メディア個別 おすすめのスマホ防水ケース10選。選ぶポイントも解説 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/03/27

おすすめのスマホ防水ケース10選。選ぶポイントも解説

プールや風呂場にスマートフォンを持ち込む場合、水跳ねや水没が大きなリスクです。スマホ防水ケースを装着すれば防水性能を高められますが、さまざまな商品が普及しています。使用するシーンや用途別に、おすすめスマホ防水ケースを見ていきましょう。

スマホ防水ケースの選び方

スマホ防水ケースに求められる機能として、防水機能の高さは不可欠です。防水性能の見方を把握した上で、使用シーンや操作のしやすさから見て、どのようなスマホ防水ケースがベストかを考えてみましょう。

防水機能で選ぶ

スマホ防水ケースの防水性能は、IP68やIPX8といった表示で保護等級を表現します。IPに続く一つ目の数字は『防塵性能』、二つ目の数字が『防水性能』の等級です。 防塵性能は0〜6級、防水性能は0〜8級まであり、IP68であれば粉塵の侵入や水没時の浸水を防ぐことを表します。IPX8であれば防塵性能の指標はなく、継続的な水没でも浸水しないことのみを表す仕様です。 なお、防水性能0〜6級は水滴や噴流水についての保護等級を表し、7級や8級の浸水時の保護等級とは意味合いが異なります。噴流水と水没時の保護等級を表現するときは、IPX5/IPX8のように表示する仕様です。 スマホをしっかり保護するならIP68やIPX8のケースを選びましょう。ただし、同じIPX8でもメーカーによって水没に耐えられる深度や時間が異なることに注意が必要です。

使用シーンで選ぶ

スマホ防水ケースを装着するシーンは、ビーチ・プール・登山のほかに、雨天時やバスタイムなどさまざまです。レジャーシーンで装着するなら、ストラップの形状・強度や、表裏面の耐衝撃性をチェックしましょう。 ストラップ自体が細かったりケースとの接続部分が甘かったりする場合、遊泳中や移動中に脱落するおそれがあります。スマホが重い場合や激しい運動を行う場合には特に注意しましょう。 また、ビーチやプールで使うなら、フローティング構造のものがおすすめです。これはケースの縁や背面が浮き輪の役割を果たすタイプで、遊泳中の紛失のリスクを軽減できます。 風呂場で使うならストラップは必要ありません。自立するタイプのものや吸盤付きのものが便利に使えるでしょう。

操作のしやすさで選ぶ

スマホ防水ケースは厚みのあるカバーでスマホを保護するため、装着時の画面操作のしやすさやカメラへの影響なども重要なポイントです。 タッチの認識のしやすさやサイドボタンの押しやすさは、実際に使用した人の口コミも加味して判断しましょう。透明度の低い防水ケースでは写真がボヤけたり歪んだりするおそれもあるため、ケースの素材感は重要です。 また、ジップ式のワンタッチで閉じるタイプや、閉じ口を丸めてパッキン代わりにするタイプがあります。後者のタイプでは開け閉めするときに浸水しやすいため、スマホ自体の防水性能が低いなら避けるのが無難です。

ソフトタイプのおすすめ

スマホ防水ケースには、硬いケースでカバーするハードタイプと、PVC(ポリ塩化ビニール)やTPU(ポリウレタン)などでカバーするソフトタイプがあります。 ハードタイプは重く、ポケットやバッグに収納するのが基本です。ソフトタイプは軽く、ストラップで首にかけて持ち運びできます。 レジャーシーンで使いやすい、ネックストラップ付きのおすすめスマホ防水ケース3種を見ていきましょう。

エレコム スマートフォン用防水・防塵ケース 水中タッチ可能

エレコムの『スマートフォン用防水・防塵ケース 水中タッチ可能』は、装着したまま水中でのタッチ操作が可能なスマホ防水ケースです。 保護等級はIP68相当で、微細な砂やほこりの侵入を防ぐ上、水深5mまでなら浸水を回避できます。 PVC素材のカバーとスマホの間に空気の層を作ることで、装着したままのタッチを可能とする仕様です。空気を抜かないように口を閉じれば、カメラ操作程度なら可能と考えると良いでしょう。 横幅72mm・高さ144mm・厚み8mmまでのスマホをパックできます。スマホをほこりや水の侵入から確実にカバーしつつ、カメラ操作もしたい人におすすめの商品です。
  • 商品名:スマートフォン用防水・防塵ケース水中タッチ可能 P-WPST01BK
  • Amazon:商品ページ

