メディア個別 スマホの文字入力はどうしてる?おすすめの方法やアプリも紹介 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/03/27

スマホの文字入力はどうしてる?おすすめの方法やアプリも紹介

スマホの文字入力が苦手だという人もいるでしょう。しかし、スマホにはいくつかの入力方法があり、少しの工夫をすることで早く入力できるようになります。スマホの文字入力方法の種類や、便利なアプリをチェックしましょう。

スマホの文字入力、おすすめの方法は?

スマホの文字入力の方法は、主に3種類あります。種類を変えるだけで、早く打てるようになるかもしれません。スマホの文字入力方法の種類を紹介します。

早い入力を望むなら フリック入力

『フリック入力』は、スマホで日本語入力する際の一般的な方法です。入力テンキーを上下左右にフリックすることで文字を選択して入力する方法であり、使い慣れると素早く入力できます。 片手でも素早く入力できるため、荷物を持った状態でもスマホを操作しやすい方法です。濁点や絵文字、顔文字も簡単に打てます。

ガラケーと同じ トグル入力

『トグル入力』は、いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)でよく使われていた入力方法です。一つの文字を何回かタップすることで、入力したい文字を選択します。 たとえば、『え』を入力したい場合は、『あ』の文字を4回タップして離せば入力できます。 今までガラケーを利用していた人にとっては、入力しやすい方法でしょう。逆に、ガラケーを利用していない人にとっては、入力に時間がかかると感じるかもしれません。

PC風の文字入力 フルキー入力

『フルキー入力』は、一般的なPCと同じ配列でアルファベットが並べられたキーを打ち、文字を入力する方法です。PCに慣れた人にとっては打ちやすい入力方法でしょう。 ローマ字で入力するため、母音以外の文字はフリック入力と比べ手数が多くなってしまいます。 しかし、『あああ』などのように、同じ文字を連続で打つ場合は、他の入力方法のように、少し間を置く必要はありません。入力する文字によっては、打ちやすくなる手法です。

実は他にもある文字入力の方法

スマホには少し変わった方法で文字入力する方法があります。ユニークな入力方法ですが、状況によっては便利です。その方法を確認しておきましょう。

音声入力を試してみよう

文字入力画面にあるマイクのマークをタップすると、『音声入力』が可能です。音声入力ではわざわざ文字を打たずとも、スマホにむかって話すだけで音声を文字にしてくれます。 聞き取りの結果が100%正確ではなかったり、マイクにむかって話さなければあまり認識してくれなかったりするなど、まだまだ精度が足りない部分もありますが、使いこなせると便利です。 両手を使って何か作業をしているときなど、手が離せないような場面でも文字入力ができます。

手書き入力という方法もある

文字を入力するツールに、手書き入力があります。これは、画面上に指で文字を手書きすることで、文字を入力してくれる機能です。 スマホのフリック入力など、もともとスマホに用意されている入力方法に慣れない場合に重宝します。 入力速度は少し落ちますが、スマホをさわったことがない人などには便利な機能です。読み方の分からない漢字を入力するときにも役立ちます。 タッチペンなどのアクセサリーがあると、より入力しやすくなるでしょう。

文字入力アプリを変えて快適に

使う頻度が高いスマホだからこそ、文字入力にもこだわりたいものですよね。便利な文字入力アプリを二つ紹介します。

フラワータッチで効率アップ ATOK

ATOK(エイトック)は、『フラワータッチ』と呼ばれる機能が特徴で、使い慣れると入力速度が上がる文字入力アプリです。キーを押すと、文字だけでなく濁点や半濁点も選択できるため、通常の入力に比べて手数を減らせます。 AI機能を搭載し、文字入力している最中に言葉の候補を表示してくれるため、効率よく文字が打てます。キーのサイズやカラーも選択できるので、自分好みのカスタマイズが可能です。 単語登録機能も充実しており、手動で単語登録できるだけでなく、『和英辞書』や『文例辞書』など、単語を拡張する辞書を追加することもできます。 有料アプリですが、無料お試し版が用意されているので、自分に合うかどうか確認してからの購入が可能です。
    • アプリ名:ATOK
    • 価格:有料

カスタマイズ性が高い Simeji

Simejiの特徴は、キーボードの背景を写真やイラストに着せ替えられる点です。フォントや文字色の変更など、カスタマイズ性に富んでいます。 豊富な顔文字や絵文字が使えて、表現が豊かな文章が作成できます。文字を入力するだけで、おしゃれな顔文字や絵文字の候補を表示してくれます。 クラウド辞書が利用できるので、時事ネタやアニメ用語など最新の情報を、変換候補に反映してくれるのも魅力です。 無料でこれだけの豊富な機能があり、一度使用したら手放せないアプリかもしれません。

まとめ

スマホには主に3種類の文字入力方法があり、自分に合った方法を選択できます。音声入力や手書き入力もあり、場合によっては使いやすい手法となるでしょう。 アプリを導入すれば効率がアップするだけでなく、デザインの着せ替えなど、カスタマイズも楽しめます。 文字入力は、スマホの操作の中でも、利用する機会が多い機能です。少しこだわって操作性をアップしてみてはいかがでしょうか。

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る