メディア個別 常識クイズ!おせち料理の黒豆や伊達巻にはどんな意味があるか知ってる? | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/12/26

常識クイズ!おせち料理の黒豆や伊達巻にはどんな意味があるか知ってる?

おせち料理といえば、お正月になると食べるおめでたい料理。歴史をさかのぼると、おせち料理は奈良時代から平安時代の頃、宮中行事として執り行われていたように、古くからある風習なんです。本格的に広まったのは江戸時代といわれていますが、これだけ長く続いている文化だなんて驚きですね!



image

そんなおせち料理の具材には、それぞれ「食べる意味」があること、知っていました? おせちを食べる前に、その謂れを知っておきましょう!

【問題】おせち料理の黒豆、伊達巻、海老などに込められた意味とは?

image

正解がわかったら「こたえをみる」ボタンをタップ! ヒントはそれぞれに縁起のいい意味合いがあることです。


こたえをみる

【こたえ】

■黒豆
勤勉に働くことや健康で丈夫に過ごせるようにと願いが込められています。

■伊達巻
書物に似ていることから、知識が増えることを願った縁起物です。

■海老
海老のように、背中が丸くなるまで長生きできるよう願いが込められています。

image

ほかの料理に込められている意味も一緒に知っておきましょう!

■栗きんとん
きんとんは「金団」と書かれること、黄金色の財宝に例えられることから、金運アップを願った料理とされています。

■紅白かまぼこ
かまぼこの赤は喜び、白は神聖の意味を持っています。

■紅白なます
水引をかたどっていることから、平和を願った食べ物。

■数の子
数の子とはニシンの卵。二親からたくさんの子が出るという言葉をかけて、子孫繁栄を願った縁起物です。

■ブリ
ブリは大きさによって名前が変わる出世魚なので、出世を願って食べられます。

■蓮根
蓮根に穴が開いていることから、先々の見通しが効くことを祈ったもの。



このように、さまざまな願いが込められているおせち料理。お正月にこれを食べれば、2020年はいいことがたくさん舞い込んでくるかも!? 自宅で作るならレシピアプリを参考にしてみましょう♪

レシピアプリでおせち料理を検索!





アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る