メディア個別 アプリを開かず情報確認!便利ウィジェット活用法 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/03/05

アプリを開かず情報確認!便利ウィジェット活用法

image こんにちは、イマ&ムラです。

Androidスマホ、iPhoneともに使える便利機能のひとつが「ウィジェット」です。双方でちょっと使い方が違うのですが、共通していえることは「アプリを開かずに情報の確認などが行える」こと。たとえば、天気アプリを開かずに天気がわかったり、予定を確認できたり、見るだけでなく位置情報を共有したり、音楽を再生したりと、通常ならアプリを立ち上げてから何段階かアクションしなければいけない動作をワンタップで行うことができます。今回はスマホがちょっと便利になるウィジェットの使い方から、オススメウィジェットまでご紹介します。

AndroidとiPhoneではウィジェットがちょっと違う

同じ「ウィジェット」という名前で機能性としても似たようなものなのですが、AndroidとiPhoneでは使い方などがちょっと違います。
まず、Androidではウィジェットはホーム画面に自由に配置可能で、大きさも変えることができます。一方、iPhoneではウィジェットは専用のページにしか配置できず、横幅は画面いっぱいの一定で、縦のみアプリに応じて変わります。

image image

自由度でいえばAndroidの方が圧倒的に上です。
また、ウィジェットはほぼそれ専用の機能しか有してないものもありますが、基本的には他の普通のアプリと同じでGoogle PlayやApp Storeからアプリをダウンロードし、そのアプリの一機能として提供されています。

ウィジエットを配置するには……?

Androidでは、ホーム画面を長押しするとウィジェットメニューが出てくるので、タップしてあとは配置したいウィジェットを選べばOK。

image image

サイズや形はアプリによって最初から複数サイズのウィジェットを用意しているものもあれば、後から変形できるタイプのものもあります。

image image

iPhoneでは、ウィジェットはホーム画面を右にスワイプすると出る画面、通知センター内にある専用ページにのみ置くことができます。ページ一番下に「編集」ボタンがあるので、タップすると候補一覧がでてきます。画面左の「+」ボタンで追加、「−」ボタンで削除ができます。
次のページ 基本的なウィジェットは天気、カレンダー、音楽

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る