メディア個別 アプリを開かず情報確認!便利ウィジェット活用法 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/03/05

アプリを開かず情報確認!便利ウィジェット活用法

image こんにちは、イマ&ムラです。

Androidスマホ、iPhoneともに使える便利機能のひとつが「ウィジェット」です。双方でちょっと使い方が違うのですが、共通していえることは「アプリを開かずに情報の確認などが行える」こと。たとえば、天気アプリを開かずに天気がわかったり、予定を確認できたり、見るだけでなく位置情報を共有したり、音楽を再生したりと、通常ならアプリを立ち上げてから何段階かアクションしなければいけない動作をワンタップで行うことができます。今回はスマホがちょっと便利になるウィジェットの使い方から、オススメウィジェットまでご紹介します。

AndroidとiPhoneではウィジェットがちょっと違う

同じ「ウィジェット」という名前で機能性としても似たようなものなのですが、AndroidとiPhoneでは使い方などがちょっと違います。
まず、Androidではウィジェットはホーム画面に自由に配置可能で、大きさも変えることができます。一方、iPhoneではウィジェットは専用のページにしか配置できず、横幅は画面いっぱいの一定で、縦のみアプリに応じて変わります。

image image

自由度でいえばAndroidの方が圧倒的に上です。
また、ウィジェットはほぼそれ専用の機能しか有してないものもありますが、基本的には他の普通のアプリと同じでGoogle PlayやApp Storeからアプリをダウンロードし、そのアプリの一機能として提供されています。

ウィジエットを配置するには……?

Androidでは、ホーム画面を長押しするとウィジェットメニューが出てくるので、タップしてあとは配置したいウィジェットを選べばOK。

image image

サイズや形はアプリによって最初から複数サイズのウィジェットを用意しているものもあれば、後から変形できるタイプのものもあります。

image image

iPhoneでは、ウィジェットはホーム画面を右にスワイプすると出る画面、通知センター内にある専用ページにのみ置くことができます。ページ一番下に「編集」ボタンがあるので、タップすると候補一覧がでてきます。画面左の「+」ボタンで追加、「−」ボタンで削除ができます。

基本的なウィジェットは天気、カレンダー、音楽

ウィジェットはストアからアプリとしてインストールできますが、最初からスマホに入っているアプリにも便利なウィジェットがあります。使いやすいものとしては、天気やカレンダー、音楽などがあります。

image image

天気やカレンダーのように内容が逐次変わるものは、アプリを立ち上げずに画面上でサッと確認できると非常に便利。音楽などはウィジェットがそのまま再生ボタンになっているので、「アプリのアイコンまで画面を移動させ、アプリを立ち上げ、楽曲を選んで再生ボタンをタップ」という流れが一気に短縮できます。

オススメのウィジェット(アプリ)

最後に、オススメのウィジェットアプリをご紹介します。AndroidとiPhoneで使える機能や見栄えが違うので分けてみました。
【Android編】

Sticky Notes + Widget

image

紙の付箋のように画面にメモを貼れるウィジェット。ウィジェットから「Note」を選択して貼り付けたいメモを作成するだけ。

image image

スマホの画面を本当のダッシュボードの様に使えて便利です。

Clean Master

スマホの動作が遅くなったときなどに、メモリを解放できるウィジェット。ウィジェット上のボタンをタップするだけですぐに解放できるるので、アプリを立ち上げる必要がありません。

image image

詳細な操作をしたい場合は、アプリ本体の立ち上げもすぐにできるのもよくできています。

1Weather

天気はデフォルトのアプリでもウィジェットがありますが、このアプリはとにかく数多くのサイズとデザインのウィジェットを搭載しているのが特徴です。

image image

画面の中に他のウィジェットやアプリのアイコンを置いている際に、どのサイズにも対応できるので重宝しますよ。

Yahoo!乗換案内

家と会社や学校などの最寄りの駅を設定すると、時間に合わせて次の電車までのタイマーをつねに表示してくれるウィジェット。

image image

普通に乗換を検索するためのウィジェットも搭載されているので、通勤通学といった繰り返しの移動以外にも使えます。
【iPhone編】

バッテリー

iPhoneにデフォルトで搭載されているものですが、iPhone本体のバッテリー残量だけでなく、Bluetoothで接続されている機器、Apple Watchや無線のイヤホンなどのバッテリー残量も表示してくれるのが便利。

image

CopyCenter

コピーしたテキストを自動的に貯め込んでくれるアプリ。貯められたテキストはタップで再コピーが可能。あとから別の場所に貼り付けたいときに非常に便利。

image

どんどんコピーしていくと古いものは順に消えてしまいますが、保存しておくフォルダも用意されているので、何度も使いたいテキストがある場合も使えます。

Yahoo!天気

3つもウィジェットを搭載。現在の天気や気温の数値だけでなく、地図上のレーダーを表示させたり、気温のグラフを出したりとひと目で天気のことがわかるようになっています。

image

Shazam

音楽を聞かせると楽曲を検索できる有名なアプリですが、ウィジェットも提供しています。iPhoneのSiriでは音声で内臓されているShazamを起動できるのですが、外などでSiriを使って声で音楽を聞かせるのはちょっと……という場合に、ウィジェットからボタンひとつで楽曲を検索できます。

image

いかがでしたでしょうか。ウィジェットを使いこなせば、ただアプリを使うよりも一気に手間を省いてスマホを使いこなすことができますよ。
特にAndroidは、機能性だけでなくホーム画面の見た目も自分好みにカスタマイズできる重要な機能です。使い勝手もデザインもこだわりのスマホを作り上げてみてはいかがでしょうか。
【ライター】イマ&ムラ

注目記事

かしこい人はアプリで節約。今月ピンチ!を乗り切る節約アプリ5選
無料Wi-Fiスポットの使い方と利用上の注意
そのスマホ大丈夫!?パターン別ウィルス対策アプリ
カフェ好きSNSやインスタで自分好みのカフェ探し
こんなに便利になった!Googleマップの最新事情
カラダを温める食材とレシピアプリで温活しました!
あなたは大丈夫?スマホのマナー最新常識5選
子どものスマホ利用について知っておくべきこと6つ
位置情報ってオンにするべき?オフにするべき?

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る