メディア個別 KDDI、全国1788の自治体に位置情報分析ツールを無償提供 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2021/05/05

KDDI、全国1788の自治体に位置情報分析ツールを無償提供

 KDDIは、新型コロナウイルス感染症対策に活用することを目的に、4月27日~7月31日までの期間中、位置情報ビッグデータ分析ツール「KDDI Location Analyzer」を全国の地方自治体へ無償提供すると発表した。

 今回の提供では、対象自治体を2020年の67自治体から、全国1788の自治体へ大幅に拡大した。

 KDDIが2020年4月22日~7月31日で行った48の自治体への無償提供では、各自治体が「KDDI Location Analyzer」を新型コロナウイルス感染症対策の立案に向けた人流データの分析などに活用した。福島県、栃木県、長野県、京都市、神戸市では、無償期間の終了後も継続して新型コロナウイルス感染症対策や、エビデンスに基づく政策立案などに活用されている。

「KDDI Location Analyzer」の特徴

 「KDDI Location Analyzer」は、KDDIと技研商事インターナショナルが共同で開発した、auスマートフォンユーザーの位置情報ビッグデータと、性別や年齢層といった属性情報を活用し、企業・社会課題の解決を支援する分析ツール。

 最小10m単位、最短2分単位で位置情報を毎日収集してサービスを反映しているほか、ダッシュボードで指定した任意のエリアへの来訪傾向を詳細に把握できる。曜日別の来訪傾向や何度も訪れているリピーターの比率を可視化することも可能。

 また、任意のエリアに来訪した方の居住地を町丁目、市区町村単位で集計することもできる。

新型コロナウイルス感染症対策推進室への人流データの提供

 KDDIは、「KDDI Location Analyzer」で取得した全国主要観光地における人の流れの推移データを、新型コロナウイルス感染症対策推進室に提供している。

ケータイ Watch

関連記事

KDDI、20年3月期は増収増益――新型コロナ影響も持続的成長を目標に KDDI、20年3月期は増収増益――新型コロナ影響も持続的成長を目標に KDDI、「Folding@home」に参加、新型コロナ解析に貢献 KDDI、「Folding@home」に参加、新型コロナ解析に貢献 KDDI、新型コロナの影響を受けた事業者へクラウドファンディング通じ最大2億円の追加支援 KDDI、新型コロナの影響を受けた事業者へクラウドファンディング通じ最大2億円の追加支援

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る