メディア個別 人気の家計簿アプリ7選。レシート読み取り、口座連携機能付きなど | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/03/27

人気の家計簿アプリ7選。レシート読み取り、口座連携機能付きなど

スマートフォン(以下、スマホ)の普及にともない、アプリを活用する機会も増えました。家計簿アプリもその一つで、自分や家族のお金の流れをつかみ、ムダ遣いを防ぐために有効です。それぞれの機能を確認しながら、人気の7アプリを紹介します。

そもそも家計簿アプリとは?

一家の収入と支出を把握し、お金を管理するために家計簿を付けている人は多いでしょう。不必要な支出をなくし、ムダをなくすにはとても大切なことです。 スマホユーザーが増え、生活のあらゆる面に活用できるアプリが登場しています。家計簿アプリにも多様なタイプがあり、選び始めると目移りするほどです。 まだ使ったことがない場合には、どのようなものか分からない人もいるでしょう。まず、家計簿アプリの基礎について解説します。

スマホで家計簿を管理できるアプリ

家計簿アプリは、スマホやタブレットにインストールし、家計を管理するためのものです。従来のノートへの記入でも構いませんが、書く・貼るなどいろいろな作業を省き、効率的に管理できる点が特徴です。 購入時のレシートや通帳と、家計簿の双方に目をやりながら、金額などを書き留めていく作業は手間がかかります。時間も労力もそれなりに必要で、ついサボりたくなる人もいるでしょう。 家計簿アプリなら、スマホやタブレットのカメラ機能を活用するなどして、面倒な作業を効率化できます。また、年や月ごとの内容を自動集計し、グラフ化することで、一目で理解する助けになります。 このように、紙ベースでは叶わなかった便利機能も利用できるため、より多角的に、効果的なお金の管理ができるようになります。

選ぶポイントは?

アプリストアで家計簿アプリを検索すると、実に数多くの種類があることが分かります。ブラウザには、ズラリと多彩なアプリが並びます。 説明を読むとどれも便利そうで、なにを選んだらよいか判断に迷う人も少なくありません。無料のものがほとんどなので、いろいろと試してみてもよいでしょう。 その上で、自分に適したタイプを探すポイントについてまとめました。

操作のしやすさ

アプリの画面をパッと見て、違和感なく目に映り、スムーズな感覚で入力できると感じられるものを選びましょう。操作のしやすさは、長く使い続ける上でとても大切です。 直感的に「使いづらい」と思ってしまうと、利用するのは億劫になるものです。それでは、家計の管理自体から遠ざかってしまいかねません。 スマホやタブレットは、操作面がフラットなだけに、操作感がそのユーザーにフィットしているかが重要です。自分にとって扱いやすいアプリをチョイスしましょう。

レシート読み取り機能があるか

レシート読み取り機能とは、撮影するだけで品目や金額を記録してくれるものです。この機能を備えているものを選ぶと、便利さを実感できるでしょう。溜まったレシートの束も、スムーズに処理できます。 多数のレシートから一つずつ金額や品目を入力する手間が省け、1カ所の記入ミスですべてをやり直すという手間も防いでくれます。 加えて、レシートに記載された住所や電話番号などから、購入店を割り出す機能もあります。スーパー・コンビニ・ショップと、どのお店で買ったかも判別し、食品や雑貨などカテゴリー分けをしてくれるのです。

銀行口座などの連携機能があるか

クレジットカードや銀行口座など、外部データと連携できるものもあります。この場合、いちいち通帳を見たり購入データを確認したりすることなく、一括で管理可能です。 自動引き落としで支払っているものも多くあるでしょう。電気・水道・ガスといった公共料金や携帯電話料金など、口座引き落としで支払っているものを自動集計してくれるため、作業の手間が大きく軽減できます。 クレジットカードで購入したものに関しても、購入日や金額が簡単な作業で取り込めます。 対応の幅が広いアプリなら、デビットカードや電子決済・証券口座・FX口座に至るまで網羅しているものもあります。航空会社のマイルと連携している場合もあり、よく利用するサービスとの連携の可否を確認しましょう。

