メディア個別 家具の配置シミュレーションARアプリでインテリアコーディネートを試す | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/03/24

家具の配置シミュレーションARアプリでインテリアコーディネートを試す

image こんにちは、ライターの富士みやこです。春が近づき、引っ越しや新生活の準備を始めているという人も多いのではないでしょうか。

新しい家具を買いたいけれども、お店で吟味しているだけでは実際の部屋に合うかどうかがわからないものですよね。そんな人におすすめしたいのが、インテリアコーディネートができるARアプリです。「ポケモンGO」のヒットで一般にも広く知られるようになったAR。VR(Virtual Reality)がスクリーン上にリアルな視覚映像を投影する「仮想現実」を指すのに対し、AR(Augmented Reality)とは現実世界に視覚映像を重ねる「拡張現実」を指します。この技術をインテリアに応用することで、自分の部屋にさまざまな種類の家具を投影して、模様替えのシミュレーションができちゃうんです。そこで今回は、おすすめのインテリアコーディネートARアプリを実際に使ってみた感想と一緒にご紹介します。

島忠の家具を簡単に試せる「シマホAR」

シマホAR-インテリアシュミレーション
関東、関西を中心に展開するホームセンターの島忠が提供している「シマホAR-インテリアシュミレーション」では、島忠で購入可能なインテリア商品の3Dデータを配置しながらコーディネートを試すことができます。
布団しか置かれていない殺風景な部屋の写真を使って試してみました。

image

ソファ、リビングテーブル、チェア、照明などから好きなカテゴリを選択すると、配置できる家具がズラリと表示されます。

image

まずはベッドを置いてみました。表示された家具は2本指でタップしながら回すと向きを変えられます。手前や奥にスクロールすると配置場所が変わり、さらに大きさも自動で調整されます。

image

この調子でコーディネートしていきましょう。シェルフ、照明、ラグマットなんかも置いてみました。どんどん豪華になっていきます! 出した家具を片付けたいときは“削除”をタップしましょう。

image

“色替え”をタップすると、違うカラーバリエーションも試せます。ラグマットの色を白から青に替えてみるとこんな感じになりました。色が違うだけで部屋の雰囲気がガラリと変わりますね。

image

さらに“詳細”をタップすると商品の価格、サイズなど詳しい情報が表示されます。買いたいと思った商品があったら、すぐにチェックできるのは嬉しいですね。

image

良い感じの部屋が出来上がったら、TwitterやFacebookでシェアしたり、スマホ内のフォトギャラリーに保存できたりもします。SNSで「こんな部屋にしたいんだけど、どう?」と友達に意見を聞くのも楽しそう。

image

ARはもちろんのこと、スマホに保存した画像を使ってコーディネートが試せるので、実際に部屋にいなくても楽しめるというのも嬉しいポイント。電車で移動中などの隙間時間に色々なパターンの部屋を自由に作ることができますよ。

image

image

有名ブランドを多数収録!「RoomCo AR」

RoomCo AR(ルムコエーアール)
「RoomCo AR」は、スマホのカメラで映し出される映像に、有名ブランド家具の3Dデータを実寸大で配置できるアプリ。無印良品やFrancfranc、カリモク家具、ディノス、大塚家具、さらにはお仏壇のはせがわまで、20もの人気ブランドが収録されているので、さまざまなタイプの家具でシミュレーションできます。
今度はこちらのシンプルな部屋で試してみました。

image

image

アプリを立ち上げるとカメラが起動します。右下のソファのマークは家具配置ボタン。ここをタップすると、5000近くものアイテムがズラリと並びます。カテゴリやブランド、価格帯などからも検索ができます。

image

こちらのオシャレなローテーブルを配置してみましょう。

image

実際に配置してみると、ものすごくリアルでビックリ! すぐそこに本物のテーブルがあるかのよう! カメラを持ったまま移動すると回り込めたり、部屋に置いたときの雰囲気がとてもわかりやすいです。

