メディア個別 手帳がワンランクアップする!サイズ別おすすめの革の手帳カバー6選 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/07/10

手帳がワンランクアップする!サイズ別おすすめの革の手帳カバー6選

この記事では、A5、B5サイズ別でおすすめの革の手帳カバー紹介をしています。ブランドのもの、デザインをオーダーできるものなど、6つの商品を厳選し、選び方のポイントもまとめました。「どのようなものを選べばいいのかわからない」というお悩みを解消するので、革の手帳カバーデビューの参考にしてみてください。

革の手帳カバーはおしゃれで使いやすい♪



革の手帳カバーは時間がたつほどに手触りや色合いに味が出てきて、おしゃれでかっこいいですよね。

また、デザイン性だけでなく、機能性にもすぐれているものが多くあります! 何年間ももつほど丈夫なのはもちろん、ポケットが多く収納力が高いもの、自分で好きなようにオーダーメイドできるのもなどもあり、使いやすさも革の手帳カバーの魅力です☆

革の手帳カバーの選び方ポイント

革の手帳カバーといってもさまざまな種類・素材・大きさがあるので、買うときに迷ってしまいがち。そこで、手帳カバーの選び方を3つのポイントに分けて解説していきます。

まず、どのサイズにするのか考えてみましょう。一般的な手帳のサイズには、文庫本サイズのA6、単行本サイズのB6、教科書サイズのA5、ノートサイズのB5などがあります。

これらのサイズの中から、自分が手帳を使う目的を考えて選ぶのがおすすめ。たとえば、仕事用で書き込む内容が多いなら、大きめのA5、B5サイズが◎。プライベート用で持ち運ぶことが多いなら、バッグに入れやすい小さめのA6、B6サイズがいいですね♪

次に、革の種類や色を選びましょう。

革は、そのままにしておくと腐ってしまったり硬くなってしまったりします。そうならないように、汚れを落として柔らかく加工することが「なめし」です。そのなめしの方法と仕上げの方法によって、持っている特徴が異なります。ここでは代表的なものを説明します。

●ヌメ革
タンニンという成分でなめしを施しただけで、他に染色や加工がされていない革のことです。丈夫さ、革そのものの雰囲気、使うほどに味が出てくるところに特徴があります。

●オイルレザー
なめしをする段階でオイルを含ませ、より丈夫に、より滑らかにする加工を施された革を指します。

●シュリンクレザー
なめしの際に特殊な薬品で人工的に革を縮めさせ、しわを作り出す加工です。収縮させたことにより、傷が目立ちにくくやわらかい仕上がりになります。

●ブライドルレザー
タンニンでなめしをした後、蜜や蝋を何か月も染み込ませ、耐久性と光沢感にすぐれていることが特徴です。手間もかかるため、高価格になる場合が多いです。

色については、経年変化が起きることを意識しましょう。ヌメ革は使い込むうちに色に変化が出る「経年変化」がとくに大きく現れます。トーンが深くなっていくのをイメージして選び、色の変化を楽しみましょう♪

手帳のタイプには大きく分けて2つの種類があります。ひとつはリングのタイプのシステム手帳、もうひとつはノートのように製本されているタイプのとじ手帳です。それぞれのタイプのメリット・デメリットを確認して、使いやすい方を選びましょう!

●システム手帳
レフィルを自分で入れていくため、中身を自分の好きな紙の素材、デザインで選ぶことができます。メモが足りなくなったら補充できたり、いらないところは外したりとカスタマイズ可能なのも魅力。一方で金具のせいで書きづらいことや、リングが大きいため手帳に厚みが出て持ち運びしにくいこともあります。

●とじ手帳
システム手帳に比べて厚さが薄く、持ち運びも楽で、記入もしやすいのがポイントです。ですが、中身の素材やデザインを選べないことや、紙の差し替えができないのがデメリットといえます。

次のページ おすすめ革の手帳カバーをご紹介
LIMIA

関連記事

傘の収納アイデアで悩みもぱぱっと解決☆便利なお役立ちアイテムもご紹介 傘の収納アイデアで悩みもぱぱっと解決☆便利なお役立ちアイテムもご紹介 おすすめのレジン着色アイデア7選!100均マニキュアや人気の着色料など おすすめのレジン着色アイデア7選!100均マニキュアや人気の着色料など 【おしゃれなテレビボード8選】人気の北欧テイストなど♪DIYも紹介 【おしゃれなテレビボード8選】人気の北欧テイストなど♪DIYも紹介

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る