メディア個別 さよなら運動不足!自宅でできるトレーニングアプリ | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/07/01

さよなら運動不足!自宅でできるトレーニングアプリ

image こんにちは、ライターの田中です。

皆さんは普段から運動をするように心がけていますか?僕は忙しさにかまけて運動不足が続いています。運動した方がいいと頭ではわかっているのですが、フィットネス・ジムに通うための時間もなかなか取れない状況…。みなさんの中にも、僕と同じような状況の方もいらっしゃるのでは?そこで今回は時間がなかなかとれないときでも、自宅で気軽にトレーニングができてしまうスマホアプリを探してみました!

気になるトレーニングから気軽にトライ!「Runtastic」のトレーニングアプリ

Runtastic Push-Ups 腕立て伏せ回数カウント

image

Runtastic Squats スクワット回数カウント

image

Runtastic Sit-Ups 腹筋回数カウントアプリ

image

「Runtastic」のアプリは、「腕立て伏せ」「スクワット」「腹筋」と、トレーニングごとに専用のアプリがあるのが特徴です。各アプリはトレーニングの回数をカウントすることに特化。スクワットや腹筋であれば、スマートフォンを手に持つことで回数をカウント、腕立て伏せであれば、スマートフォンに顔を近づけることで回数をカウントします。 いちいち回数を打ち込んだりする必要がないので楽ですが、その分サボることができないので、しっかり最後までやらなくちゃ!という気分になります。
やることが少ないため気軽に手を出せるので、このアプリでトレーニングの習慣がついたら、次は複数のトレーニングを組み合わせたワークアウトに挑戦してみるのもいいかもしれませんね!

毎日3分だけ頑張ればOK!トレーニング習慣化に役立つ「3分フィットネス」

3分フィットネス【無料でエクササイズ】
Android iOS

image

勉強でもトレーニングでも、最初からアクセル全開で取り組んでしまうと息切れしてしまいますよね。
この「3分フィットネス」なら1日につき3分でフィットネスを行うことができるので、スタートアップに最適です。
初級者向けの内容だと、アプリが時間をカウントしている間、同じポーズをキープするというものがあります。同じポーズを取り続けるだけというシンプルさなので、腕立て伏せやスクワットよりも気軽に取り組めます。
とはいえ、運動後にはしっかりと体に負荷がかかっている感覚を実感できるので、はじめの一歩としてオススメです。

長期的なトレーニングを視野に入れるならコレ!「30日間フィットネスチャレンジ」

30日間フィットネスチャレンジ
Android iOS

image

ある程度長期的なスパンでトレーニングに取り組みたい!という意欲が出てきたら、ぜひチャレンジしたいのが「30日間フィットネスチャレンジ」。
「全身トレーニング」や「腹筋トレーニング」など、鍛えたい体の部位に合った30日間の継続ワークアウトプランを提案してくれるアプリです。
提案されるトレーニングの内容は、腕立て伏せやスクワットなど本格的な筋トレが主。トレーニング方法はアニメーションで見ることができますが、もっと詳しく解説したYouTube動画へのリンクも貼られています。
家でトレーニングすることを前提としているため、ダンベルなど特別な道具を用意する必要はありません。
だんだんと運動が習慣化できてきたら、次はこちらにチャレンジしてみては?

本格的にトレーニングをするなら!「Nike Training Club」

Nike Training Club
Android iOS

image

Nikeの公式トレーニングアプリ「Nike Training Club」は、スポーツ用品メーカー公式のアプリだけあって内容はかなり本格的。
身長・体重、保有しているトレーニング器具、ワークアウト回数などを入力することで、4週間のワークアウトプランを提案してくれます。
本気すぎてちょっと構えてしまうかもしれませんが、自分に合ったプランが提案されるため、厳しすぎて実現できないようなメニューを勧められることはありません。
しかもワークアウト後に「きつかった」「楽だった」などのように感想を入力することによって、より精度が高くトレーニングメニューが変化。続ければ続けるほど、自分のレベルにぴったりのものになります。
トレーニング画面では、トレーナーが動画でフォームを説明してくれるので、わかりやすいのもうれしいポイントです!

自分のペースで目指せ、トレーニング習慣化!

運動を習慣化できていないと、1回トレーニングをしたくらいじゃ時間が経つと億劫になってやらなくなっちゃうんですよね。
でも、ここで紹介しているトレーニングアプリはどれもスマホと運動するスペースだけあれば続けられるものばかりなので、思い立ったときにすぐトレーニングできちゃいます。
スマホの中に記録も残るので、日常生活の中のふとした拍子にトレーニングのことを思い出す機会もたくさん。
トレーニングは最初の10日くらい継続できると、今度は身体を動かさないでいる方が気持ち悪く感じられるようになるので、まずは自分のペースで10日間を目標に頑張ってみましょう!
【ライター】田中一広
個人でゲームを開発するゲームクリエイターで、ゲームに関する記事を執筆するゲームライターとしても活動中。40代男性既婚で、妻と暮らしています。ゲームやVR、ARといった最新技術に加えて、怪談や民話、ホラーなどが興味の中心です。

注目記事

スマホで桜を撮る!ワンランク上の撮影テクニック
意外と知らない!画面の上にあるアイコンは何?
無料Wi-Fiスポットの使い方と利用上の注意
そのスマホ大丈夫!?パターン別ウィルス対策アプリ
かしこい人はアプリで節約。今月ピンチ!を乗り切る節約アプリ5選
こんなに便利になった!Googleマップの最新事情
あなたは大丈夫?スマホのマナー最新常識5選
位置情報ってオンにするべき?オフにするべき?
カフェ好きSNSやインスタで自分好みのカフェ探し
カラダを温める食材とレシピアプリで温活しました!
意外と知らない!?Twitterの検索テクニック
パスワードを忘れた時はChromeのパスワード保存機能が役立つ
不適切なコンテンツとして報告する

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る