レシート読み取り機能があるアプリ

家計簿アプリの基礎に始まり、選ぶ際のポイントについて解説してきました。チョイスするためのイメージがつかめたことでしょう。 ここからは、それぞれの特徴ごとに分けて、個別にアプリを紹介していきます。まずは、レシート読み取り機能が便利なアプリからです。

Zaim

『Zaim』は、オンライン上にデータを保存するタイプのアプリです。そのため、バックアップも万全で、かつ複数の端末で管理できる点でも便利です。 レシートを撮影すれば、その内容を自動的に記録し、面倒な入力作業から解放してくれます。予算を設定すれば、実際に使った金額との差額をグラフで示す機能もあり、遣い過ぎなどを自覚できるでしょう。 オンライン管理という特性を生かして、家族で共有し多くの人の視線を家計に向けることで、より節約意識を高めることもできます。

レシーピ!

『レシーピ!』は、レシートの読み取り機能を使って、そこに記された食材からレシピの提案までしてくれる優れものです。読み込み精度も高く、金額はもちろん、品目まで確実に登録してくれます。 レシート内容を参考に提案されるレシピ数も8000以上と豊富で、NHKの『今日の料理』で放送された中から適切なものを選んでくれます。 費目の内訳分析や収支グラフの作成もでき、しっかりモードを使えば銀行口座やクレジットカードの管理も可能です。

Dr.Wallet

撮影機能を備えた家計簿アプリは数多くありますが、『Dr.Wallet』が革新的なのは、撮影後の作業を一切必要とせずに管理できる点です。レシートを撮影するだけで、データ化された内容がアプリに反映されます。 印字されたものだけでなく、手書きのレシートや領収書、大手ECサイトの納品書などにも対応し、家計管理の労力を大幅に軽減できます。

口座などの連携機能があるアプリ

続いて、銀行口座などとの連携機能を備えたタイプについて、よりすぐりの2種を紹介します。

Moneytree

iOS版で人気を集めた『Moneytree』が、Androidでも利用可能になりました。銀行口座・クレジットカード・各種ポイントカードなどを一括管理できる便利アプリです。 貯金額やポイント残高が一目で分かり、取引明細も自動取得してくれるため、入力作業の手間を大きく省けます。 アプリ内の鉛筆アイコンを使用すれば手動での入力もでき、フリックやタップでの入力が面倒という人にもおすすめです。

マネレコ

『マネレコ』はドコモ公式の家計簿アプリで、スマートなデザインとシンプルな操作性が魅力です。直接入力で記録する以外に、レシートの撮影による簡単入力もできます。 銀行口座やクレジットカードの登録で、利用明細の自動取得も可能で、そのままアプリ内に反映されます。入力の手間を省きたい、残高や引き落とし額をまとめて知りたいという人に適したアプリです。 貯金額の目標設定機能もあり、よりムダをなくし、節約意識と貯金意欲を高めてくれるでしょう。

機能がシンプルなアプリ

最小限の機能をスマートに使いこなしたいという人に向けて、シンプルな機能の使いやすいタイプを厳選しました。

カケイ

『カケイ』は、主たる開発コンセプトに、入力作業を大幅に減らすことを据えた変わり種アプリです。そのため、操作性と使いやすさに優れたアプリとなっています。 入力の手間を徹底的に少なくするため、カスタマイズが充実しています。利用頻度の高いカテゴリーと金額を設定することで、わずか2タップで完結できる徹底ぶりです。 音声メモ・履歴・カレンダー機能やグラフ表示の各機能も備え、クレジット・電子マネー・現金など区分管理もできます。

かけ~ぼ

『かけ~ぼ』は、ビジネスパーソンにも適した、本格的な家計簿アプリです。会計などの知識が深い人も納得のアプリといえるでしょう。 食費・通信費など14種類の費用項目の履歴が保存されるため、繰り返し支出する金額をその度に入力する必要がありません。 収支を円グラフと棒グラフで分かりやすく示してくれるので、ムダ遣い防止にも効果的です。

まとめ

「節約のためにも家計簿を付けないといけない」そう思う人は多いものです。しかし、手間のかかる作業や記入からつい断念してしまう人もいます。 便利機能を豊富に備えた家計簿アプリなら、面倒な入力もしっかりとサポートしてくれます。家計簿アプリを上手に使って、ムダのない節約生活を送りましょう。

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る