image

ラグマットや棚も置いてみました。見てください、このリアルさ! ソファやカーテンを除くほとんどの家具が3Dデータだなんて、ちょっと驚きですよね。向きや位置の調整は右下のボタンで簡単に行えます。もちろん、張地や塗装色の変更も可能。

image

こちらのスツール、近づいてみると生地の繊維までクッキリ! 「使ってみると、どのあたりが汚れやすいかな」、「遠目から見るとオシャレだけど、近くで見るとあんまりかも…」といった実用的なシミュレーションも行うことができます。

image image

気に入った家具はすぐに購入ができるので、忙しくて色々なお店を見ている時間がないという人にもおすすめです。

世界の高級家具をシミュレーション「Roomle 3D/拡張現実(AR) 家具カタログ」

RoomCo AR(ルムコエーアール)
「Roomle 3D/拡張現実(AR) 家具カタログ」は世界でも人気の家具アプリ。部屋の間取り図の作成からルームプランニング、家具の配置決定や購入までを行うことができるのが特徴です。
まずは部屋の間取りを決めましょう! いくつか候補があがっている中から好きな部屋の形を選んで、部屋の広さを決めます。画面内の数字をタップすれば自由に奥行きなどを変更できます。

image

続いて家具を選びましょう。他のアプリと同じように、家具はカテゴリ分けされています。ハーマンミラーやヴィトラ、カッシーナなどのデザイナーズ家具が取り揃えられているので、なんだかワクワクしてきますね!

image

配置しようとすると、1センチ単位で部屋の余白を教えてくれます! これで家具購入の際に陥りやすい、サイズの測り間違いや配置ミスを防ぐことができますね。

image

こんな感じで配置してみました。

image

立方体のマークの“3D”ボタンをタップすると、作った部屋の3Dデータをすぐに見ることができます。

image

作った部屋は上から俯瞰するだけじゃなく、“歩いている人”のマークをタップすると、実際に部屋の中に入って歩き回ることができます。家具との距離感が掴めて、購入後のイメージも沸きやすくなりますね。
左のコントローラーボタンでは前後左右の移動、右のコントローラーボタンでは視点の移動ができます。

image image

間取り図の中だけではなく、ARを使って憧れの家具を実際に自分の部屋に置いてみることも可能です。高精細グラフィックの3D家具カタログなので、細かいところまで作りこまれていて、まるで本物です。

image image

シミュレーションしてみて気に入った家具が見つかったら、すぐに購入ができます。新しい部屋の間取りを3Dデータに落とし込んでゼロからシミュレーションしたい人にも、今の部屋に新しい家具を追加したい人にも使い勝手の良いアプリです。

image image

家具は金額も高いし、頻繫に買い替えるものでもありませんよね。だからこそ、失敗はしたくないもの。ARアプリを使ってインテリアコーディネートすることで、自分の部屋にぴったりの家具を手軽に見つけることができます。皆さんも気になったアプリがあったら是非お試しください。
【ライター】富士みやこ
昔ながらの日本文化を愛する文系ライター。 好きなものは浮世絵、落語、昭和歌謡、市川崑作品、廃墟、陶器、次郎系ラーメン。

注目記事

【LINE】既読付けずに読む・送信取り消し方法(動画付き)
「スマホが熱い」は危険信号!?発熱の原因と対策
スマホで桜を撮る!ワンランク上の撮影テクニック
意外と知らない!画面の上にあるアイコンは何?
無料Wi-Fiスポットの使い方と利用上の注意
そのスマホ大丈夫!?パターン別ウィルス対策アプリ
かしこい人はアプリで節約。今月ピンチ!を乗り切る節約アプリ5選
こんなに便利になった!Googleマップの最新事情
あなたは大丈夫?スマホのマナー最新常識5選
位置情報ってオンにするべき?オフにするべき?
カフェ好きSNSやインスタで自分好みのカフェ探し
カラダを温める食材とレシピアプリで温活しました!
意外と知らない!?Twitterの検索テクニック
パスワードを忘れた時はChromeのパスワード保存機能が役立つ

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る