メディア個別 SUUMOが「住みたい街ランキング2019 関東版」を発表!あなたの街は何位? | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/03/01

SUUMOが「住みたい街ランキング2019 関東版」を発表!あなたの街は何位?

リクルート住まいカンパニーでは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県の関東圏にに居住している20歳~49歳の7,000人を対象に実施した「住みたい街ランキング2019 関東版」を発表しました。



image

住みたい街(駅)ランキング <総合>


image

総合ランキングの結果は1位「横浜」、2位「恵比寿」、3位「吉祥寺」となり、なんと前年と同じ順位に! 今年も横浜が吉祥寺と恵比寿を抑えて1位を堅持しました。TOP10には、東京都から5駅、神奈川県から3駅、埼玉県から2駅がランクインしています。

1位の「横浜」は交通の利便性が高いことからも人気を集めています。みなとみらい、ランドマークタワー、横浜赤レンガ倉庫など、近隣に商業施設がたくさんあるのも魅力ですよね。2位の「恵比寿」はアクセスの良さはもちろん、治安が良い街としても知られていて女性からの人気が高い駅。3位の「吉祥寺」は都心に近いにもかかわらず、自然が豊かなのも支持されるポイント。交通の便の良さや商業施設が充実しているのも人気の理由です。

穴場だと思う街(駅)ランキング


image

穴場だと思う街(駅)ランキングは1位「北千住」、2位「赤羽」、3位「和光市」。穴場だと思う上位の街に共通していえるのは、交通や生活の利便性が高いのに、家賃や物価が割安であること。

1位の「北千住」は5本の路線が走っていて、都心に勤める人も住みやすい立地。2位の「赤羽」は北の玄関口としても知られていますよね。そして「和光市」は、東京メトロ副都心線の開通や他の沿線との相互乗り入れで、始発に乗ってどこにでも行けるのが魅力。

住みたい自治体ランキング<総合>


image

住みたい自治体ランキングにおいて4年連続で1位に輝いた「港区」。都内屈指のビジネスタウン、歓楽街を通する一方、自然を感じられるスポットが点在していることや、出産や育児のバックアップ制度が心強いのも人気の理由です。2位の「世田谷区」には二子玉川、三軒茶屋、成城学園といった人気タウンが点在。待機児童問題の解決も進められています。自治体を選ぶ際は、利便性の高さ、住居コスト、住環境やサービスなど、さまざまなこだわりを見ている人が多いようです。

毎年発表されている「住みたい街ランキング」。以下の公式サイトから結果が見られるので、自分が住んでいる街の順位をチェックしてみましょう!

「SUUMO住みたい街ランキング2019」公式サイト サイトを見る

不適切なコンテンツとして報告する

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る