メディア個別 Apex Legends シーズン6 パッチノート詳細まとめ 新レジェンドや新要素の追加にレジェンドや武器の大幅アップデートも | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/08/22

Apex Legends シーズン6 パッチノート詳細まとめ 新レジェンドや新要素の追加にレジェンドや武器の大幅アップデートも


人気バトルロイヤルシューター「Apex Legends」にて開始されたシーズン6の詳細およびパッチノート情報が公開されました。

The newest Devstream has arrived! Join us as the team dives into all things Season 6, which begins tonight at 10pm PT, and more! Patch notes comin' in hot below as well.

: https://t.co/xv28mgL3au
: https://t.co/5jDwaUAQpK pic.twitter.com/nbujSZHr1P

— Apex Legends (@PlayApex) August 17, 2020

新レジェンド「ランパート」

ランパート(本名:ラムヤ・パリーク)は21歳のインド系イギリス人、ブルーカラー出身で、個人事業を営んでいます。アウトランズの過酷な世界で生き残るため、巨大な銃とスクラップメタルで一杯のバックパックを常に持ち歩いています。パリークは改造シールドと「シーラ」と名付けたミニガンなどの重火器に関する知識を戦場にもたらします。

パッシブアビリティ「改造ローダー」

LMG(スピットファイア・ディボーション)やミニガン使用時に装弾数が増加し、高速なリロードが可能。さらに改造ローダーは過熱が発生するまでの射撃回数を増やし、L-スター使用時の冷却を改善させる。

戦術アビリティ「強化バリケード」

遮蔽物を設置すると、全体を覆う強化バリケードが出現する。敵の銃弾をブロックし、バリケード内からの攻撃を強化する。強化バリケードは同時に最大5つまで設置可能。

アルティメットアビリティ「ミニガン シーラ」

全員が使用できる銃架付きマシンガンを設置する。大量の装弾が可能だが、リロードに時間を要する。ミニガンは同時に最大3つまで設置可能。

新武器「ボルト」

Apex Legends初のエネルギーベースのSMGである「ボルト」は、エネルギーアモの高速発射が可能です。射撃時の反動をさらに低下させ、短時間で複数のターゲットに攻撃を命中させることができます。

マップ「ワールドエッジ」アップデート

ワールドエッジがアップデートされました。ミラージュボヤージュの消失や列車の廃止など数多くの変更が加えられておりますので、ぜひ実際に確認してみてください。

クラフトシステム

シーズン6では、クラフトシステムが導入されます。マップ内のサプライボックスやマップ内に設置される材料ステーションから材料を見つけ、マップ上に存在するレプリケーターに持っていきます。

十分な材料を持っていれば、レプリケーターで8種類の異なるアイテムをクラフトすることが可能です。アイテムの一部は毎週、または毎日ローテーションされます。クラフト可能なアイテムはゲームモード選択画面やマップ画面でいつでも確認できます。

ボディシールドの変更

シーズン6では、ゲームにおけるボディシールドの仕組みに大きな変更が加えられています。はじめに、ゲーム内のすべてのシールドが進化シールド(金シールドを除く)となります。

そのため、マップ上にドロップする白、青、紫のシールドは、レベルアップ前の進化シールドです。また、赤(レベル最大)のシールドはドロップせず、進化によってのみ入手できます。金シールドは進化シールドのフローとは無関係に、これまで通りレアドロップ地点でのみ入手可能となります。

さらに、プレイヤーはマッチ参加時、デフォルトでレベル0の進化シールドを着用します。これにより、ゲーム序盤のアイテム運のなさから、やむを得ず激戦区へ降り立たなければならないようなプレイ状況を改善できるようになります。

また、シールドの耐久値にも変更が加わっています。全てのアーマーの耐久値は25低下しており、紫と金シールドを持つプレイヤーの耐久値は200ではなく175へ、同様に赤のシールドは225ではなく200に減少します。

進化シールドにおける必要なダメージ量
白へのダメージ:50
青へのダメージ:125
紫へのダメージ: 250
赤へのダメージ: 500

ホロスプレー

ホロスプレーはアリーナでのエモートの新しい手段です。エモートホイールを使用することで、レジェンド特有のコーリングカードを示して、倒した敵を挑発したり、そのゲームの残存部隊の誰かへ存在感をアピールできます。

バトルパス

今シーズンもバトルパスが登場。ポイントを集めることで、スーパーソニックG7、ブラッドハウンド「ロードウォリアー」、5つの新しいホロスプレー、新しいスカイダイブエモート、武器チャームなどの豪華報酬を獲得することができます。。

クエスト

クエストでは、フルカラーコミックが登場。毎日トレジャーパックを集めることで、クラフトメタルやチャレンジポイント、Apexパック、新しい一連のガンチャームなどが含まれる報酬を獲得することができます。

パッチノート関連

レジェンド

リーコンクラス(ブラッドハウンド、クリプト、パスファインダー)

すべてのリーコン系レジェンドは、調査ビーコンを使用して次のリングの場所を把握できるようになりました。クリプトなら、ドローンによって瞬時に位置情報を入手できます。

パスファインダー

■パッシブアビリティの変更
パスファインダーが調査ビーコンをスキャンするたびに、ジップラインガンのクールダウン時間が短縮されます。パスファインダーがビーコンをスキャンするたびに、ジップラインガンのクールダウンが10秒短縮されます。ゲームごとに最大6つのリングがあるため、ジップラインガンのクールダウン時間は120秒から60秒にまで短縮できる可能性があります。

