メディア個別 令和元年最後の天体ショー!不思議な太陽が日本の上空に現れる!?”日食”まもなく! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/12/20

令和元年最後の天体ショー!不思議な太陽が日本の上空に現れる!?”日食”まもなく!

2019年12月26日(木)に、部分日食が日本各地で観測されます。まるで三日月のように形が欠けている太陽には天体の不思議を感じるはず。一部の国では金環日食が起こる予想のため、世界中の天体ファンが注目している一大イベントです。

 
image

部分日食ってなに?


日食とは月が太陽の前を横切るために、太陽の一部が隠されて欠けてみえる現象のことを指します。今回観測できるのは太陽の一部分が隠されて三日月のように見える”部分日食”。 観測する地点によって月に隠れる部分が異なり、太陽の形が変化するのが日食の面白いポイントです。自分の住んでいる場所と他の地点の見え方の違いを写真などで比較すると面白いですよ。

image

2019年12月、部分日食の見ごろはいつ?


太陽が欠け始めるのは、2019年12月26日(木)の14時ごろ。およそ1時間半ほどかけて、じわじわと太陽の形が変化していきます。一番変化が大きくなるのは、大体15時30分前後。 地域により最大5分ほどの差はありますが、上記の時間を目安にスタンバイすれば太陽が変化する様子を観測できるはず。
くれぐれも太陽を観察する時は専用のグラスをお忘れなく!

ビクセン 「数量限定」日食グラスKAGAYAデザイン(12星座 夏) ニッショクグラスKAGAYA12セイサdショッピング
ヒートループ(R)DX ぬくぬくマルチケット 706290 dショッピング
オンパックス 極熱カイロ (30枚入*2コセット) dショッピング

天体観測に役立つアプリ






アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る