ナカバヤシ スマホケース 防水 ブラック

ナカバヤシの『スマホケース 防水 ブラック』は、ワンタッチで口の開け閉めができる、タッチ操作も可能なスマホ防水ケースです。 保護等級はIPX8相当であるため、水没しても問題ありません。裏面は半面がクリアで、もう一方にはカードポケットがあり、ICカードを入れて持ち運ぶことも可能です。 パックできるスマホサイズは、横幅78mm・高さ158mm・厚み10mmまでとなっています。本体重量は約30gと軽いため、首から下げても疲れにくく、プールやビーチで活躍するでしょう。
  • 商品名:スマホケース防水ブラック SMC-W001BK
  • 楽天:商品ページ

オウルテック 防水ケース

オウルテックの『OWL-WPCSP12』は、シンプルな構造で画面やボタンの操作がしやすいスマホ防水ケースです。保護等級はIP68で、水深30mでも4時間にわたって浸水しないという高い防水性能を誇ります。 横幅81mm・高さ160mm・厚み25mmまでパックできるため、スマホだけでなくパスポートや紙幣・コインなども収納可能です。 普段使っているスマホケースを装着したままでもパックしやすく、クリアなケースはカメラの画質にも影響しません。 レジャーシーンにも雨避けにも使いやすい、汎用性の高いスマホ防水ケースを求めている人におすすめです。

フローティング機能付き

防水性能の高いスマホ防水ケースは水没にも対応しますが、体から離れて沈んでしまうと浮いてくることはありません。 浴槽やプールなら大きな問題にはならなくても、海でストラップが外れてしまった場合、回収は困難です。 万が一の場合にも安心な、ケース自体の浮力で水面に浮く、フローティング機能付きのスマホ防水ケース3種を紹介します。

エレコム スマートフォン用防水・防塵ケース(水没防止タイプ)

エレコムの『スマートフォン用防水・防塵ケース(水没防止タイプ)』は、IP68の高い防塵・防水性能に加え、背面の大きなエアバッグでフローティング効果もあるスマホ防水ケースです。 エアバッグはカメラの位置は避けられており、カバーはクリアであるため、写真・動画撮影も問題なく行えます。さらに、iPhoneのセンサー式ホームボタンにも反応する仕様で、快適な操作感が魅力です。 パックできるスマホサイズは、横幅67mm・高さ139mm・厚み11mmまでとなっています。水濡れや水没のおそれがある多くのシーンに対応できるため、持っておくと安心な商品です。
  • 商品名:スマートフォン用防水・防塵ケース(水没防止タイプ) P-WPSF01BK
  • 楽天:商品ページ

オウルテック 水に浮く防水ケース

オウルテックの『OWL-WPCSP10』は、水深30mでも浸水しない防水性能に加え、側面・背面のエアバッグによるフローティング機能を備えるスマホ防水ケースです。 保護等級はIP68となっており、砂やほこりの侵入もありません。横幅81mm・高さ160mm・厚み25mmまでパックできるため、スマホとともに貴重品も収納可能です。 非常に汎用性が高いスマホ防水ケースですが、iPhoneのセンサー式ホームボタンは反応しないことに注意しましょう。
  • 商品名:水に浮く防水ケース OWL-WPCSP10
  • 楽天:商品ページ

DIVAID フローティング 防水ケース

DIVAIDの『フローティング 防水ケース』は、IP68相当の防塵・防水性能と大きな浮力を備えたスマホ防水ケースです。 水深20mで約30分間にわたって浸水しない防水性能と、約300g(本体を含む)の重量まで浮かせるフローティング性能を誇ります。 防水性能は信頼できますが、背面側のエアバッグが大きいため、トリプルカメラやクアッドカメラではレンズが隠れるかもしれません。また、iPhoneのセンサー式ホームボタンは反応しないことに注意しましょう。 付属のカラビナでベルトループなどに装着することも可能であるため、持ち運びも便利で快適な使用感が得られます。
  • 商品名:フローティング防水ケース
  • Amazon:商品ページ

