メディア個別 うちの家族にぴったりの公園、アプリで見つけました | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/03/10

うちの家族にぴったりの公園、アプリで見つけました

image こんにちは。ライターのさかいです。

小学生の息子と2歳の娘がいる我が家の週末は一日家でゴロゴロ…というわけにはいかず、いつもどこかへ出かけることに。でも、なんだかんだでいちばんくつろげる外出先といったら、公園なんですよね。ただいつも同じ公園では小学生の息子も飽きてしまうもの。そこで、未知なる公園探しには、登録公園数11万以上というアプリ「PARKFUL」が活用できます。意外と近くにいい公園が見つかったりするんですよ。

PARKFUL | 公園をもっと楽しく、もっと身近に。-
Android iOS

「ローラーすべり台がいい!」「ターザンやりたい〜」そんな細かい希望からも検索できる!

公園を探すとなると、自宅からの距離や公園の広さ、駐車場の有無がおもなポイントになるかと思います。でも、実はもっとほかにも公園に望むものって、ありますよね。
我が家の場合はというと、
・遊具があること(てぶらでも楽しめる)
・ターザン、シーソーがあること(息子が大好き)
・すべり台、ブランコがあること(娘が大好き)
・男女別トイレがあること(いつでもトイレが近い私……)
・広々としていること(息子も娘も無駄に走り回る)
・芝生広場がある(夫が寝転びたがる)
などなど、実は細かい希望があって、それを満たしている近所の大きな公園にいつもお世話になりっぱなし。
でもたまには違うところに行ってみたいと思い、PARKFULで検索してみました。

image image

すると、意外にもたくさん出てきました。一覧には「現在地から◯◯km」という表示もあるので便利。
ずらっと並んでいる中から、「府中の森公園」をセレクト。

image

写真や口コミ投稿も多く、人気の公園のようです。

image image

意外と近い場所に、条件を満たす公園があったのか!?我が家からは、頑張れば自転車でも行ける距離かも、ということで、サイクリングも兼ねて週末にお出かけしました。

image

到着!まっすぐに延びる並木道もあって、広々と気持ちのよい公園です。散歩するだけでもリフレッシュできそう。
検索タグに入れたターザンやシーソーなどのほか、まだ2歳の娘も楽しめる遊具もたくさんあって、丸一日いても飽きません。
芝生広場で凧揚げをしている親子も見かけたので、我が家も凧で遊びました。

image

実はこの凧揚げの最中に、ちょっとした事件がありました。
揚げている最中にほかの親子の凧(しかも全く同じアンパンマンの凧)に凧糸が絡まってしまい、「ひえ〜すみませんすみません!」なんてワタワタしているうちに我が家の凧が木に引っ掛かってしまったのです。どうにか取ろうと奮闘する我々と、応援してくれる絡まった相手方の親子さん。もはや無理か……と思っているところに、強い風がビュッと吹いて奇跡的に凧が取れました。その瞬間大喜びする私たち。
しかし相手方のお父さんがいない。ふと芝生の向こうを見ると、なんと公園管理事務所まで行き長〜い棒を借りてこちらに向かってきてくれていたのです!
わざわざ棒を借りに行ったのに凧取れたんかい……と肩を落とすかと思いきやお父さんは「よかった!よかったですね!」と満面の笑顔。しかも「スペアの凧糸と持ち手を持っているので、よかったらどうぞ」だなんてお心遣いまで(凧糸も無事だったので丁重にお断りしました)。そもそもこっちの不注意で絡まってしまったというのに……。優しいご家族に触れ、なんだかとっても心が温まったのでした。あのときのみなさま、ありがとうございました……!
と、こんなひょんな出来事もあったりして、お気に入り公園リスト入りした「府中の森公園」。また近いうちに訪れる予定です。

思い立ったら公園へGO 現在地から近い公園をすぐ検索!

そして、また別のとある週末。家族で「サンリオピューロランド」へ行こうということになりました。
当日、施設内で2歳の娘はもちろん大喜び。7歳の息子も最初は面白がっていたものの、だんだんとテンションが下がり気味に……。それもそのはず、ビューロランドは女の子に人気のキャラクターのテーマパークであるだけでなく、すべて屋内で、この日は混雑もしており、わんぱく系男子がのびのびと遊べる感じではないのです。
ということで、ここでもPARKFULに頼ってみました。ひととおりピューロランドを楽しんだ後は、近くの公園に行ってみよう、ということに。どんな公園なのかもわからないので、息子もワクワクしている様子。

image image

「さがす」をタップして地図を見ると、「L」というマークが表示された公園を発見。歩いて5分で行けるところに、「多摩中央公園」という広めの公園があるようです。
ちなみに「L」というのは公園の規模を示し、ほかに「S」「M」や特大規模だと「XL」という表示も。

image image

設備情報を見てみると、「花の名所」「日本庭園」「水景」「カフェ」などとあり、写真からしても整備された公園の様子。これは期待が高まります。

image

公園案内図を見て、「こっちに庭園があるみたいだよ、行ってみようか」などと話しているようですが……

image

そのうち追いかけっこがはじまり、広い原っぱで駆け回る息子たち。結局、日が暮れるまで池沿いにあるこの原っぱで草まみれになりながら走り回り、転げ回っていました。最終的に思いっきり体を動かすこともできて、息子も娘も大満足の1日となった様子でした。

「おすすめ」ページで公園情報をゲット 特集やイベント情報など読みごたえたっぷり

PARKFULは公園の検索だけでなく、公園で開催しているイベントからマニアックな特集記事まで、いろいろな公園情報が掲載された「おすすめ」ページも充実しています。

image image

もちろん、ページ内で紹介された公園の情報へもすぐにアクセスできます。意外なところから週末の目的地が見つかったりして。
私が気になった記事は、「個性的なコンクリート遊具特集」「鬼がいる公園特集」「全天候型の公園特集」などなど。 この「おすすめ」の記事は日々更新されていくので、こまめにチェックを!

まとめ

公園は思いっきり走り回っても、キャーキャー言いながら盛り上がってもとがめられることがない、子どもにとって最ものびのびできる場所。小さなマンションの一室に暮らす我が家族にとっては、とてもとてもありがたい存在です。しかもほとんど無料で1日楽しむことができるとあれば、行楽シーズンの最有力スポットですよね。この週末、PARKFULを頼りに公園へお出かけしてみませんか?
【ライター】酒井絢子

注目記事

かしこい人はアプリで節約。今月ピンチ!を乗り切る節約アプリ5選
無料Wi-Fiスポットの使い方と利用上の注意
そのスマホ大丈夫!?パターン別ウィルス対策アプリ
カフェ好きSNSやインスタで自分好みのカフェ探し
こんなに便利になった!Googleマップの最新事情
カラダを温める食材とレシピアプリで温活しました!
あなたは大丈夫?スマホのマナー最新常識5選
子どものスマホ利用について知っておくべきこと6つ
位置情報ってオンにするべき?オフにするべき?
不適切なコンテンツとして報告する

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る