メディア個別 ランチョンマットはおしゃれなモノを選びたい。おすすめブランド5選 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/08/18

ランチョンマットはおしゃれなモノを選びたい。おすすめブランド5選

食卓を彩るランチョンマットは、素材やデザインなどにこだわってじっくりと選びたいものです。おしゃれでクオリティの高いアイテムがそろう国内外の人気ブランドを紹介します。シーンや気分に応じてさまざまなランチョンマットを使い分けてみましょう。

おしゃれなランチョンマットの選び方



1枚あるだけで食卓を明るく華やかにしてくれるランチョンマットは、デザインはもちろん、サイズや質感なども考慮して選びたいものです。

購入する際は、以下の三つのポイントを押さえておきましょう。

ランチョンマットを選ぶときは「用途」を明確にしましょう。

たとえば、「幼稚園の机に敷く」「お皿の下だけに敷きたい」「テーブル全体を覆えるようにしたい」などの目的がはっきりすれば、どのくらいのサイズが適当なのかが分かります。

テーブルクロス代わりにすることの多いランチョンマットは、四角形がスタンダードです。正方形や長方形など形やサイズは多岐にわたり、横幅は30~60cm、縦幅は25~40cmぐらいまでがそろっています。

一般的な「標準サイズ」は横幅40~45cm、縦幅30~33cm前後で、1枚あればさまざまなシチュエーションで使えるでしょう。

日々の食事で使うランチョンマットであれば、テーブル下の引き出しに入るものが便利です。

布製はくるくると丸めたり折りたたんだりすればちょっとした隙間にも入るので、収納スペースが少ない家庭にもおすすめです。

一方、プラスチックやコルクなどの硬い素材は小さく折りたたむことができません。薄くて軽いものは立てかけておき、重量があるものは別に収納スペースを設けるなどの工夫が必要です。

「生活空間のどこに収納するか」を頭に入れながらランチョンマットを選びたいですね。

ランチョンマットの素材は主に「布製」「プラスチック製」に大別できます。

「布製」は綿や麻などのさまざまな種類があり、汚れたらすぐに洗濯できるのがメリットです。デザインや色が豊富な上、価格も比較的リーズナブルなので手に取りやすいでしょう。

「プラスチック製」は、薄くて弾力があり、汚れが落ちやすいのが特徴です。水や油にも強く、布のようにシミになることがほとんどありません。

食べ物や水をこぼしがちな小さな子どもには、プラスチックやシリコンのランチョンマットが最適です。お手入れの時間が短縮できママも大助かりでしょう。

おすすめのランチョンマット海外ブランド



欧米諸国において、ランチョンマットはテーブルを彩るアイテムとしてごく日常的に使用されています。

海外ブランドのランチョンマットで、食卓をセンスよく飾ってみませんか?おすすめの海外ブランドをピックアップしました。

〔chilewich〕はニューヨークを拠点に活躍する女性デザイナーSandy Chilewichによって設立されたテキスタイルブランドで、豊富なカラーとスタイリッシュなデザインのランチョンマットは世界中にファンを有します。

水分や油分が染みこみにくいビニール素材を採用するなど、デザイン性だけでなく機能性にも重点が置かれており、日々の食卓に欠かせないアイテムになるでしょう。

世界各国のホテルや高級レストランでも使用されるほどのクオリティなので、プレゼントにしても喜ばれます。定番のスクエア型のほかに、円形やダリア型なども人気ですよ。

上質な素材にこだわったスウェーデン発のインテリアブランドで、テーブルクロス、シーツ、クッションなどの暮らしを快適にするアイテムを数多く扱っています。

手作り感や季節感、トレンドを随所に散りばめたデザインは全て〔HIMLA〕オリジナルです。

ランチョンマットはリネンやコットンをふんだんに使ったシンプルなデザインが人気です。奇をてらわないベーシックなものは、料理の鮮やかさやこだわりのカラトリーを引き立ててくれそうですね。

〔ASA〕は1976年にドイツで誕生したインテリア雑貨ブランドで、シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションが高く評価されています。

ランチョンマットの《COLOR シリーズ》はシックなものからパッと目を引く色鮮やかなものまで色展開が多く、季節やシーンに応じて使い分けることができるでしょう。

《PLAIDEDシリーズ》は、ナチュラル、ホワイト、ブラックなどのスタイリッシュなデザインがそろい、あらゆる空間にマッチしそうです。

おすすめのランチョンマット国内ブランド



国内ブランドのランチョンマットは、日本人の心をぐっとつかむデザインや、日本のインテリアに馴染みやすいデザインが多く、暮らしの中により自然にアイテムが取り入れられるでしょう。おすすめの国内ブランドを二つ紹介します。

〔fog linen work〕は文字通り、リネン製品を中心とするブランドで、キッチンリネンからベットリネンまで、生活を心地よくするシンプルなアイテムを取り扱っています。

ランチョンマットは、デニムや水色と白の細かいギンガムチェック、格子模様などいくつかのデザインがあり、その日の気分によって使い分けられます。

シンプルな白のスープ皿1枚でも、リネンのランチョンマットがあれば、温かみのある食卓が演出できますよ。

リネンは、洗って乾かすたびに独特の風合いや質感に変化するので、使えば使うほど愛着がわくでしょう。

公式HPはこちら

イギリスのアフタヌーンティーの習慣やゆったりとした時間の過ごし方を提案する〔Afternoon Tea〕は、雑貨と飲食が一体化したショップが人気ですね。

ランチョンマットをはじめとする雑貨は女性の心をくすぐるようなクラシカルで美しいデザインが多く、プレゼントにしても喜ばれます。

ブーケフラワーをあしらったランチョンマットやベーシックなギンガムのランチョンマットは、午後のティータイムに花を添えてくれます。おそろいのトレーやコースターでコーディネイトするのも楽しいでしょう。

公式HPはこちら

ランチョンマットで食卓をおしゃれに演出



いつもの食卓をおしゃれに変えたいと思ったとき、食器やカラトリーを一新するのにはお金がかかりますが、ランチョンマットが1枚あれば、雰囲気をがらりと変えることができます。

布製やプラスチック製のものは価格がリーズナブルなので、季節や気分に合わせて使い分けても楽しめるでしょう。

関連記事


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る