay updates, and more. Learn all about the new gadgets, abilities, and map redesign at https://t.co/ENcLbPDXZK! pic.twitter.com/UGw3Tcrlb7

— Rainbow Six Siege (@Rainbow6Game) February 15, 2020

シーズン2

  • オペレーターは南アフリカとノルウェーから各1名
  • 民家のマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト

House rework! pic.twitter.com/gTUse04AtB

— ESL Rainbow Six #SixInvitational 2020 (@ESLRainbowSix) February 16, 2020

シーズン3

  • オペレーターはClassified(機密情報) ※筆者の予想は中国・雪豹突撃隊
  • 高層ビルのマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト
  • ゲームプレイ調整、オペレーターリワーク

シーズン4

  • オペレーターはタイから1名
  • 山荘のマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト
  • ゲームプレイ調整、オペレーターリワーク

Year6ロードマップ

シーズン1

  • オペレーターは1名
  • 新マップまたはマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト
  • ゲームプレイ調整、オペレーターリワーク

シーズン2

  • オペレーターは1名
  • 新マップまたはマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト
  • ゲームプレイ調整、オペレーターリワーク

シーズン3

  • オペレーターは1名
  • 新マップまたはマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト
  • ゲームプレイ調整、オペレーターリワーク

シーズン4

  • オペレーターは1名
  • 新マップまたはマップリワーク
  • イベントモード+アーケードプレイリスト
  • ゲームプレイ調整、オペレーターリワーク

オペレーター、ゲーム調整・新ガジェット

オペレーター調整

TACHANKA
メインガジェットだったLMGがメインウェポンに変更となり、自身の固有ガジェットは、ファイアボルトのようなものを放つグレネードランチャーへと変更されるとのこと。

RATATATATATATA {-}7 {-}7 {-}7
TACHANKA REWORK! pic.twitter.com/MDEb9cvh3z

— ESL Rainbow Six #SixInvitational 2020 (@ESLRainbowSix) February 16, 2020

BUT WAIT!
THERE IS MORE!
{-}7 pic.twitter.com/hNhdzpJmS7

— ESL Rainbow Six #SixInvitational 2020 (@ESLRainbowSix) February 16, 2020

LESION
GUマインを踏んだ際のダメージまでの猶予ができました。そのため、踏んだ直後の10ダメージがなくなり、代わりに継続ダメージが4→6へと変更になりました。また、GUマインから距離が離れたり、遮蔽物があるとUIが表示されなくなりました。

TWITCH
ショックドローンがマガジン式に変更。1度に3発までチャージがされ、1度使用するとまた再度チャージされる仕様となります。さらに、ダメージが10→9に変更となりました。

バリケード
バリケードを叩いた際の破片の大きさ一定になり、飛び散らなくなる仕様へ変更になりました。

ドローン
スポーン位置の選択が可能に。

新ガジェット

近接アラーム(仮称)
今後、防衛側のサブガジェットに新たに近接アラーム(仮称)というものが追加。敵がアラームの前を通過すると音でわかるようになります。
カメラ系のオペレーターを見る余裕がないマップ、1vsXの際などに最適かもしれません。

Finally! New secondary gadgets!

Proximity alarm! pic.twitter.com/h37xHIyKUM

— ESL Rainbow Six #SixInvitational 2020 (@ESLRainbowSix) February 16, 2020

ゲームシステムの変更

リプレイ機能の追加

ゲーム内に、リプレイ機能が追加されることが発表。マッチ終了後、Six Invitational2020で採用されたUIと同じものを使用して、自分のプレイや敵の動きを見返すことが可能となります。

また、神視点と呼ばれる、マップを頭上から見て観戦することも可能です。

MATCH
REPLAY
SYSTEM
pic.twitter.com/4UZNjfKb2T

— ESL Rainbow Six #SixInvitational 2020 (@ESLRainbowSix) February 16, 2020

マップBANの追加

ランダムに出てくる3つのマップの中から、希望するマップに投票する機能が追加されます。

The wait is almost over!
Map ban system confirmed! pic.twitter.com/KGE5lLXWBd

— ESL Rainbow Six #SixInvitational 2020 (@ESLRainbowSix) February 16, 2020

敵ガジェットにピンを刺せるように変更

敵が設置した罠やデバイスにピンを刺して、味方に共有できる仕様に変更されます。トラップ系のガジェットに加え、電子デバイス、ディフューザーにもピンをさすことが可能となります。
YOKAIドローンやエアジャブ、GUマインなど、伝達が非常に難しかったこれらのガジェットに対して、非常に有効なシステムとなるでしょう。

Smart pings! pic.twitter.com/AbYlexksLb

— ESL Rainbow Six #SixInvitational 2020 (@ESLRainbowSix) February 16, 2020

新エリートスキン追加

CAVEIRA
CAVEIRAのエリートスキンが発売されます。女性オペレーターでは、GRIDLOCKに継ぐ体格の持ち主の彼女にぴったりなスキンとなっています。


ASH
「トゥームレイダー」と名付けられたASHの第2のエリートスキンは、スクエア・エニックスで発売されている「トゥームレイダー」というゲームとのコラボスキンとなっています。


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る