メディア個別 「あ!コインロッカーに預けちゃった……」を防ぐために!事前の仕分けに使える“旅先で持ち歩きたいものリスト” | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/10/08

「あ!コインロッカーに預けちゃった……」を防ぐために!事前の仕分けに使える“旅先で持ち歩きたいものリスト”

待ちに待った旅行。ワクワクしてあれもこれもと荷物を詰めたけれど、いざ持ち歩いてみると重たくて結局コインロッカーの前でゴソゴソ……。「必要なものまでロッカーに預けてしまった!」なんて経験、ありませんか? うっかりミスを防いで効率よく旅行を楽しむには、荷造りのときの仕分けが肝心。というわけで今回は、“旅先で持ち歩きたいものリスト”のアイデアをご紹介します!

旅先で起こりがちなうっかりミス……必要なものまで預けてしまう!?



旅行にでかけたとき、現地で身軽に動くために利用したいのが、コインロッカーやホテルのクロークなどの手荷物預かりサービス。宿泊先と観光スポットが離れている場合には、駅や観光地のコインロッカーに預けることが多いのではないでしょうか。

そんなときありがちなのが、「必要なものまで預けてしまった!」といううっかりミス。とくにロッカーの前で荷物を整理しながら預けるとやってしまいます。取り出そうと思うと料金がかかったり、出発した後は取りに戻るのが難しかったりもしますよね。

旅先でスマートに荷物の管理をするには、事前にしっかりと準備して「当日はこの荷物をサッと預けるだけ♪」という状態にするのがベター! ではどういう風に荷造りしていけばいいのか、国内旅行を想定して、簡単にトライできる考え方を今回はご紹介していきます。

預けるものの他に「必要なもの」と「当日判断するもの」をわけて考える



旅先へ持って行く荷物をリストアップするとき、まずはざっくりと「絶対に必要なもの」「預けることが決まっているもの」「預けるかどうか当日判断するもの」の3つにわけて考えます。

預けるものは主に翌日の着替えやすぐに使わないスーツケースなど。当日判断するものというのは、レインコートや使い捨てカイロといった、その日の天候や気温によって左右されるアイテムですね。

絶対に必要なものとは別に仕分けておくことで、当日預けるときはその荷物だけを見直せばOK! できれば袋やサブバッグにまとめておいて、サッと取り出せるようにするのがおすすめです。

旅先で持ち歩きたいものリスト(一例)



基本となる考え方をまとめたところで、さっそく持ち物リストを作ってみました。これから旅行の予定がある方は、ぜひ一緒にチェックしながら準備していきましょう!

あくまで国内旅行をイメージした一例なので、「もっとこうしたい」という部分があれば、手帳やスマホのメモ帳などを使って自分好みにカスタマイズしてみてくださいね♪

●財布、貴重品
●家や車の鍵
●クレジットカードやICカード類
●各種証明書(免許証、保険証など)
●そのほかチケットや御朱印帳など目的地で使うもの

●スマホなどの携帯端末、ポケットWi-Fi
●充電用バッテリー、コード類
●イヤホン
●カメラ類(本体、バッテリー、SDカード、レンズ、レンズカバーなど)

●常備薬(胃薬、酔い止め、痛み止めなど)
●ばんそうこう、生理用品、日焼け止めなど
●ハンカチ、ティッシュ、ウエットティッシュ

●リップクリーム、口紅など
●メガネ、コンタクト、目薬など(必要な方)

●折りたたみ傘、レインコート
●体温調節用の上着、ストールなど
●メイク直しグッズ

●夏:ハンディファン、汗拭きシート、サングラスなど
●冬:使い捨てカイロ、マスクなど

●ガイドブック
●暇つぶしグッズ

当日は見直しを忘れずに!



預けるかどうか迷うアイテムは、それを持って長時間歩き回っても苦にならないか一度想像してみるのもおすすめです。とくにかさばりやすいものは、預ける前に見直しを行うと荷物を少しでも軽くできるかもしれませんね。

ガイドブックは意外と読む時間がないことも多いので、スマホで必要なページだけ写真を撮るのもひとつの手ですよ♪

スムーズに荷物を預けて身軽に旅行を楽しもう!



今回は、旅先で「使うものまでコインロッカーに預けてしまった!」なんてうっかりミスを防ぐための、事前準備のアイデアをご紹介しました!

荷物が多くなりがちな旅行で、効率よくコインロッカーを利用して時間を有効活用するには、「荷造りの段階でしっかりと必要なものを仕分けておく」のがポイント。ぜひ参考にして、ステキな旅の想い出を作ってくださいね♪

国内旅行にでかけるなら〔楽天トラベル〕をチェック♪

関連記事


マイマガキャンペーン

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る