メディア個別 圧力鍋のおすすめ初心者向け商品3選。人気の理由や基本の選び方も | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/08/17

圧力鍋のおすすめ初心者向け商品3選。人気の理由や基本の選び方も

「圧力鍋を使うと、料理がおいしい」という話を聞いたことがある人もいるでしょう。圧力鍋に興味はあっても、たくさんのメーカーから圧力鍋が出ているので、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。圧力鍋の選び方や初心者におすすめの商品を紹介します。

圧力鍋の特徴と人気の理由



圧力鍋はどうして人気があるのでしょうか?まだ圧力鍋が持っていないという人でも分かりやすい、圧力鍋の特徴や魅力についてみていきましょう。

圧力鍋は、煮物料理や炊飯に関しては調理器具の中でもトップクラスの実力を持っています。

煮込み料理というと、シチューやカレーと限定して考えがちですが、実はもつ煮込みやおでんなどの和食などとも圧力鍋は非常に相性がよいんですよ!

大根やじゃがいもなどは、噛まなくてもとろけるほどに味がしっかりしみこんで、料理のおいしさが倍増します。

圧力鍋を使うと、中の食材がとろけるまで煮込む時間が圧倒的に短縮され、時間だけではなく光熱費も節約することができます。

たとえば、カレーやシチューを普通の鍋で作った場合、少なくとも鍋に入れてから20〜30分の調理時間がかかりますが、一部の圧力鍋を使った場合はこれが半分の時間で済むのでかなりの時短になります。

圧力鍋は材料を入れて圧力がかかったのちにコンロの火を消せば、その余熱で勝手に煮込まれるので放置しておくことができます。

空いた時間には片付けをしたり、他の料理を作ったり、リラックスしたりと余裕を持って料理することができ、その上ガス代や電気代までも節約できるとあって、圧力鍋を使うとよいことがたくさんありますね。

圧力鍋の基本の選び方



ひと言で「圧力鍋」といってもたくさん種類があります。どのように選べばよいのか基本的な選び方を紹介します。

圧力鍋には、「おもり式」と「スプリング式」があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

おもり式は一般的にイメージされる圧力鍋のタイプで、おもりがフタにある蒸気吹き出し部分についていて、圧力がかかるとおもりが蒸気で浮き上がって音を立てて知らせます。

はじめは、音の大きさにびっくりする人も多いですが、出来上がるタイミングが分かりやすいので圧力鍋を初めての人にとっては使いやすいでしょう。

一方、スプリング式の場合、おもり式ではできない圧力の調整ができるのが特徴で、圧力がかかるとピンが上がります。

蒸気が出ているシューという音はあるものの、極力抑えられているため、おもり式ほどの音ではなく静かですが、どのタイミングでピンが上がったのか分からないので多少の注意は必要です。

圧力鍋は「ステンレス製」か「アルミ製」かの材質によっても特徴が異なり、選び方が変わってきます。

ステンレス製の場合、圧力がかかるまで時間はかかりますが、保温性に優れているため圧力鍋の中の料理が長時間冷めることはありません。

アルミ製は熱が伝わりやすいので、調理時間の時短になります。しかし、保温性はあまりないため料理が冷めやすいです。

アルミ製の方が軽いので洗ったり収納しやすいですが、ステンレス製は重いので手入れに関してはアルミ製の方が楽です。

圧力鍋の保温性を重視してステンレス製にするか、調理時間の短さと手入れのしやすさでアルミ製を選ぶか、自分にあった素材選びをしましょう。

圧力値は圧力鍋の素材によって異なってきます。

アルミ製は金属がやわらかいため圧力値が低いのに対して、ステンレス製は圧力値が高いので、鍋の種類によってはカレーやシチューなどは余熱だけで調理することができ、皮の硬い食材(そら豆やかぼちゃなど)にも向いています。

最近ではステンレス製よりも重さが軽く、加圧にはそれほど時間がかからない、ちょうどアルミ製とステンレス製のよいところをミックスしたような多層構造の圧力鍋もあって人気です。

家のコンロがガスコンロかIHヒーターかでも選ぶ鍋は変わってくるので、それぞれの熱源に対応した鍋を選ぶようにしましょう。

初心者におすすめの圧力鍋3選



では、実際に初心者でも使いやすい圧力鍋にはどんなものがあるのか紹介します。

[アサヒ軽金属]の《ゼロ活力なべ》は圧力なしの余熱で料理ができる圧力鍋で、そのうえ一般的な圧力鍋よりもなんと1.6倍の圧力をかけて調理することができるのです!

料理によって圧力を変えて2種類のおもりを取り替えることができ、ステンレス製のデメリットである圧力の調整ができない部分をきちんと補てんした圧力鍋です。

30年保証という長期の保証期間からも、メーカーの《ゼロ活力なべ》への自信がうかがえますね。

IHとガスコンロ、両方とも対応しているのもポイントです。



「ゼロ活力なべ(L)」

フライパンで有名な〔ティファール〕の《2in1 クリプソ ミニット デュオ》はふたについたセレクターを使って普通の鍋としても圧力鍋としても使うことができる便利な鍋です。

〔ティファール〕といえば「こげつかない、こびりつかない」という「チタンコーティング」が有名ですが、《2in1 クリプソ ミニット デュオ》でもその技術は活かされているので、お手入れが楽なので嬉しいですね。



ティファール 圧力鍋 4.2L IH対応 2~4人用 ワンタッチ開閉 2in1 クリプソ ミニット デュオ レッド P4604236 T-fal

〔Fissler (フィスラー)〕のスプリング式の圧力鍋《ビタクイックプラス》は、機能はもちろんのこと、そのデザインの良さでも人気があります。

機能デザインでも取っ手が握りやすく、ふたの開閉が分かりやすいなど、使い手側に立ったデザインがされているため、使う頻度が多い場合は特におすすめです。



フィスラー 圧力鍋 IH対応 4.5L ビタクイック プラス 蒸し器 三脚付き 10年保証 90-04-00-511

圧力鍋を使いこなして、目指せ料理上手



圧力鍋を使えば料理の時短や光熱費の節約ができ、味も中まで浸透しておいしくなるなど、うれしいことづくめです。

いろいろな種類があるので、対応している熱源のタイプをきちんと確認して、自分に合った商品を選びましょう。

圧力鍋をうまく使いこなして、毎日の料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る