メディア個別 セーターの洗濯はたたんだままで!型崩れしない正しい洗い方 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/11/10

セーターの洗濯はたたんだままで!型崩れしない正しい洗い方

セーターを洗濯するとき、なんとなく洗濯をしているという人は多いのではないでしょうか。お気に入りのセーターを型崩れさせることなく、美しいままで長く着られるような洗濯の仕方とトラブル対策法について紹介します。

洗濯する前に知っておきたい3つのこと



まず、セーターを洗濯する前には知っておきたいことが3つあります。そのポイントについて詳しく見ていきましょう。

セーターは、Tシャツや肌着などのように毎回洗濯する必要はありません。素材が非常に繊細なので、洗濯をしすぎるとかえって負担がかかり、繊維が弱ってしまいます。

洗濯するタイミングは、袖が汚れている、臭いが気になるなど、汚れのサインが見えてきたときで十分です。

臭いや汚れが気になる場合は、脱いだ後に消臭スプレーをかけてしっかりと乾かし、ブラッシングをしておきましょう。

また、連続して同じセーターを着るのではなく、間隔を開けることでセーターが傷むのを防げますよ。

セーターを洗濯する際、まずは「洗濯表示」を確認しましょう。手洗いのみなのか、洗濯機で洗えるのかは、洋服によって異なります。

手洗いの場合は桶などに水をためて、やさしく手で押し洗いをします。お気に入りのセーターは、生地への負担が少ない手洗いがおすすめです。

洗濯機の場合は楽に洗えますが、表示に気を付けないと縮む原因となります。セーターによっては水洗いできないものもあるので、その場合にはクリーニングに出すようにしましょう。

セーターを洗濯する際、気になる汚れがあれば、あらかじめ予洗いをしておきましょう。

汚れのひどい箇所にセーター用の洗濯洗剤を染み込ませ、セーターの裏から洗剤キャップなどでポンポンとたたいて汚れを浮かせます。このとき、揉んだりこすったりして繊維を傷ませないように注意しましょう。

また、しみや黄ばみなどがひどい場合には、液体の酸素系漂白剤がおすすめです。

予洗いをした後に手洗い、もしくは洗濯機で洗えば、汚れは格段に落ちやすくなります。血液の汚れの場合は水温を40℃以下にして、血液が固まらないように注意しましょう。

セーターを上手に洗濯する方法



予洗いや準備ができたら、次は実際にセーターの洗濯です。上手に仕上げるポイントについてみてみましょう。

セーターには普段の洗濯洗剤ではなく、おしゃれ着用の洗濯洗剤を使いましょう。おしゃれ着用洗剤はデリケートな繊維や素材にも対応していて、セーターが傷むのを防いでくれます。

また、気になる毛玉や静電気を防いでくれるのもうれしいポイントです。

手洗いでも洗濯機でも使えるので、手軽にふんわりセーターに仕上げることができますよ。

セーターの洗濯をするときは「たたんで洗う」のが基本です。手洗いの場合も洗濯機を使う場合も、必ずセーターをたたんでネットに入れてから洗濯しましょう。

たたみ方のポイントは、汚れやすい袖や襟口、裾が表に出るようにすることです。また、用意したネットに合わせてたたむことでセーターの型崩れや縮みを防ぐことができます。

洗い方だけでなく「干し方」にも、大切なポイントがあります。正しい干し方をしないと、伸びや型崩れ、色あせの原因になってしまいます。

まず、セーターにとって大敵の伸びや型崩れは、干すときに重さを分散させることで防ぐことができます。

ハンガー干しにするときには普通に干すのではなく、長い部分を半分のところで折るようにして、袖などに重さの負担がかからないようにしましょう。

また、干すときは「平干し」がおすすめです。100均などでもセーターの平干しハンガーが販売されているので持っておくと便利ですよ! なければ角ハンガーの上に干すこともできるので、うまく活用しましょう

