メディア個別 ええ!? ドコモ、au、ソフトバンクが禁断の座談会!? 今だからこそ話せる「+メッセージ」誕生秘話! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/12/07

ええ!? ドコモ、au、ソフトバンクが禁断の座談会!? 今だからこそ話せる「+メッセージ」誕生秘話!

2018年5月にNTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯3社が共同で開発した「+メッセージ」をご存知だろうか。スマホに登録した電話番号から直接やり取りができるSMSの進化系ともいうべきアプリで、安心・安全・簡単にメッセージや写真、動画をやりとりできる話題のメッセージアプリだ。


image_main

そんな「+メッセージ」は携帯3社のスマホ間で自由に連絡し合える利便性が注目を集め、アプリのリリース直後から愛用者が増大中。しかし、そんな人気タイトルも誕生までにはいくつもの紆余曲折があったようだ。今回は3社の担当者が一堂に会し、共同で開発することとなったそのきっかけや今後の展開を熱く語ってもらった──。

話題騒然! ライバル3社が手を組んだきっかけは意外にも……!?


image_main

――まず、この企画を思いついた経緯を伺いたいと思います。

au:「SMSをもっと使いやすいものにしよう」ということで3社同時に話が上がり、この企画がスタートしました。

ドコモ:始まりはそうですね。そして、今後も長くグローバルに使えるサービスを作ろうということで開発しました。

ソフトバンク(以下SB):この3社が共同で何かを実施するっていうのはそうそうないことなので、意見が異なることもありましたが(笑)。いかに意見を合わせていくか、というところに労力がかかりましたね。

au:SMSやキャリアメールをコミュニケーションツールとして使い続けたいというお客様がたくさんいらっしゃいますので、SMSやメールの良さを継承して、利便性を上げようというのが目的としてありました。電話番号でつながっている方とそのまま利用できるというのも、こだわったポイントです。

image_main

――なにか熱く議論したことってありますか?

au:プロフィールの公開範囲ですかね。「+メッセージ」は自分の顔写真やひとことメッセージなどを設定できるようになっているんですけど、その公開範囲をどうしようかと。顔写真やプロフィールって、見れた方がいいという人と、第三者に写真を盗られるかもしれないと不安視する人に意見が二分化していて。最終的には、お互いのアドレス帳に登録されている間柄であれば、写真が共有されるっていう仕様に落ち着きましたが。

image_main
au 商品・CS統括本部 商品企画本部
サービス企画部 メッセージG マネージャー
東さん

ドコモ:そういったプライバシーには気を使いましたね。考え方って年代、性別、どのケースで使いたいかによっても全然違いますし。

image_main

NTTドコモ スマートライフ推進部
コミュニケーションサービス担当課長
戸部さん


SB:そうですね。あとは他サービスだと、IDを知られても簡単に人を特定できないと思うんですけど。「+メッセージ」は電話番号をキーにしているので、名前がすぐに紐づいてしまうんですよね。だからこそ、公開範囲はすごく気にしたところでもあります。

image_main
ソフトバンク
テクノロジーユニット API設計部 担当課長
勝目さん

目にも鮮やかなイメージカラーのブルー! デザインへのこだわりは?


image_main

――デザインや使い勝手でこだわったところは?

ドコモ:基本的にはフラットというか。シンプルで使いやすいものを目指しました。あと、カラーを選ぶのも結構大変でして……。

au:実は、4色のテーマが用意されているんですけど、各社のブランドカラーに被らない色になっているんですよ。

――基本カラーがブルーなのには、何か理由が?

au:実はこれ、パープルブルーなんですけど(笑)。王道のブルーに新規性のパープルということで、グラデーションをとったのが色を決めた背景になります。

ドコモ:青は結構スパッと決まりましたよね。でも、青は青でもどんな青にする? っていうのは結構細かく話しました。

SB:そうですね。その結果、青はほかのサービスで使われていることが多いので、先ほど言ったように新規性のあるパープルを入れた、ということです。

――色を決める際に、アンケート調査を行ったのか?

ドコモ:カラーについては、アンケートをとっていないですね。アイコンはとりましたけど。

au:そういえば、アイコンやサービス名称を決めるときが一番揉めたというか、苦労したかもしれない……(笑)。

――アイコンは具体的にどういう方法で決めたのか?

image_main

ドコモ:まず3社でイメージやポリシーを決めて、それに則した案を持ち寄ってある程度の候補を選出しました。そこからが大変で、お客さまの意見を聞いて決めるべきか、趣旨に合ったものにするべきなのか揉めましたね(笑)。結局、ユーザーアンケートをとることになったんですけど。

SB:あとは、いい案が出てもすでに使われているものもあったり。結構絞り込まれていくのが辛いところでもありましたね。「本当にこのネーミングで大丈夫なんだっけ?」っていうこととか(笑)。

――名称やデザインが決まるまで、どのくらいかかりました?

au:1年くらいかな。

ドコモ:そうですね。やっぱりターゲット層がものすごく広くて、性別や年齢にこだわらず全ての人に受け入れられやすいものにすることで、今の形に落ち着いたという流れです。

次のページ こんな使い方もあったんだ! メッセージ画面を拝見!

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る