メディア個別 気付いたらスマホが容量不足。データを整理して快適に使おう | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/03/29

気付いたらスマホが容量不足。データを整理して快適に使おう

スマホが容量不足になると、新しい写真や動画が撮影できなくなって、動作が遅くなるなど、さまざまな弊害があります。解消するには、不要なデータを整理し、削除するなどの操作が必要です。今すぐできる、スマホの空き容量を増やす方法を紹介します。

容量不足の原因を確認する

スマホには『ストレージ』と呼ばれる、写真や動画などのデータを保管する領域があります。まずは、現状のストレージの使用状態を確認してみましょう。

空き容量の確認方法

ストレージの空き容量の確認方法は機種によって多少異なりますが、基本的な操作は同じです。 Androidの場合、『設定』メニューの中から『ストレージ』をタップします。 iPhoneの場合、『設定』メニューから『一般』を選び、『iPhoneストレージ』をタップしましょう。 この操作をすることで、どの程度ストレージを既に使用しているのかが分かります。

容量を圧迫しているものは何?

上記の方法でストレージを確認すると、色分けされた項目リスト、もしくは横棒グラフが出てきます。 各項目を確認し、ストレージ占有量の多いアプリを見つけましょう。おそらく『写真』や『ゲーム』『音楽』『その他』などの割合が多いのではないでしょうか。 原因が分かったら、該当するデータの整理が必要です。なお、『システム』データはスマホを動かすために必要なので、削除することはできません。

スマホの容量不足のデメリット

データ整理はなるべくこまめに行うことをおすすめします。容量不足になると、日常的な操作において次のような不具合を生じるためです。

動作が遅くなる

スマホを長く使っていると、動作がカクカクしたり、次の画面に移るのに時間がかかったりすることがあります。これも容量不足が原因で起こりやすい不具合の一つです。 スマホを使用できる限界までストレージ容量を消費してしまうと、強制的に再起動させられることもあります。「動作が重くなったな」と思ったら、ストレージ容量を確認してみてください。

システムが更新できない

ときどきスマホに『アップデートの通知』が届くことがあります。このアップデートも、ストレージの空き容量が足りないと実行できません。 OSが最新版でなくてもスマホは使い続けられるため、放置してしまう人も少なくないでしょう。しかし、最新版は便利な機能が追加されていたり、操作性が向上したりと、導入するメリットが多くあります。 定期的にデータを整理して空き容量を確保し、常に最新のシステムにアップデートすることが大切です。

スマホの容量不足の解消方法

容量不足が解消されれば、スマホがスイスイと動くようになるかもしれません。すぐにスマホの空き容量を増やすには、ここで紹介する二つの方法を試してみてください。

写真やゲームなどのデータ・アプリを消去

写真や動画を撮る機会の多い人だと、あっという間にストレージを占有してしまいます。データはこまめにほかの場所に保存し、スマホ本体から削除するのがベターです。 後述する『大事なデータを移行するおすすめの方法』を使って、データを他の場所に移動しましょう。 また、アプリをダウンロードすれば、その分ストレージが消費されます。使わないアプリは削除してしまった方がよいでしょう。

キャッシュを消去

インターネットを使用すると、閲覧したページの情報が『キャッシュ』としてスマホに保存されます。次に同じサイトを開くとき、この情報を使ってよりスムーズに目的のページを表示させられるようになる機能です。 しかし、このキャッシュもたまりすぎると動作が遅くなるため、定期的に削除しましょう。

大事なデータを移行するおすすめの方法

思い出のつまった写真や動画、仕事で使用するかもしれないデータなどは簡単に削除できないものです。 「データの削除はできないけど、スマホの容量不足は解消したい」というときに便利な、データ移行の方法を紹介します。

クラウドストレージを利用

『Googleドライブ』や『iCloud』など、インターネット上に無料でデータを保管できるクラウドストレージと呼ばれるサービスがあります。スマホの容量節約に役立つサービスです。 例えば写真や動画なら、撮影すると同時にクラウドストレージにデータを保存するように設定することも可能です。 クラウドストレージにデータを保存しておけば、スマホの中から写真や動画を削除しても、大切なデータは消えません。保存したデータはインターネットが使える場所ならどこからでも確認できます。

外付けストレージに保存

『外付けストレージ』をスマホに接続して、そこへデータを移動するのも、ストレージの容量を増やす方法の一つです。Androidであれば『mini SDカード』などが外付けストレージにあたります。 iPhoneにはSDカードのようなものを入れる場所はないので、『USBメモリ』タイプや『HDD』タイプの外付けストレージを使いましょう。

まとめ

「スマホの動きが遅くなってきたな」と思ったら、ストレージの使用状況を確認してみましょう。容量が不足していることが分かったら、データの整理をする必要があります。 大切な写真や動画はクラウドサービスや外部ストレージを利用してバックアップを取り、スマホ本体から削除しましょう。一時ファイルとして保存されているキャッシュを削除するのも有効です。 こまめにストレージを管理することで、お気に入りのスマホを長く快適に使いましょう。

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る