お風呂用のおすすめ

プールやビーチといった屋外でもスマホ防水ケースは便利に使えますが、バスタイムを快適にするアイテムとしても活用できます。 毎日のバスタイムで安心して音楽や映画を楽しめる、風呂場用のスマホ防水ケース2種を見ていきましょう。

エレコム スマートフォン用防水・防塵ケース お風呂タイプ

エレコムの『スマートフォン用防水・防塵ケース/お風呂タイプ』は、スタンドとフック穴を搭載した、風呂場で使いやすいスマホ防水ケースです。 スタンドは縦置きのみ対応し、フック穴で引っかける場合は縦向き・横向きどちらにも対応します。装着したままタッチ操作もできるため、風呂場で音楽や映画を楽しむのに最適です。 収納できるスマホサイズは横幅95mm・高さ160mm・厚み9mmまでとなっています。 防塵・防水性能はIP45相当であり、1mm以上の固形物の侵入やシャワーの噴流水であれば侵入しません。粉塵や水没には対応していないことに注意しましょう。
  • 商品名:スマートフォン用防水・防塵ケース/お風呂タイプ P-WPSB03WH
  • 楽天:商品ページ

ラスタバナナ スマホ用 汎用 吸盤 防水ケース 吸着タイプ

ラスタバナナの『スマートフォン用防水ケース お風呂用 Mサイズ』は、二つの吸盤で風呂場の壁面に貼り付けて、動画や音楽を視聴できるスマホ防水ケースです。 水深10mの水没テストをクリアした、IPX8の高い防水性能を備えているため、浴槽に落としてしまっても問題ありません。 平面であればどこにでも貼り付けられるため、バスタイムはもちろん、クッキングタイムにも重宝するでしょう。
  • 商品名:スマートフォン用防水ケース お風呂用 Mサイズ RFRWPM01BK
  • 楽天:商品ページ

100均で手に入る防水ケース

大切なスマホを水没から守るためには、シーンに合ったスマホ防水ケースを装着することが重要です。IP68やIPX8といった防水性能が必要ない、一時的に水滴から保護できれば十分というケースもあるでしょう。 こういった場合には、100均で手に入る簡易的なスマホ防水ケースを使うのが便利です。キャンドゥで手に入る、おすすめスマホ防水ケース2種を紹介します。 キャンドゥ スマートフォン生活防水ケースWH キャンドゥの『スマートフォン生活防水ケースWH』は、ひもで首にかけるタイプの、簡易的なスマホ防水ケースです。 ちょっとした飛沫や水滴程度なら弾いてくれるため、遊泳せずにビーチやプールサイドで過ごす際や、雨天時の保護用として使えます。 ただし、直接水をあてたり水没したりした際の防水性能は期待できません。あくまで簡易的な、使い捨てタイプのスマホ防水ケースとして使用しましょう。
  • 商品名:スマートフォン生活防水ケースWH
  • 公式:商品ページ

キャンドゥ スマートフォン防水ケース アームバンド

キャンドゥの『スマートフォン防水ケース アームバンド』は、アームバンド付きの簡易的なスマホ防水ケースです。 首かけタイプだと擦れて痛いという場合、アームバンドで装着すればストレスを軽減できます。ベルトループに通したり、バッグの持ち手に引っかけたりもできるため、防水性能を目的としない使い方も可能です。 口はクリップタイプで簡単に開け閉めできますが、防水性能は高くないことに注意しましょう。基本的には、直接水に濡れないシーンで、万が一の保険として使うのがベターです。
  • 商品名:スマートフォン防水ケースアームバンド
  • 公式:商品ページ

まとめ

スマホ防水ケースは、装着するシーンや用途に合ったものを選びましょう。プールでは水没のおそれを考慮してIPX8やIP68のもの、海ならフローティング機能を備えたものがおすすめです。 日常生活の中でも「バッグやポケットの中で水没」ということもありえます。ドリンクをこぼしたり雨に濡れたりして水没することもあるため、使いやすいスマホ防水ケースを一つは持っておくと良いでしょう。

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る