メディア個別 Apex Legends シーズン4がついに開幕 最新アップデート情報まとめ | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/02/05

Apex Legends シーズン4がついに開幕 最新アップデート情報まとめ


人気バトルロイヤルシューター「Apex Legends」のシーズン4が2月5日(水)より、ついに開幕しました。新シーズンの開幕によって実装されたアップデート情報をご紹介致します。

The time has come to reveal your true nature. Season 4 – Assimilation is now live!

Patch notes: https://t.co/8LT7OLKwsj pic.twitter.com/iqiwT3zY4S

— Apex Legends (@PlayApex) February 4, 2020

新バトルパスの追加

レジェンダリースキン、Apexパック、ロード画面、ミュージックパックなど、100以上の限定アイテムを取得可能な、シーズン4バトルパスが追加されました、

新レジェンド「レヴナント」

シーズン4の新レジェンドとして「レヴナント」が追加されました。

パッシブアビリティ「ストーカー」

しゃがんだ状態で高速移動ができ、他のレジェンドより高く登ることができる。

戦術アビリティ「サイレンス」

敵にダメージを与え、10秒間敵のアビリティを無効にするデバイスを投げる。

アルティメットアビリティ「デストーテム」

使用者を死から一定時間守るトーテムを呼び出す。キルやダウンしないかわりに、使用者はトーテムの場所に戻る。

ロープロファイル

レイスやライフラインと同じ種別となり、他レジェンドの+5%のダメージを受けます。

新武器「センチネル」

「センチネル」はボルトアクションスナイパーライフルで、中距離から長距離で効果的。プレイヤーがシールドバッテリーを装備した状態で「ファイアセレクト」を押すと、インベントリからシールドバッテリーを消費し、一時的に通電状態になります。

通電中、センチネルはシールドに大きなダメージを与える発射体を発射します。発射物は通常とは異なるユニークなエネルギーの発射音があるため、近くのプレイヤーは、センチネルが高いダメージの発射物を発射していることが分かります。

センチネルのエネルギー量は限られているため、時間の経過とともにゆっくりと減衰し、エネルギーがなくなると通電状態は終了します。

マップ「ワールドエッジ」のアップデート

プラネットハーベスター

ワールドエッジに「プラネットハーベスター」と呼ばれる施設が追加されました。プラネットハーベスターはワールドエッジ内でも一際特別な存在となります。

内部には施設の中心部へとつながる長い廊下があるため、そこが戦闘開始地点となり施設内での戦闘が繰り広げることとなりそうです。

キャピトルシティが2つに分裂

キャピトルシティはシーズン3最大の人気効果ポイントであり、最大の激戦区でもあったため、裂け目を作り出し、その間にデッドスペースを設けることとなりした(建物も1つ削除)。この変更によって、プレイヤーが降下できる2つの異なるゾーン「フラグメントイースト」と「フラグメントウエスト」が誕生しました。

この裂け目を移動できる場所は2箇所(ジップラインまたは超高層建築物が崩れてできた橋)のみ。この制限によって降下後に一方のゾーンで状況を確認する余裕が生まれ、キャピトルシティの反対側から急襲されるリスクを低減させています。

新しい裂け目は付近では、反対側に渡る唯一の手段である橋での攻防が繰り広げられることとなります。この環境では、移動に特徴のあるパスファインダーとオクタン、防御向きのコースティックとワットソンが有効となります。

上昇気流

キャピトルシティを分断するこの裂け目に落ちてしまった場合、熱気を帯びた加圧気流によってゆっくりと上昇するようになります。またこの気流を利用して反対側へ移動することも可能。

この裂け目に関して要注意点2つあります。1つは、気流に内在する高熱によって25ダメージを受けること。このダメージ量は一定で、裂け目に落ちるたびに受けることになります。もう1つは、上昇速度をかなり遅く設定されており、その間は3人称視点に切り替わることとなります。

調査キャンプ

エピセンターとスカイフックの間に新設される小規模ロケーションとなります。規模としては小さいですが、武器ラックが設置されました。

武器ラック

調査キャンプの小さな建物内に、武器を確定で入手できる武器ラックを用意。トレーニングや射撃訓練場で性能を試すこともできます。物資回収地点に向かうよりも優れた武器を確実に手に入れたいというプレイヤーにとっては、新たな選択肢となります。

ランクシリーズ3開幕


ランクシリーズ3の詳細は下記記事よりご確認ください。

戦利品の更新

スナイパーアモ

シーズン4よりスナイパーライフル専用の弾が追加されることとなりました。
・1ピックにつき10弾
・1スタック20発
・拡張マガジンの追加

対象武器
・センチネル
・ロングボウDMR
・トリプルテイク
・チャージライフル
エネルギーアモ

・1ピックに付き、20個→30個の弾薬を入手可能に変更
・ホップアップ「ターボチャージャー」が削除

ゴールドバックパック

特典を使用しているときや復活したときにプレイヤーに伝えるUIが更新

武器の更新

アイアンサイトの更新

今まであまり良くなかった標準のサイトの精度が向上しました。

対象武器
・ロングボウDMR
・トリプルテイク
・チャージライフル
・センチネル
・ハボック
・R-301
・フラットライン
・スピットファイアLMG
・R-99
・オルタネーター
・モザンビーク
・マスティフ
・RE-45
・ウィングマン
G7スカウト

「スナイパー」から「アサルトライフル」の種別分けされました。それに伴い変更された点がこちら。

変更点
・アサルトライフルのアタッチメント(バレルスタビライザーとストック)のみが装着可能
・ダブルタップホップアップは継続
・発射速度が4.5→4.0に減少
・ダブルタップ装着時、射撃間隔が0.425→0.475に伸びるようになります
・ジップラインなどに乗りながらG7をADSしてもリコイルがなかったバグが修正
L-STAR

ゴールド武器から、通常出現武器に変更されました。それに伴い変更された点は以下の通り。

変更点
・エネルギーアモを使用
・リロードが削除されました
・ショットごとのダメージが19→18減少
・発射速度が12→10に減少
ディボーション

通常の戦利品では出現しなくなり、ゴールド武器として登場することとなりました。

変更点
・マガジンサイズ:54
・総弾薬数:162
・ターボチャージャー機能を標準装備
ハボック

ホップアップ「ターボチャージャー」が削除されましたが、セレクトファイアは装備可能となります。
・セレクトファイア使用時のショット間隔が77→56に減少

R-99

・ダメージの減少 12→11
マガジンサイズが拡大

・標準:18→20
・ノーマル(白):20→22
・レア(青):23→24
・エピック(紫):27→27
プラウラー

ダメージ増加 14→15

ヘムロック

単発射撃の速度が上昇 5.6→6.4

ウイングマン

マガジンサイズが調整

・標準:4→5
・ノーマル(白):6→6
・レア(青):8→7
・エピック(紫):10-→8
EVA-8

・ダブルタップホップアップ装着時の、バースト遅延を削減:0.85-> 0.80

マスティフ

・プレイヤーがマスティフを高速射撃できるバグの修正

ゴールド武器の更新
シーズン4の新ゴールド武器一覧
・ハボック
・P2020
・センチネル
・プラウラー
・R-301

レジェンドの更新

ブラッドハウンド

アルティメットアビリティ「ハンティングビースト」使用中に敵をダウンさせると、アルティメット効果時間が5秒延長

クリプト

・アルティメットアビリティ「EMP」によって、味方のジブラルタルのドームシールドを破壊することが無くなりました。
・ドローンの上にドームシールドを乗せることは不可能となりました。

その他、細かなバグ修正は公式ページより確認できます。


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る