メディア個別 飾ってもおしゃれな「サシェ」を100均ハンドメイド!好みの香りやアロマを楽しもう♪【推し色研究所 #6】 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/10/05

飾ってもおしゃれな「サシェ」を100均ハンドメイド!好みの香りやアロマを楽しもう♪【推し色研究所 #6】

LIMIA編集部メンバーが「推しカラー」グッズの簡単ハンドメイドに挑戦する「推し色研究所」、略して「#推し研」のコーナー。第6回目は手軽に香りを楽しめる「サシェ」を100均ハンドメイドします! 簡単にリメイクできて、インテリアとしてもおしゃれに飾れますよ♪ アロマオイルや推しの香水を使ったサシェ作りのアイデアもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

サシェを作ろう♪ さりげなく推し色を取り入れたりアロマや香水を活用したり……

今回作ったもの。


今回「推し色研究所」メンバーが挑戦するのは、100均アイテムを使って簡単にできる「サシェ」のハンドメイド。材料を手軽なアレンジでリメイクするだけで、インテリアにもなるおしゃれなサシェができあがりますよ♪

完成したものは玄関やサニタリーに飾ったり、香りづけとしてクローゼットにしのばせてもOK。さっそくいつものメンバー紹介からスタートです!

●編集部・エナメル:推し界隈の福利厚生が手厚すぎて「ありがとう課金」が止められません……(困惑)。推しにかかる費用は生活費であり自分の維持費なので仕方ない(ということにしておきたい)ですよね。

●編集部・牡丹:推しの写真集発表に戸惑い、「いやいやそんなに積まないよ」と言いつつも、結局お財布を軽率に開いちゃってます。見る用、飾る用、保存用、布教用……(遠い目)。

▼「推し色」についてはコチラ

ハーバリウムに色がつけられる!?「推し」カラーを取り入れた100均インテリアをハンドメイド♡【推し色研究所 #1】

【材料】100均アイテムだけでOK! おなじみ〔セリア〕と〔ダイソー〕です

〔セリア〕《キンチャクS イラスト ナチュラル》 各100円(税別)


〔ダイソー〕《ポプリ》左から《バニラ》、《ミックスベリー》、《オーシャン》各100円(税別)


〔ダイソー〕左上から時計回りに●《クリアバッグXS タイ付き》※サイズ:約12×7cm●《サテンリボン(ホロステッチ、ビビットブルー、12mm×6m)》●《デコリボン グログラン×オーガンジー》●《天使の羽・ライトブルー》●《フラワーペダル(ウェディング、花型、ブルー)》●《レザー風カラーコード》※サイズ:約長さ8m×幅1mm●《だしパック 45枚入》各100円(税別)


〔ダイソー〕左から《アロマオイル(フローラル)》、《アロマオイル リフレッシュ(ローズマリー&レモン)》各100円(税別)


今回用意したのはこちらの材料。〔セリア〕と〔ダイソー〕で調達してきましたよ! サシェの中身には〔ダイソー〕の《ポプリ》や、《アロマオイル》をコットンに染み込ませたものを使います。

●長めのピンセット(巾着袋をリメイクする場合)
●グルーガン(巾着袋にリボンなどをデコレーションする場合)
●キリ・千枚通し(ギフトバッグを使う場合)
●化粧用・ネイル用のコットン(アロマオイルで作る場合)

▼サシェとポプリの違いが気になる方は、LIMIAにも記事があるので参考にしてみてください♪

ポプリは飾れる香りのインテリア♪作り方や使い方・おすすめ商品など

巾着袋をリメイク! たっぷり香りを楽しみたい大きめサシェ



まずは〔セリア〕の巾着袋をリメイクしたサシェを作っていきます! ほっこりした雰囲気のイラストがかわいい《キンチャクS イラスト ナチュラル》は、麻袋のような質感で、ナチュラルテイストのインテリアやレンガ調の壁紙にも合いそう。



