メディア個別 ついにTOP8が決定!最速レポート「AKIHABARA KANDAMYOJIN CUP」DAY2 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/08/12

ついにTOP8が決定!最速レポート「AKIHABARA KANDAMYOJIN CUP」DAY2


オフライン予選を勝ち抜いた、総勢54チームの頂点を決める戦い「AKIHABARA KANDAMYOJIN CUP」。その準々決勝が「e Sports Studio AKIBA」にて開催された。実況&解説はリクルート氏&いぇーがー氏、MCは吉田早希氏が務めた。DAY2はプロ候補選手、有名配信者が入り乱れる注目の日となった。

よければこのあとフレックスいきませんか ぺんすけ旅団

両チームとも試合前に関わらずリラックスした様子。準備段階から元気な掛け声が会場に響く。

第3試合:よければこのあとフレックスいきませんか(以下:フレックス)VS ぺんすけ旅団

チーム:フレックス チーム:ぺんすけ旅団
kyu3 Marble96
たいしょうしてい あなた様
ゆにちゃん pensukehaguki
さたーにゃ 卍矢出三卍
DESTRCTION Yun

フレックス VS ぺんすけ旅団(1戦目)

■序盤から激しいキルの取り合い

あなた様選手はトップ側でもガンクをかけるが援護が入りキル獲得までは至らない。

ボットレーンでたいしょうしてい選手の行動制限スキルが口火に集団戦闘が発生。
事前の戦闘でフラッシュを落としていたペんすけ旅団はそのまま戦闘続行せざる得ず、戦力を大幅に失ってしまいます。

kyu3選手の火力が高く、集団戦闘をフレックス側が有利に進めます。

その後の集団戦闘もゆにちゃん選手がトリプルキル、キルスコアが15-10まで差が広がります。

■ぺんすけ旅団が持ち前の集団戦力を発揮

その後、ぺんすけ旅団はバロンを触っているフレックスを2度3度襲撃することで20-19までキル数を挽回。
勢いを掴んだぺんすけ旅団はバロンを撃破。ゴールド差もなくなり有利となったのはペんすけ旅団。トップレーンから人数差を活かした戦闘により差をつけていきます。

■流れを変えるさたーにゃ選手の乱入劇

中盤戦、フレックスのさたーにゃ選手が単騎乱入が功を奏する。ヘルスの減ったぺんすけ旅団を削りきって3-4トレードに成功します。

そんな、さたーにゃ選手に流れを崩されたぺんすけ旅団はネクサスを破壊され1戦目を落とす結果となります。

チーム:フレックス チーム:ぺんすけ旅団

フレックス VS ぺんすけ旅団(2戦目)

トップレーンでkyu3選手がファーストブラッド。その後もミニオンより前に出て相手にファームをとらせません。

■たいしょうしてい選手の恐怖のガンク

たいしょうしてい選手との連携で再びキルを獲得します。

■ボットレーンの戦闘もフレックス有利に進む

トップでもkyu3選手がキルを獲得。バロン攻防戦もフレックスが制し、有利に進めていきます。

■押し引きが見事なフレックス

トップレーンの積極戦闘とガンクを警戒したボットレーンでの立ち回りをみせ、結果フレックスが勝利。これによりフレックスの準決勝進出が決定しました。

チーム:フレックス チーム:ぺんすけ旅団

第3試合:Team Jeanne d’Arc(以下:Jeanne)VS 日本代表

チーム:Jeanne チーム:日本代表
kyp 破門の弟子
ChinaBestTeam ggwp
MIDlaner スタンミジャパン
19歳フリーター Jasper7se
Regaly ふぇにっち
■ストリーマーに注目が集まる

写真左から19歳フリーター選手、吉田早紀氏、破門の弟子選手

立ち見が発生する程、大勢のギャラリーが会場に訪れた。有名配信者で構成された日本代表に特に注目が集まります。

Jeanne VS 日本代表(1戦目)

■初動、Jeanneは5人でジャングルへ

ミドルレーンでの戦闘が回避されると、その後両チームは各レーンに分かれる。
ボットで大きなダメージ交換が発生し、Jeanne側はフラッシュを使ってしまう。

■kyp選手がggwp選手をファーストブラッド

ファーストブラッドを明け渡すもJasper7se選手が連続キル。Jeanneはヘラルドとともにトップレーンを進行、

Jannneはバロン討伐に成功するがその間にkyp選手がスタンミ選手のCCにハマり討ち取られてしまいます。

日本代表が集団戦を仕掛け続けキルスコアをリードし続ける中、Jeanneは勝負を決めるべくタワー破壊に全戦力を注ぎます。kyp選手がマルファイトのアルティメットで破門の弟子選手を撃破。その結果日本代表のインヒビターが2本とも落とされてしまう結果に。

■バロンブッシュから速やかにゲームエンド

日本代表は攻めるもJeanneの守りは固く、退却を余儀なくされる。個別撃破をしている間に、再びJannneにバロンを落とされてしまい、そのバロンバフにより日本代表は敗北を喫してしまいます。

チーム:Jeanne チーム:日本代表

Jeanne VS 日本代表(2戦目)

■ggwpが虎視眈々とレーンを眺めてガンク

破門の弟子選手がつかまりそうになるがロケットジャンプで回避、フラッシュは温存する立ち回り。そんな中、Jasper7se選手がボットでファーストブラッド。
ggwp選手はChinaBestTeam選手に撃破されるも、ジャングルからの強襲で1キルを挽回します。

■Jannneが逆転

ボットレーンでの集団戦を制したJanneはスコアを逆転。
その後、MIDlaner選手のブッシュからの攻撃で集団戦が発生、人数差で勝っていた日本代表だがヘルスを大きく落とし撤退することに。

MIDlaner選手はその好機を見逃さず再びブッシュから1キルを獲得。

■見事な連携をみせるJeanne

まずバロンに触ったのは日本代表だがJeanneの妨害によりスタンミ選手が犠牲に。
被害が大きくないJeanneはそのままバロンを撃破。

バロン前での2度の強襲を受けた日本代表 キルスコア4-11まで差をつけられてしまいます。

■バロン前に待ち伏せ

Jeanneはインビヒターを破壊するもネクサスまでは攻めず、冷静にバロン手前まで戻る。
逆転を狙う日本代表はリスクを取ってバロン破壊に向かうしかなくなってしまいます。日本代表のバロンへの攻撃が開始されるや否や、Jeanneのカウンターが決まります。その結果Jeanneの準決勝進出が決定しました。

チーム:Jeanne チーム:日本代表
2

見事準々決勝を勝ち上がった4チームによる準決勝・決勝は8月11日(日) 神田明神ホールにて開催されます。観覧は無料となっていますので、興味のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

アーカイブはこちらから。
https://youtu.be/rJwo8T06AB0

公式ページ:http://kandamyoujin-cup.com/LOL/


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る