メディア個別 トイレのつまりはラップで直せる。ラバーカップの代わりに使おう | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/10/15

トイレのつまりはラップで直せる。ラバーカップの代わりに使おう

特別な器具を使わず、業者にも依頼せずに自分でトイレのつまりを直したい人におすすめなアイテムが食品用ラップです。トイレのつまりに対処するときに知っておきたいつまりの原因や、ラップを使用する際の手順を紹介します。

トイレがつまる原因



トイレのつまりに対処する際、何が原因でつまってしまったのかを把握することは大事です。トイレをつまらせる原因として代表的なものを紹介します。

使用しても問題ないはずのトイレットペーパーがつまる主な理由は2つです。1つは少しずつ流さず1度に多量を流していること、もう1つは水に溶けにくい製品を使用していることが考えられます。

ローコストで生産された海外製品の中には、水に溶けづらいトイレットペーパーもあるため注意しましょう。

また、トイレでトイレットペーパーを使うことはごく普通のことですが、つまりかかっているトイレに気付かずに普段通り使用していると、いずれは排水口が機能しなくなってしまいます。

トレイにトイレットペーパーを単体で流すことはほとんどないでしょう。トイレットペーパーと一緒に排泄物を流すこと自体は何も問題ありませんが、流す量が多すぎるとつまる場合があります。

例え、流したいものが水溶性のものであっても、一度に流しきれない量を流そうとすればつまりやすくなるでしょう。

トイレのレバーを押すとタンクから便器内に水が流れます。便器内に流れる水に勢いがないと十分な水圧が得られません。

便器内の水を排出する通り道は複雑に曲がっています。単純な傾斜がついた道に水を流す場合は水圧が少なくても簡単に押し流せますが、完全にトイレットペーパーや排泄物を押し流すには、強い水圧が必要です。

弱い水流のみで流している場合は詰まる可能性があるため注意しましょう!

ラップを使ってつまりを解消する方法



ラップを使ってつまりを解消する方法は、ポイントさえ押さえればそれほど難しくありません。ラップを用意して、さっそく挑戦してみましょう。

ラバーカップは、ゴムでできた半球状のカップに柄が付いた道具のことです。便器内の圧力を高めてつまりを解消するために使用します。

ラバーカップはトイレをつまらせた経験がある家庭でにはほぼ必ず丈夫されていると言っても過言ではありません。つまり解消の道具としては高性能ですが、常備していない場合は即座に対処できませんよね。

そんなときはどこの家庭にもある食品用ラップを使うと、ラバーカップに似た効果を得られます。ラバーカップを買いに走る前に、ぜひ試してみましょう。

便器の座面を上げた状態で、ラップを広げます。隙間ができないように、ぴったりと覆いましょう。大きなサイズのラップを使うとやりやすいです。

ラバーカップを使うときと同じように、排水口に密着させるイメージでしっかり覆いましょう。隙間があると空気が漏れ、十分な圧力をかけられません。

途中でラップが破れないように、ラップを何枚も重ねて強度をアップしておくといいでしょう。

準備ができたら、てのひらを使って押します。トイレの水を流し、ラップが膨らんでくれば密閉できている証拠です。そのままてのひらでラップを押し、圧力をかけましょう。

業者に頼んだ方がよいケース



便器内の圧力を高めるだけでは、つまりを解消できないケースもあります。ここでは、業者に依頼した方がよいケースについてチェックしましょう。

トイレに流してはいけないものを、誤って落として流してしまった場合は特殊な器具がなければつまりを解消できない場合が多いです。

手が届かない範囲に異物が流れて行ってしまった場合は、ワイヤーを使って掻き出す必要があります。

ポケットに入れていたものが誤って便器内に落ちてしまうこともありますし、ティッシュペーパーをうっかり流してしまうケースもあるでしょう。清掃用品や生理用品などもつまらせると厄介です。

自分で何とか処理しようとして、水でふやけないものを奥に追いやってしまうと、便器をはずして処置しなければならなくなってしまうこともあるため、異物を落してしまったことがわかっているときは速やかに業者を呼びましょう。

トイレットペーパーや排泄物が原因だとわかっている場合でも、つまりを解消できないこともあります。

ラップやラバーカップを使用したり洗浄剤を使ったりと、思いつく限りのことをやってみてもつまりが解消されない場合、素人には手に負えません……。

強引に何とか直そうとしても、つまりが解消されないだけでなく、状況が悪化することになりかねないため、プロに頼んで処置してもらいましょう!

専用器具がないときはラップを代用しよう



業者を呼んだり専用器具を購入する前に、自分でできることを試しておいて損はありません。

ラバーカップがない場合や、注文しても届くまでに時間がかかる場合は、ラップを使った処置を試してみることがおすすめです。

ラップはほとんどの家庭で常備されているため、気軽に試せるでしょう。つまっているものの量がそれほど多くない場合、簡単に解消できる場合も多いです。ラップが水に流れないように注意しながら挑戦しましょう♪

関連記事


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る