メディア個別 【今さら聞けないLINEの使い方】⑥無料通話、ビデオ通話を楽しもう! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2016/11/10

【今さら聞けないLINEの使い方】⑥無料通話、ビデオ通話を楽しもう!

HallOfFame_450
   LINEの通話は、通常の電話回線ではなくモバイル通信やWi-Fiを利用して行います。そのため多少のデータ通信量を消費しますが、通話料がかからないんです。今回紹介する「無料通話」は、LINEを利用している人同士で活用できる、まさに知らないと損する機能なんです!  

◆友だち一覧から「無料通話」を選択

   友だちを選択すると以下の画面が表示されるので、希望の通話スタイルを選択。  
image1
   トークを始める時と操作方法が同じなので簡単ですね。  

◆トーク画面から「無料通話」を選択

   トーク画面からも無料通話が可能です。画面右上の「∨」をタップで開くと無料通話が表示されるのでタップで選択。  
image3
   「トーク中に通話に切り替えたい」、「トーク一覧から友だちを探す方が早い」なんて時にはこのやり方がスムーズ。    また、ビデオ通話ではなく無料通話でいいという人は、トーク画面右下の「電話」のマークからでも通話ができます。自分にとって使いやすい方法を覚えておくといいかも。  

◆着信があったら…?

   以下は「無料通話」の着信画面。普段使っている電話と同様に、緑のボタンで会話を開始でき、赤いボタンで通話を拒否することも可能。  
image5
   「ビデオ電話」の場合は、着信があった時点で自分の顔が表示されます。画面下部にある「カメラをオフして応答」を選択すると、相手に顔が見えない状態で通話を始めることもできます。  

◆通話方法を切り替えられる!

   以下は通話中の画面。  
image5
   左側の「マイク」をタップするとマイクをミュートにできます。こちらの音が相手に伝わらない状態になります。    中央の「ビデオ」をタップすると、ビデオ通話に切り替えられます。    右側の「スピーカー」をタップすると、スマホを耳元に当てなくても通話が可能に。忙しくて手が離せない時には便利な機能ですね。いずれのボタンも、緑色になったら機能がオンになります。  

◆通話履歴の確認

   着信や発信の履歴はトーク画面から確認できます。  
image04 image05
   左が着信側、右が発信側です。上から順に、相手が電話に出なかった場合、相手が拒否した場合、相手が応答して通話ができた場合、といったように履歴が残ります。    履歴をタップすることで、電話の掛け直しが可能。トークと通話履歴を一括で確認できます。  

◆複数人でグループ通話もできる!

   1対1の通話だけではなく、参加しているグループメンバーと複数人で無料通話も可能。最大200人が参加できます。トーク画面上部の「電話」マークをタップして「開始」を選択すると…?  
image5
   グループのメンバーに通知が届き、「参加」を選択すると通話に入ることができます。  
image5
   通話画面には、参加しているメンバーのアイコンが並びます。発言中のメンバーの名前が画面に表示されたり、アイコン上に緑色のマークが出現したりするため、誰が話しているのか一目でわかります。  
image5
   LINEを利用している人同士で無料通話ができるのは魅力的。お互いがWi-Fiに接続していれば、通信料を気にせずに気兼ねなく長電話ができるかも。また、毎月の通話料が気になっている人にも嬉しい機能ではないでしょうか。さっそくLINEの無料通話・ビデオ通話を始めてみましょう!    次回は「友だちの名前の変え方」です。お楽しみに★   ※この記事は2016年11月9日現在のものです。    ▼その他、LINEの使い方についてはコチラ!  
machiuke
 
LINE(ライン) – 無料通話・メールアプリ ansinカテゴリ:ソーシャル
もっと見る
 

■関連特集を見る

machiuke
 
machiuke
 
machiuke

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る