メディア個別 世界初!トリプルカメラ搭載の機種も!ドコモ、2018年 夏の最新モデルとAIを活用した新サービスを発表! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/05/17

世界初!トリプルカメラ搭載の機種も!ドコモ、2018年 夏の最新モデルとAIを活用した新サービスを発表!

NTTドコモは5月16日(水)、2018年夏の新サービス・新商品発表会を開催。NTTドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏が登壇し、最新モデルとなるスマートフォンやタブレット、新たなサービスを紹介しました。



image01

最新スマホ 2018年夏モデル

2018年夏モデルはネットワーク、カメラ、オーディオ機能が大きく進化。今季も高品質で多彩なスマホが出そろいました!

image01

◆Xperia™ XZ2

4K HDRに対応した「Xperia XZ2」は「ドルビーアトモス」機能が搭載されていて、映画やゲームの音に合わせてスマホが振動するなど、臨場感あふれる体験が可能に。中でも「Xperia XZ2 Premium」は、Xperia初となるデュアルカメラを搭載。そして、4K HDRの撮影と再生ができるのは世界でこのモデルだけ!


◆Galaxy S9

デュアルカメラを搭載した「Galaxy S9/S9+」は、カメラにこだわりがある人にオススメ。音質にもこだわっていて、「ドルビーアトモス」機能によって迫力のサウンドが楽しめます。また、1枚の写真からアバターを作成してオリジナルのスタンプにできるエンタメ要素もあり。

image01

◆HUAWEI P20 Pro

そして、国内ではドコモ限定発売とされる「HUAWEI P20 Pro」も登場。世界初のLeicaトリプルカメラを搭載していて、カラー、モノクロ、望遠の3つのレンズをシーンによって組み合わせることで鮮やかな撮影が可能に。さらに、AIが19のシーンを認識して、被写体に合った最適な撮影ができます。

image01

このほか、動画の撮影中にもうひとつのカメラで静止画が撮れる「AQUOS R2」やダブルレンズカメラで防水機能が備わった「dtab Compact」、docomo withに対応した新機種「arrows Be」「LG style」、法人向けの「TOUGHBOOK」など、全部でスマートフォンが10種、タブレットが1種発表されました。

docomo Collection 2018 サイトを見る

AIエージェントサービス「my daiz(マイデイズ)」

新サービス「my daiz」は、スマホやタブレットを通してひとり一人の行動や状況を学習し、1日の行動を先読みすることで最適な提案をしてくれるサービス。待ち受け画面に情報を表示したり、音声操作やタッチ操作で問いかけると対話で応えたりします。

image01

例えば、ドコモが提供するサービスと連携してコンテンツや商品の検索、飲食店やタクシーの予約、お買い物の相談をするなど便利な使い方がいっぱい!

image01

「my daiz」は、天気・交通・アラーム・グルメ・おでかけ情報など、日常生活に関する基本コンテンツが無料で利用できます。天候や交通情報に合わせたアラームの設定や、帰宅時間に合わせた傘のリマインドなど、行動を先読みして通知する機能は月額100円(税抜)で提供。iコンシェルを利用している人は、料金は変わらず「my daiz/iコンシェル(月額コース)」となります。


「my daiz」は2018年5月30日(水)に提供開始予定。サービスの詳細と便利な使い方は、動画や公式サイトで確認できます。

my daiz(マイデイズ):公式サイト サイトを見る

dポイントによるポイント投資サービス

株式会社お金のデザインとの提携によって、dポイントを利用した投資体験ができる「ポイント投資」サービスの提供がスタート。口座開設や本人確認書類の提出などの手続きが不要で、dポイントクラブアプリWEBから簡単に投資体験ができます。

image01

運用コースは、高いリターンをめざす「アクティブコース」、安定したリターンをめざす「バランスコース」の2種類。dポイントを運用ポイントに交換することで運用を開始でき、原則24時間365日、お好きなタイミングでdポイントとして引き出すことができます。

image01

dポイントクラブ会員なら、100ポイントから運用が始められるこのサービス。現在、2018年8月31日(金)までに運用を開始すると、もれなくdポイント100ptがもらえるキャンペーンを実施中です!

ポイント投資:公式サイト サイトを見る

ロボアドバイザーによるおまかせ資産運用「THEO+ docomo(テオプラスドコモ)」

同じく株式会社お金のデザインとの提携により、ロボアドバイザーによる自動運用で少額から資産運用ができるサービス「THEO+ docomo」の提供も開始しました。

image01

「THEO+ docomo」の公式サイトで「年齢」「毎月の貯金額」など5つの質問に答えると、ロボアドバイザーがその人に合った最適な資産運用方針を提案し、お金を預け入れるだけで自動的に運用を行ってくれるサービス。1万円からスタートできて、運用額に応じてdポイントが貯まるのも特徴です。

image01

dカードを設定すれば、毎月カード決済した金額の端数を「おつり」に見立てて積み立てることも可能。例えば、500円を基準額として設定して、dカードで350円の買い物をした場合、差額の150円を「おつり」として積み立てて運用することができます。なお、おつり積み立て機能は2018年7月に開始予定。その他詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。

THEO+ docomo:公式サイト サイトを見る

■関連アプリを見る





■関連特集を見る

machiuke

machiuke

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る