せっかくなので見た目から推し色を取り入れちゃいましょう! というわけで、巾着袋のひもの部分をチェンジします。

取り外すときに構造を覚えておいて、その通りに入れ直せばOK♪ ちなみに元々のひもは互い違いになるように通されていました(画像参照)。代わりのひもを長めのピンセットにはさんで作業するとやりやすいですよ。



《ポプリ》はそのまま巾着袋に入れず、一度《だしパック》に包みます。お茶用のパックでもOKなので、作りたいサシェの大きさに合わせて選んでくださいね♪ パックに入れておくことで、香りが弱くなって取り換えるときにもバラバラにならず楽ちんです。

今回は巾着袋が大きめなので、3~4つ用意しました!

見えないところもおしゃれを楽しむ女、編集部・牡丹。《天使の羽》やフェイクフラワーでだしパックの見栄えをカバーです!




ひもを通すのに苦戦しすぎたためここで力尽きた編集部・エナメルをよそに、次々とパーツをくっつけていく編集部・牡丹……! グルーガンを使って、とってもかわいい巾着袋ができあがりました♪

シンプルにいくかデコラティブにいくか、みなさんも好みのデザインで仕上げてみてはいかがでしょうか。

ギフトバッグにひと工夫! 飾りやすく持ち歩きやすい小ぶりのサシェ



続いては、100均でもよく見かけるギフトバッグを活用したサシェ作りにチャレンジ! 今回は〔ダイソー〕の《クリアバッグXS タイ付き》を選びました。

ビニール製のものを使うと比較的丈夫ですが、水周りや湿気の多いところを避ければ紙製のものでもかわいく飾れるかもしれませんね。中身を見せたいときはフロント部分が透明なタイプを選ぶと◎。



ビニール素材のギフトバッグはそのままだと香りを通すには弱いと思い、細かく穴を空けることに。キリを使って、斜めストライプの模様に被せるように一つひとつ空けていきます。



裏側はこんな感じ。ちょっぴり穴が目立つのが気になる方は、香りは弱くなってしまいますが穴を空ける箇所を一列だけにすれば、チケットの切り取り線のように見せることもできます。ハートや星型を描くように穴を空けてもいいかもしれません♪



化粧用・ネイル用のコットンに好みのアロマオイルや香水などを染み込ませていきます。

推しをイメージした香水や、推しが使っている香水を吹きかけてもいいですね! 普段使いしにくい香りでも、サシェとしてなら取り入れやすいです。眠っている香水は活躍できるチャンスですよ♪

コットンはそのままでもよいですが、内側を剥がしてくしゅくしゅ丸めると、フェイクスノーのような見た目でかわいくなります。

コットンの代わりに、《天使の羽》やフェイクフラワーを使っても◎。




右側のブルーは、〔ダイソー〕の《ポプリ》に付属していたリボンを再利用して作ったもの。左側は《クリアバッグXS(タイ付き)》のタイを活用。マステや麻ひも、クラフトコードで留めてもおしゃれですね♪

小さめなので飾るときに場所を取らず、バッグの中に入れて持ち歩いても◎。ハンカチやティッシュと一緒にしておけば、使うときにほんのり香って気分も上がります。

《ポプリ》をそのまま入れてもかわいい!


自分好みの香りでインテリアを楽しもう♪



今回は100均グッズを使って、おしゃれなサシェをハンドメイドしました! 「#推し研」らしく推し色や推しの香水を取り入れてもステキですし、推しとは関係なく自分好みのデザインや香りに仕上げても◎。いろいろなアレンジを楽しめるアイデアです。

既存の商品をリメイクするだけでも簡単に作れるので、みなさんもお気に入りの香りのサシェを作ってみてはいかがでしょうか♪

また、「推し色研究所」では過去にも推しカラーを使ったハンドメイドに挑戦しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

「推し色研究所」の記事をもっと見る♪

関連記事


マイマガキャンペーン

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る