メディア個別 定番の夏うたといえば?暑い日に聴きたいサマーソングはコレ! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/08/08

定番の夏うたといえば?暑い日に聴きたいサマーソングはコレ!

肌が焼けるような強い日差し、太陽にきらめく真っ青な海、どこからか聞こえるセミの声、そして夏祭りに打ち上げ花火。夏は心が躍るようなわくわくする出来事がいっぱい! そんな中、風を感じながら海岸をドライブしたり、ジリジリと照りつける太陽の下で肌が小麦色になるほど遊んだり。ときには、燃えるような恋をすることもあるはず。



image01


そんな楽しい日常にさらなるスパイスをくれるのが、サマーソング! 疾走感あるアップテンポな音楽から、恋の切なさをさわやかに歌ったものまで、さまざまな曲がありますよね。そこで、編集部が夏に聴きたいうたをピックアップ! 以下の選定方法で、年代別のオススメ楽曲を紹介します。

夏うたとは?

 夏に聴きたい定番ソング

 20代から50代にオススメ

 カラオケやドライブにぴったり


80年代の懐メロや90年代の名曲、最新邦楽を聴きながら、どこよりもアツい日々を過ごしちゃいましょう!

20代:祭りに花火!気分が上がるサマーソング!


image01

◆あいみょん「マリーゴールド」(2018年)

一途な恋心を歌った夏のラブソング。レコチョクが発表した2019年上半期の再生回数ランキングで1位を獲得した大ヒット曲。

◆DAOKO×米津玄師「打上花火」(2017年)

儚げなメロディとともに紡がれるのは、この思い出が花火のようにパッと咲いては消えていくのでは?という不安。誰もが抱えたことのある心情に共感すること必至。

◆White Berry「夏祭り」(2000年)

カラオケでも超定番。人気バンド「ジッタリンジン」のカバー曲としても知られる、夏祭りの恋を歌ったヒットソング。

◆浜崎あゆみ「Greatful days」(2003年)

軽快なメロディと歌詞の明るい世界観に惹かれる一曲。悲しいことがあったからといって、楽しむことを忘れないでというメッセージも込められている。

30代:青春時代を思い出す鉄板ソング


image01

◆ゆず「夏色」(1998年)

夏を一気に駆け抜けるような疾走感と、さわやかな青春らしさを感じられる名曲。自転車に乗ると、つい口ずさみたくなる!?

◆サザンオールスターズ「波乗りジョニー」(2001年)

アップテンポなメロディでありながらも、歌詞に注目すると切ないストーリーに気づかされる、夏の恋を歌った名曲。

◆JUDY AND MARY「Over Drive」(1995年)

さわやかな夏空の下でドライブをするならこの楽曲は外せない! バンド解散前のラストソングとしても知られるとんでもない名曲でもあり、夏うたとしても大人気。

◆TM Revolution「HOT LIMIT」(1998年)

夏の恋心を刺激する爆発的サマーソング。低音の効いたサウンドは、ドライブのBGMにもぴったり!

◆PUFFY「渚にまつわるエトセトラ」(1997年)

はじけるようなリズムとインパクト抜群の歌詞で夏へ連れていってくれる一曲。どこかエキゾチックな雰囲気も感じられ、夏の楽しさを掻き立ててくれる。

次のページ 40代~50代:色あせることのない名曲
  • 1
  • 2

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る