メディア個別 クローゼットは収納ボックスですっきりと!使い方のアイデアとは | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/11/09

クローゼットは収納ボックスですっきりと!使い方のアイデアとは

使いやすく見栄えもよいクローゼット収納をかなえるなら、ボックスを上手に使うのがおすすめです。基本の使い方から便利な活用アイデアまでチェックして、自分仕様のクローゼットを手に入れましょう。素材別収納ボックスの選び方も紹介します!

収納ボックスはクローゼットでどう使う?



クローゼット内での収納ボックスの使い方として、「ただ何となく衣類を詰め込んでいる」という人は多いのではないでしょうか。

まずは、クローゼット内で収納ボックスを使う際の基本テクニックからチェックしていきましょう!

ストッキングやスカーフなどの小物類を衣類と同サイズのボックスに収納していると、アイテム同士がゴチャゴチャ混在してしまい、いざ必要なときにすぐ見付けられません。

そんな事態を防ぐために便利なのが、「小さめの収納ボックス」です。小さめボックスなら、小物類でもスペースに余白ができにくく、ボックス内で大きく動いてしまうこともありません。

重量が軽いぶん持ち運びも簡単なので、アクセサリーなどを鏡の前でじっくり選びたいといった場面でも便利ですよ!

「一人暮らしのアパート」「分譲マンション」「一軒家」など、家のタイプによってクローゼットの大きさはさまざまです。

「一般的なサイズだから」と、何となく収納ボックスを選んでしまうと、思わぬデッドスペースができてしまい、せっかくのスペースを無駄にしてしまうことにもなりかねません。

そこでおすすめなのが、「クローゼットのサイズに合わせて収納ボックスのサイズを組み合わせる」という方法です。

収納ボックスのサイズ展開は豊富なので、選び方次第で作り付けのようなシンデレラフィットの収納スペースができますよ!

クローゼットの上棚というと、「出し入れが面倒で扱いにくい」というイメージを持たれやすいスペースです。

毎日出し入れするのはハードルが高い場所だからこそ、いっそのこと「普段使いしない物専用」として活用してしまいましょう!

たとえば、ジムやゴルフのような「スポーツアイテム」「冠婚葬祭アイテム」などの置き場にすれば、毎日は使わない物の、なくては困るアイテムの保管と管理ができて安心です。

使用シーンごとにボックス分けをしておくと、いざというときもスムーズに利用できますよ!

収納ボックス活用アイデア



収納ボックスは、アイデア次第でさまざまな使い道があるアイテムです。特に便利な活用アイデアを二つ紹介していきましょう!

クローゼットで収納ボックスを使うアイデアの一つに、「カラーボックスに収納ボックスを入れる」というものがあります。

たとえば、クローゼットのスペースに合わせてカラーボックスを複数用意し、それぞれに収納ボックスをセットすれば、簡易ラックとして大活躍してくれますよ!

さらに、もうひと手間加えてカラーボックスの上に天板を渡せば、ディスプレイを兼ねたおしゃれな収納スペースとして利用できます。

扉を開くたびに心が躍る、すてきなプライベートスペースになるでしょう。

クローゼット内で収納ケースを利用している人であれば、ケース内の仕切り代わりとして収納ボックスを利用してみるのもおすすめです。

衣類をアイテムごとに仕分けたり、色味で仕分けたりと、普段のコーディネートの仕方に合わせて分類しておけば、忙しい朝もスムーズに洋服選びができそうですね。

小ぶりの収納ケースなら、一緒に使うことの多いアクセサリー類をセットで入れるのもよいでしょう。ボックスごと取り出せば出し入れもスムーズですし、アクセサリーを使うたびに一つずつ探し出すといった手間も省けますよ!

収納ボックスを素材で選ぼう



収納ボックスにはさまざまな素材があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。自分に合った収納ボックス選びの参考に、それぞれの素材が持つ特徴を確認しておきましょう。

ナチュラル系のインテリアが好きな人におすすめなのが、ラタンなどの「自然素材」でできた収納ボックスです。

見た目がおしゃれなだけでなく、丈夫で通気性にも優れているため、衣類が多いクローゼット用収納アイテムとしてもってこいの素材といえるでしょう。

ただし、ふた付きのタイプの天然素材の収納ボックスには、「中身がパッと分からない」というデメリットがあります。中身を示すタグを付けるなどの工夫をしてみるとよいですね!

丈夫さと扱いやすさ、シンプルな見た目で人気を集めているのが「プラスチック」や「ポリプロピレン」製の収納ボックスです。

このタイプの収納ボックスには積み重ねできるアイテムが多いため、同シリーズの物を複数用意するだけで基本的なクローゼット収納が完成します。

キャスターの取り付けができるタイプを選べば、積み重ねたままラクに移動できるので、面倒な衣替えもサクサクはかどりますよ!

不織布をはじめとする「布」タイプの収納ボックスの魅力には、「軽さ」や「おしゃれな見た目」などがあげられます。

折りたたみできるタイプも多く、使用時以外はコンパクトに収納できるのもうれしいですね!

布の持つやわらかい雰囲気は、クローゼットのような限られたスペースでも圧迫感を与えることがありません。クローゼットの中でも、特に上棚用の収納ボックスとして大活躍してくれるでしょう。

クローゼットの大きさに合わせたボックスを



「クローゼット収納がうまくいかない……」そんなときは、収納ボックスの使い方から見直してみるのがおすすめです。

クローゼットのサイズや雰囲気に合わせ、収納ボックスの素材やサイズを上手に使い分けることで、今まで以上に使いやすく、見た目もおしゃれなクローゼット収納が手に入りますよ。

便利な活用アイデアなども取り入れて、心から満足できるクローゼット収納を目指しましょう!

関連記事


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る