メディア個別 杉無垢材の床って実際どう?設計会社スタッフが本音で解説するメリット・デメリット | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/01/28

杉無垢材の床って実際どう?設計会社スタッフが本音で解説するメリット・デメリット

高温多湿なこともあり、日本では昔から家の中で靴を脱ぎ、裸足で床と触れ合う習慣が続いています。そんな日本人に古くからなじみのある床材である『スギ』は今でも人気が高く、『ソラマド』でも多くの家で『杉床』が選ばれているんです。今回はそんな杉床の魅力をご紹介。実は意外と簡単なメンテナンス方法も、合わせてお伝えします♪

裸足が気持ちいい! 杉床でのびのびとした生活



心地のよい香りに癒やされる『杉床』。木材本来の温もりを感じられるやわらかなスギの無垢材は、思わず裸足で歩きたくなるほど肌触りがいいのが魅力の一つ♪ まずは杉床のメリットをチェックしてみましょう!

吸湿性がよく梅雨の時期でもベタつかない

ジメジメとした梅雨や蒸し暑い夏の時期、フローリングがベタッとして不快な感覚になったことはありませんか? 調湿性の高い杉床なら、湿気を吸収してくれるため夏でもベタつくことなく、いつでもサラッとした触り心地を保ってくれます。

冬場でもヒヤッとしない、杉床ならではのよさ

冬場の床は冷たくてヒヤッとしがちですが、細胞内にたくさんの空気を含んでいるスギの無垢材は断熱性が高く、寒さを防いでくれます。また湿気を吸収する夏とは逆に、水分を放出して調湿するため、乾燥しすぎることなく快適な空間に♪

柔らかくて歩きやすく、衝撃を吸収する

やわらかな杉材は加工がしやすく、デザインの幅が広いため、和室はもちろん洋室との相性も◎。肌触りがいいだけでなく衝撃を吸収してくれるので、転んでしまったときも硬い床に比べて痛みが少なくすみます。

メンテナンスをすれば、集成材より耐久性がある

接着剤で貼り合わせて作られた一般的なフローリングは、使用しているうちに表面が剥がれてしまうことも。丸太から切り出した自然なままの無垢材なら、表面が剥がれてしまう心配はいりません。お手入れをしっかり行えば、長く使うことができますよ。

傷も家族の思い出に、自然素材の柔らかな床



魅力的なポイントがたっぷりの杉床ですが、そこにはデメリットも伴います。自然を感じられる杉床の特徴を理解して、ご家庭にあった取り入れ方を考えてみてください。

傷つきやすい

天然の杉無垢材はやわらかく肌触りがいい反面、集成材と比較すると傷やへこみができやすくなります。お子さんが遊ぶスペースにはマットを敷いたり、椅子を引くときは引きずらないようにするなど注意が必要です。

コーティングが無いため汚れやすい

表面にコーティングを施していない無垢材は水を吸収しやすく、シミや汚れもつきやすい状態。また水を含むと木が反ったり、雑菌の繁殖にもつながってしまいます。汚れやすい水回りにはマットを敷いたり、汚れた場合はすぐに拭き取るなど工夫をしましょう。

杉無垢材は自然の温もりを感じられる反面、自然素材ゆえに傷や汚れはどうしてもつきやすいものです。しかしそんな傷も味となり、家族の思い出として残しておけるところもまた、無垢材の魅力の一つ。

「あのとき子どもがつけてしまった傷も、後から見ると元気な証拠で懐かしい」「誕生日パーティーの準備で、お鍋を落としちゃったへこみ。でもパーティーは楽しくて大成功だった」……など、年月を経て表情が変わっていく家を見ると、家族の歴史を感じることができます。

簡単! 杉床のメンテナンス方法



杉床をより長く使っていくには、メンテナンスが大事。正しくケアしてあげれば、傷や汚れもキレイにできるんです。ケアしていくことで愛着も深まり、味わいを重ねていけますよ。

普段のお手入れ方法

普段のケアは乾拭きだけでOK。時々湯水を含ませ固く絞った雑巾で拭いてください。その際は汚れが染みないよう、キレイな雑巾と水を使用してくださいね。

蜜蝋ワックスなど、汚れ防止用のワックスを利用するのも◎。撥水効果で木材を保護したり、雑巾だけでは取れなかったシミ汚れもキレイに拭き取ることができます。

物を落とした際のへこみメンテナンス方法

気をつけて過ごしていても、うっかり物を落として床をへこませてしまうこともありますよね。傷のつきやすい杉無垢材ですが、なんとメンテナンスでへこみを元に戻すこともできるんです! 方法は以下の通り。

1. へこんだ部分に少量の水を垂らす。
2. 乾いたタオルを上にかけ、さらにその上からまた少量の水を垂らす。
3. タオルの上からアイロンをかける。
4. ある程度へこみが浮き上がったら、自然に水分を蒸発させて完了!

無垢材の持つ調湿機能をうまく利用したメンテナンス法です。これなら簡単なのですぐに実践できますね。木が生きていることを実感できる瞬間でもありますよ♪

毎日実感できる、杉床のよさ♪



ついつい裸足になって歩きたくなる杉床。傷つきやすく手入れは必要ですが、自然の温もりを感じられる魅力たっぷりの床材です。きちんとメンテナンスをすれば末永く付き合っていける杉床の家で、気持ちのいい日々を過ごしてみてはいかがでしょうか♪

ソラマドでは、そんな杉床を使って建てられた家がたくさんあります。ホームページでは杉床を使用したさまざまな家の写真を掲載中。ぜひのぞいてみてくださいね!

ソラマドのHPはこちら

関連記事


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る