メディア個別 ウエカラパ!スマホゲームまとめ | 【大人気!黒猫のウィズ攻略 第12回】クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ - スペシャルスキル
攻略情報 2013/12/09

【大人気!黒猫のウィズ攻略 第12回】クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ - スペシャルスキル

黒猫のウィズの精霊たちの持っている2種類のスキルのもうひとつ、スペシャルスキルについて今回は見ていきます。心強いスキルをきちんと理解して、厳しい状況をしのいで逆転を狙いましょう!

 

act12-01

 

スペシャルスキルとは

クイズに正解した数が規定数に達すると発動させることのできるのがスペシャルスキル。アンサースキルと異なり、意図的に発動させないと効力を発揮しません。
スペシャルスキルを発動できるようになった精霊は、左上の属性アイコンがキラキラして、スキル発動待機状態であることを知らせてくれます。

 

act12-02

 

あと何問正解すれば発動できるのかを知るには、その精霊をタップすればOKです。
なお、正解数は連続である必要はなく、かつジャンルに関係なく正解すればカウントされていきます。

 

攻撃型スペシャルスキル

act12-03

 

クエストで最も頻繁に使用すると思われるのがこの攻撃型のアンサースキルでしょう。弱点属性を攻撃して一撃で消し去ったときの爽快感は格別。
敵単体への攻撃と敵全体攻撃の2種類、威力も弱から大まであり、発動に必要な正解数もさまざまです。

 

act12-04 act12-05

 

スキルの名称は細分化されていますが、「スペシャルスキル」の解説に書かれていることが同じであれば、名称が違っても効果は基本的に変わりません。

 

回復型スペシャルスキル

act12-06

 

戦いが長期化してきたときにありがたいのがこの回復型のスキル。アンサースキルでも回復を続けることが可能ですが、やはりスペシャルスキルの回復量の比ではありません。
回復型も攻撃型同様、味方全体と特定属性限定回復、威力の強弱があり、必要な正解数も個別に設定されています。

 

act12-07 act12-08

 

回復のスキルを持つ精霊はデッキコストが若干高めな傾向にあります。基本的に1編成に回復役は1名でいきたいところですが、レベル的にちょっときついなどの場合は2名編成にしてもよいでしょう。

 

補助型スペシャルスキル

act12-09

 

ジャンルパネルを変更する、選択肢を1つ削るといったものがこの補助型の代表的なスキル。
選択肢を削るスキルは効果を重ねることができるため、このスキルを持つ精霊が2名いれば、4択から2択にすることも可能です(助っ人で登場しない限り、そんな編成にすることはありませんが・・・)。

 

act12-10 act12-11

 

ジャンルパネルを変更するスキルは、問題の属性を変えるもので、問題自体は変わりません。ですから、3属性の高難易度問題を1属性に変えても、問題は高難易度のままです。
攻撃遅延系のスキルはトーナメントでは役に立つ機会はなさそうなものの、長期戦用では持っててよかった~、となる両極なスキルといえます。

 

まとめ

黒猫のウィズを楽しむ最大にして唯一の方法は、「お気に入りの精霊をどう使うか」につきます。
その精霊の能力を最大限発揮できるデッキ編成を見つけることができれば、そこを目指して、精霊の強化・進化合成をしていけばいいのです。

 

あとは、天に祈りながらクリスタルガチャを回し、歓喜の絶叫をあげたくなるような精霊があなたのもとに降臨するのを待ちましょう!

 

さ~、行くにゃ!