メディア個別 あなたは大丈夫?スマホのマナー最新常識5選 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/03/06

あなたは大丈夫?スマホのマナー最新常識5選

image こんにちは、ライターの田中です。

みなさんは日ごろから"マナー"を意識してスマホを使っていますか?もちろん、あえてマナーを破ってスマホを使う…という人はいないと思いますが、「これがマナー違反だったなんて知らなかった…」ということは、あるかもしれません。スマートフォンがこの世に誕生してから、機能も随分進化しました。そして、機能の進化に伴い使われ方も変わってきたことによって、次第にマナーも変化してきたのです。そこで今回は、知らずにマナー違反を犯してしまわないように、最新のスマホマナーについてシチュエーション別でおさらいしてみましょう。

【路上編】もちろんNG! 歩きながらのスマホ操作

image

スマホマナーと言えばよく話題になるのが、歩きながらスマホを使う「歩きスマホ」。
スマホの画面に集中するあまり周りが見えなくなってしまうため、他の歩行者や看板などにぶつかってしまう可能性が高く危険です。
うっかりぶつかってしまうくらいならまだしも、信号を見落として赤信号で道を渡ってしまったり、駅のホームで足を踏み外して転落してしまったり…と、命の危険まで発展しかねません。
「歩きスマホ」は日本だけでなく、他の国でも危険視されており、ハワイのホノルル市では、2017年10月より禁止され、違反した場合には罰金が課せられることになりました。
怪我や、最悪の場合は死亡事故に繋がってしまう可能性もあるため、特に守りたいマナーです。

【公共交通機関編】マナーモード? 電源オフ? 交通機関での最新スマホマナー

image

電車内でスマホを使う際には、自分が優先席付近にいて、なおかつ車内が混雑している時は電源をオフ。それ以外の場合はマナーモードで使用可能、というのが現在のマナーです。
以前はスマホが発する電波が、ペースメーカーなどの医療機器の動作を狂わせてしまうため、車内でのスマホ利用は控えるのがマナーでした。
しかし、技術が進歩して医療機器に与える影響が減ったため、現在のように緩和されました。
なお、電波が医療機器に影響を与えないわけではないということにはご注意を。
植込み型心臓ペースメーカーや、植込み型除細動器などの医用電気機器を装着している場合、装着部から携帯電話を15cm以上離して持ち、使用することが推奨されています。
ちなみに混雑した車内では、立った状態でスマホを使うのは避けた方が無難。バランスを崩してスマホを落としてしまったり、スマホを持つ手の肘が人にぶつかってしまったり…と、対人トラブルに発展する可能性が高いです。
もちろん通話は、通話が許されている場所以外では控えましょう。

image

電車の中以上に厳格なマナーがあるのが、航空機です。
スマホの発する電波が、航空機の制御に干渉して事故が発生することを避けるために、通信が全て止まる「機内モード」での使用か、「電源をオフ」にするか求められることが多いと思います。これは病院などでも同じですね。
ただ、航空機については、各機関によってルールやマナーが異なっており、一律にこれというものが存在しているわけではありません。
なので、航空機内でスマホを利用したくなった場合は、各機関の指示を確認して従うようにしましょう。
次のページ 【イベント編】マナーを守って楽しく過ごそう! イベント場での撮影マナー>

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る