ブラッドハウンド

■戦術アビリティ「全能の目」
ハンティングビースト発動中、全能の目が通常の2倍の早さで展開されるようになり、さらにクールダウンが大幅に短縮されます。

ハンティングビーストの持続時間延長:5秒→残り時間に基づいて[5秒-15秒]
ハンティングビースト発動中の全能の目クールダウン:25秒→6秒
ハンティングビースト発動中の全能の目の合計使用時間:1.8秒→0.9秒

■アルティメットアビリティ「ハンティングビースト」
アルティメット発動時、ノックダウンまたはキルを記録すると持続時間がさらに増加するようになりました。

クリプト

■戦術アビリティ「スパイドローン」
ドローンでリスポーンビーコンと調査ビーコンを発動できるようになりました。これは即座に実行することができます。 また、スパイドローンの命中率がより安定しただけでなく、ヒットポイントも倍増しました。

■アルティメットアビリティ「ドローンEMP」
シールドを持っていない敵にもEMPによって、スロー効果を付与することができるようになりました。レヴナントのデストーテムを使用したプレイヤーも減速することとなります。

スパイドローン耐久値:30HP→60HP
スパイドローン当たり判定のサイズ:エッジの長さ16の立方体 → エッジの長さ24の立方体
レヴナント

■戦術アビリティ「デストーテム」
デストーテムから帰還してから2秒間、プレイヤーはレイスのディメンションリフトを使用できなくなりました。

オクタン

■戦術アビリティ「興奮剤」
回復中に興奮剤を使用できるようになりましたが、興奮剤は回復によって発生する速度低下は軽減しません。

ローバ

■アルティメットアビリティ「ブラックマーケット」
クールダウンが3分→90秒に短縮

ジブラルタル

■アルティメットアビリティ「防衛爆撃」
クールダウンが3分→4.5分に増加

バンガロール

■アルティメットアビリティ「ローリングサンダー」
クールダウンが4.5分→3分に短縮されました

レイス

■アルティメットアビリティ「ディメンションリフト」
アルティメットのクールダウンが150秒→210秒(2.5分→3.5分)に増加

ワットソン

■アルティメットアビリティ「インターセプターパイロン」
飛行中のコースティックのガスバレルを撃墜するようになりました。

武器・アイテム関連

アイテム追加

・拡張エネルギーマガジン
・ホップアップ「ターボチャージャー」

アイテムアップデート

■ホップアップ「プレシジョンチョーク」
デフォルトで「トリプルテイク」と「ピースキーパー」に装着されるようになりました。

■スナイパーアモ
回収量が8→12に増加
マガジンの装弾数が16→24に増加

■エネルギーアモ
回収量が30→20に減少

サプライドロップに変更武器

■R−99
・ダメージが11→12に増加
・マガジンの装弾数が32に増加
・弾数:160

通常ドロップに変更武器

■ディヴォーション
マガジンサイズを元の値(36/40/44/48)に戻しました。

金武器

■削除
・DMR
・ヘムロック
・スピットファイア
・EVA-8
・RE-45

■追加
・ディヴォーション
・マスティフ
・トリプルテイク
・フラットライン
・ボルト

武器のアップデート

■ヘムロック
・バーストモードでの垂直反動が減少
・2発目と3発目の射撃でパターンの反動をわずかに減らすため、最初のバースト時の反動が減少
・バースト間のバーストモード時間が32→28に短縮

■チャージライフル
・射撃ごとに2弾が使用されるようになりました。
・マガジンの装弾数が4→8に増加

■トリプルテイク
・連射速度が1.25→1.4に向上
・マガジンの装弾数が(5/6/7/8)→(6/7/8/9)に増加
・デフォルトでチョークのホップアップが武器に組み込まれました。

■ピースキーパー
・デフォルトでチョークのホップアップが武器に組み込まれました。

■スピットファイア
反動の制御性が向上

■ハボック
ハボックがを新しい反動パターンとなりました。

■モザンビーク
マガジンの装弾数が3→4に増加

■P2020
・ダメージが13→15に増加
・ハンマーポイントのダメージ倍率が2.7→2.35に減少
・マガジンの装備数が(10/13/15/18)→(12/14/16/18)に増加

■センチネル
プレイヤーが金アーマーを持っている場合にのみシールドセルによるチャージが必要となります。

■プラウラー
・バーストモードの垂直反動がわずかに減少
・自動射撃モードの横反動を増加

快適性向上

・ケアパッケージ武器が、ゴールドのままだとフルキットの銃と混乱するため、スーパーレジェンドティア(赤)になりました。
・ワールズエッジは、特にザ・ツリー、ザ・ドーム、スカイフックの周辺で、マップの中央に向かってパフォーマンスが向上しました。
・終盤戦、リングがプレイ不可な地形に集中するのを防ぎつつ、縮小後リングの位置が予測しづらくなるように変更しました。

その他、細かな不具合修正等は公式ページにて確認ください。

eスポーツプレス

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る