セーターの洗濯にぴったりの洗剤3選



セーターの洗濯に必要なおしゃれ着用洗剤ですが、その中でもおすすめの洗剤を紹介します。

〔花王〕が販売している《エマール》はおしゃれ着用洗剤の中でも人気の商品です。セーターだけではなく、シャツやワンピースなどのおしゃれ着から下着にまで使えます。

毛、絹、綿、麻と幅広い素材に使えるので、セーターはふんわり、シャツはシャキッと仕上がると好評です。

洗濯機の手洗いコースとも相性がよいので、「洗濯機でセーターを簡単に洗いたい」と思っている人におすすめです。



エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 本体 500ml

〔ブランドケア〕の販売している《ウールシャンプー》はセーターの洗濯はもちろん、ウールのスーツやコート、ダウンまでもを洗濯機で洗えてしまうという驚きの洗濯洗剤です。

カシミアやアンゴラなどのデリケートな素材も洗濯でき、ほかの洗剤では洗いにくいキュプラ裏地のスーツでも洗濯機で洗濯ができます。

防腐剤と色止め剤が多めに入っているので、洗濯によるしわや型崩れもしにくくなっています。



ブランドケア ドライマーク用洗濯洗剤『ウールシャンプー』

おしゃれなボトルが際立つ〔THE LAUNDRESS〕の《ウールカシミアシャンプー》は、その名のとおりウールやカシミアなどが洗える非常にセーター向きの洗剤です。

植物性の原料を使用するなど、成分にもこだわっているため、幅広い年代の衣類に安心して使えます。

繊細なカシミアやウールを守り、セーター本来の美しさを保つ洗剤です。



THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス) ウールカシミアシャンプー cedarの香り475ml

よくあるトラブルの解決法



洗濯によるダメージで、セーターが伸びてしまったり縮んでしまったりというトラブルが起こったとき、対処する方法を知っていると安心ですよね。

それぞれの場合における、対処法を紹介します。

セーターが伸びてしまうと、なんとなくだらしなく見えてしまいますよね。しかし、伸びてしまったセーターを元に戻す方法がいくつかあります。

まずは伸びた箇所をお湯で浸して形を整え、その後にドライヤーで乾燥させれば、繊維が元のように引き締まります。

ドライヤーがない場合はアイロンを使いましょう。伸びた箇所をスチームの水気で湿らせ、その部分を握ると繊維が寄ってくるので、アイロンで形を整えれば元のように戻りますよ。

ドライヤーやアイロンを使う場合は温度に気を付けながら、縮まないようにしましょう。

コットンのセーターの場合、コインランドリーなどにある乾燥機や、家庭用の洗濯機の乾燥機を使って伸びを直す方法もあります。

しかし、ウールの場合は極端に縮んでしまう場合があるので、注意しましょう。

セーターが縮んでしまうと、「もう着られない」と思ってしまいがちですが、そんなときにも元に戻す方法があります。

一つ目はアイロンのスチームを使う方法で、縮んだセーターにスチームを当てて繊維を柔らかくしながら手で引っ張ります。

これを繰り返しながら、元の大きさに戻るまでセーターを伸ばしていけば完了です。

二つ目はヘアトリートメントを使う方法です。40℃くらいのお湯を桶に入れ、ヘアトリートメントを溶かしてたたんだセーターを浸します。

しっかりと浸したらすぐにセーターを取り出して元の大きさまで伸ばし、平干しすれば元に戻りますよ!

お気に入りのセーターだから大切に洗いたい



間違った洗濯方法で好きなセーターが着られなくなるのは悲しいですよね。型崩れすることなく、美しい状態を維持するために、正しい洗い方を身に付けましょう。

もし、セーターの伸びや縮みなどのトラブルが起きた場合は正しい対処法で元の形に戻し、長く着られるようにしたいですね。

関連記事


マイマガキャンペーン

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る