メディア個別 150円でレンタルできるスマホ充電器チャージスポット、その驚きの活用法! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/11/15

150円でレンタルできるスマホ充電器チャージスポット、その驚きの活用法!

外出先でスマホの電池が切れそうになってしまったこと、ありませんか? 友だちとの待ち合わせ時や、慣れない土地にいるときにバッテリーがなくなると、連絡がとれず地図アプリも使えずで、かなり不便な思いをしてしまいますよね。スマホに頼った生活をしているこの時代、電池がなくなるのは大痛手……!



image

実は今、外出先で手軽に充電できる「ChargeSPOT(チャージスポット)」というサービスが話題になっているんです。全国の飲食店やコンビニなどに設置されているモバイルバッテリーを借りて、充電が終わったら好きなところに返却。モバイルバッテリーを持ち歩かなくても手軽にシェアできるとあって注目を集めています。そんな「チャージスポット」は、どうやって使うでしょうか……?

チャージスポットのここが魅力!

 街のいたるところに設置されている

 移動しながら充電して好きな場所に返却

 登録や手続きが簡単


「チャージスポット」アプリのインストールと使い方


「チャージスポット」を利用するには専用アプリが必要なので、前もってスマホにインストールしておきましょう。

Androidの人はコチラから⇒GooglePlay
iPhoneの人はコチラから⇒AppStore

image

初回起動時は、携帯番号と認証コードを入力してログイン。すぐにアプリを利用できて、マップ上からチャージ機器が設置されている場所を探せます。バッテリーが設置されている店舗にはピンが刺してあり、タップするとお店の住所や営業時間のほかに「貸出可」「返却可」となっているバッテリー数も確認できます。

image

新宿駅付近でアプリを開いてみたところ、驚くほどたくさんのお店に設置されていることが判明! ドコモショップ、飲食店、カラオケ店、郵便局など、とにかくいろんな場所で借りられるみたい。

実際に「チャージスポット」を利用してみた!


新宿で「ポケモンGO」を遊んでいたら、電池残量が30%を切ってしまったため、実際に近くの店舗へ行ってレンタルすることに。近くのドコモショップへ行ってみると入り口付近で発見! 機械の高さが150cmくらいあったので一目でわかりました。使い方が不安な人のために、説明書が置かれているのも親切。

image

QRコードをスキャンしてレンタル

借りるには、アプリ内の「QRスキャンして借りる」をタップして、機器の画面内にあるQRコードを読み取ります。そして決済の確認がとれたその瞬間、機械の側面からモバイルバッテリーが出てきました! まるでトースターからパンが飛び出したみたい。ちなみに、決済方法はクレジットカードのほか「ドコモ払い」などに対応しています。

image

初めてのレンタルにもかかわらず、ショップに来てから1分も経たずしてバッテリーが手元に。本体には「micro USB」「USB Type-C」「Lightning」の3種類のケーブルがついているので、Android/iPhoneともに接続できます。しかもバッテリーは手のひらサイズで、重量はたったの130g。スマホよりも軽いためバッグに入れて持ち歩いても気にならない!

image

移動しながら充電スタート

あとは必要な分だけ充電するのみ! アプリの画面には経過時間とそれに応じた金額が表示されています。

image

カフェでひと息つきながらスマホ画面に目をやると、1時間の充電で20%だったバッテリー残量が80%にまで復活。その後、1時間半が経過する頃に100%になりました。端末によって差があるとは思いますが、これだけ速く充電できるのはありがたい!

image

バッテリーを好きな場所へ返却

充電完了後、再び「ポケモンGO」をプレイしたので新宿駅付近から1kmほど移動しましたが、それでも返却場所がいっぱい! アプリで「チャージスポット」の返却可能な場所を見てみると、近くの飲食店が対象になっていたので立ち寄ることに。

image

返却方法は、バッテリーをスタンドの側面に差し込むだけ! ランプが青く点灯したら完了の合図です。アプリの画面を見てみると、「レンタルが終了しました」と表示されるはず。アプリでの手続きは不要なのでとてもスムーズに返却できます。

image

利用して気づいたサービスの魅力


「チャージスポット」は街中で自転車を借りられる「レンタサイクル」のように、必要なときにだけ使える手軽さがいいですね。うっかり充電をし忘れたときや、外出先で思いのほかスマホを使いすぎたときの救世主となるので、まだ使ったことのない人にはぜひ教えてあげたいツールです。

image

バッテリー容量は5000mAh。最新のAndroidは3000mAh~4000mAhを内蔵しているので、スマホを1回フル充電してもまだ少し余裕があります。レンタル中にバッテリーを使いきってしまったら、コンセントから再充電して使用することも可能。

ひとつだけ気をつけるとしたら、店舗へ行く前にアプリ内でカード情報やドコモ払いなど、決済方法を指定しておくとよりスムーズにレンタルできます。筆者は後ろにひとが並んでいる中、決済の選択で手こずって少し気まずい思いをしてしまいました……。でも準備さえできていれば難しい操作はないので、初めてでも安心して借りられますよ!

気になる利用料金は……?


チャージスポットの利用料金

 最初の1時間は150円(税抜)

 48時間以内まで300円(税抜)

 48時間以降は2,280円(税抜)でバッテリー返却は不要


image

レンタルできるのが48時間以内ということは、2日間充電し放題で300円ということ! 電池が満タンとまではいかなくとも、少しの充電で足りる場合は1時間の利用がオススメ。また、友だちと一緒に借りてコストを抑えるのも賢い使い方かもしれません。ただし、48時間を超えると買い取り扱いとなってしまうため、くれぐれも返し忘れにはご注意を!

この頃、設置台数が格段に増えて利便性が向上している「チャージスポット」。このサービスを活用すれば、これからは外出先で電池の減りを気にする心配もなし。あとから困らないように、アプリを備えておくことをオススメします!

ChargeSPOT チャージスポット appli_icon
DLbotan1 DLbotan2

バッテリーを節約するならこのアプリもチェック




マイマガキャンペーン

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る