メディア個別 入学祝いっていつ贈れば良いの?覚えておきたい基本的なマナーや相場、お返しについて解説 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2017/04/19

入学祝いっていつ贈れば良いの?覚えておきたい基本的なマナーや相場、お返しについて解説

子どもが小学校や中学校に上がる際には、何かお祝いをしてあげたいものです。逆に自分の子どもが入学祝いを頂いたら、どうやってお返しをすれば良いのかご存じでしょうか?

今回は入学祝いに関する概要や基本的なマナー、相場などについてご紹介していきます。

入学祝いを贈るべき相手は?贈る時期はいつ?



ほかのお祝いごととは異なり、入学祝いは「親密なお付き合いのある家庭」へ贈るものです。そのため、職場や知り合いのお子さんが「小学校に上がった」という話を聞いても、無理をしてお祝いする必要はありません。

つまり、入学祝いは身内で行うものです。親しい間柄でない限り、あまり知人には贈らないようにしましょう。もし身内以外に贈る際には、あまり高価な品物を選ばないことが大切です。会社の上司のお子さんなど、気持ちとして入学祝いを贈りたいときには特に注意してください。

【贈るべき相手に注意!】
入学祝いを贈るべき相手は「入学する子ども本人」です。たとえ贈り先が親御さんであっても、贈り物の中身はお子さんのための品物が望ましいとされています。

ただし、お菓子やジュースといった物を贈るのはおすすめしません。たとえお子さんが好きな品物であっても、お菓子やジュースは親御さんを困らせてしまう恐れがあるので注意しましょう。

さらに注意しなければいけないのが、ご家庭に兄弟や姉妹がいるときです。例えば相手方に3人のお子さんがいる場合、1人目に入学祝いを贈ったら必ず2人目や3人目にも入学祝いを贈りましょう。

【贈る時期はいつ?】
入学祝いを贈る時期は、「入学式が始まる2~3週間前」が目安です。入学式直前よりも余裕を持って贈るのが、一般的な入学祝いのマナーとされています。

しかし、入学式の時期は地域によって異なります。4月5日~10日頃に行われる地域もあれば、4月15日頃に行われる地域もあるでしょう。また、私立の小中学校では学校ごとに入学式の日程が異なります。事前に確認しておかないと、入学式直前に贈ってしまうかもしれません。

入学祝いを贈りたい方の中には、「お子さんの卒園式や卒業式が終わってからにしたい」と考えている方もいるでしょう。卒園式や卒業式は3月15日~25日に行われることが多いとされています。

贈るタイミングに悩んでしまう場合は、お子さんの入学が正式に決まって卒園式や卒業式が終わったらすぐにお祝いをしましょう。入学式の前後は忙しいため、4月に入ってからはできるだけ贈らないことが望ましいです。入学式の日程が遅いご家庭の場合は、「4月に入学祝いを贈っても問題ないか?」など事前にきちんと確認をしましょう。



【卒園・卒業祝いを兼ねて贈る場合】
最近では、入学祝いが卒園・卒業祝いを兼ねているケースも多くなっています。地域によっては「卒園・卒業祝いは優先して祝うものではない」という考え方があり、卒園・卒業式と入学式の日にちが近いことから、入学祝いのみを行う地域が増えてきています。

卒園・卒業祝いを兼ねて贈る入学祝いは3月上旬~中旬、遅くても3月下旬までには贈りましょう。必ず正式な入学が決まってからお祝いをするようにしてください。

【入学祝いが遅くなってしまった場合】
前もってお祝いをすることはとても大切ですが、準備が遅くなって入学式の間近に祝わなければいけなくなる場合もあるでしょう。入学祝いは「親しい間柄のお祝いごと」であるため、入学式の当日や入学後にお祝いをしても問題はありません。ただし、「お祝いが遅くなりました」と一言添える気配りを忘れないでおきましょう。

身内以外のお子さんへの入学祝いが遅れてしまった場合、当日や入学後にお祝いをしてもそれほど失礼にはあたりません。しかし、きちんと詫び状を添えることが大切なマナーです。ビジネスのお付き合いをしている方であれば、特にマナー面では注意をする必要があるでしょう。

小学校と中学校の入学祝いの相場はどれぐらい?



一般的に入学祝いの相場は「5,000円」とされています。しかし「身内への贈り物なのか?」「相手方との血縁関係や付き合いの深さはどれぐらいなのか?」など、贈り主と親御さんの関係性によって相場は変わってきます。

では関係性によって具体的にどれぐらい金額が変わってくるのかについて、以下で詳しく見ていきましょう。

【親戚】5,000円~10,000円
贈り物にもよりますが、親戚からの入学祝いは5,000円~10,000円が相場となっています。あまりに高価な品物を渡すと、親御さんが「入学祝いのお返し」を考える際に困ってしまうかもしれないので注意しましょう。

【祖父母】20,000円以上
祖父母からの入学祝いについては、ランドセルや学習机など高価な贈り物が多い傾向にあります。「孫の喜ぶ顔が見たい」という気持ちが強いので、親戚に比べると相場は少し高めです。

【身内以外】3,000円~10,000円
親しい友人のお子さんであれば、3,000円程度の贈り物でも喜ばれるはずです。あまり高価な品物を選ばないように気を付けてください。取引先のお子さんなど、ビジネスのお付き合いで入学祝いを贈る場合には10,000円を包むケースも見られます。

また、「小学校の入学祝い」と「中学校の入学祝い」でも包むべき金額は異なります。以下では学校別の相場についても見ていきましょう。



【小学校】3,000円~5,000円
身内に関しては、血縁関係や付き合いの深さによって5,000円~10,000円が相場になるでしょう。身内以外の場合はお気持ちとして3,000円ほどの入学祝いを贈るケースが見られます。親しい間柄であっても、5,000円までに抑えるようにしましょう。

【中学校】5,000円~10,000円
小学校よりも豪華な入学祝いが贈られるケースが多いです。身内の場合は10,000円~20,000円が相場であり、身内以外では5,000円程度、親しい間柄では10,000円ほどが一般的な相場です。

次のページ 入学祝いではどんな品物を贈るべき?
LIMIA

関連記事

【コスメ】リップ収納アイデア8選!100均DIYアイデアやおすすめ収納ケースも 【コスメ】リップ収納アイデア8選!100均DIYアイデアやおすすめ収納ケースも 【カテゴリ別】おしゃれなキッチン収納術30選!100均やニトリアイテムも活用 【カテゴリ別】おしゃれなキッチン収納術30選!100均やニトリアイテムも活用 おすすめ冷蔵庫ラック【15選】収納家具で空間を有効活用しよう! おすすめ冷蔵庫ラック【15選】収納家具で空間を有効活用しよう!

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る