メディア個別 【LINE】Androidに続きiOS版でもダークモード搭載! バッテリー節約&目に優しいデザイン | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/01/08

【LINE】Androidに続きiOS版でもダークモード搭載! バッテリー節約&目に優しいデザイン

暗い中でLINEを使っている時、「画面がまぶしい」と感じたことはありませんか? そんなiPhoneユーザーに朗報! 2020年1月6日(月)のアップデートで、iOS版のLINEに「ダークモード」が搭載されました。

 
image

「ダークモード」とは黒を基調とした外観に変更できる機能で、今回のアップデートではiPhone本体の設定に連動してLINEのデザインが変更されます。夜、ベッドの中でLINEを触る時間が長い人や、少しでもバッテリーを長持ちさせたい人は設定を変えてみてはいかがでしょうか?

iOS版LINEの「ダークモード」設定方法


初めにLINEの最新バージョン「9.19.0」になっているかを確認しましょう。「App Store」を開いて右上のアイコンをタップすると最新版にアップデートできます。

image01

LINEアプリが最新版になっていることを確認できたら、さっそく設定スタート!
まずはホーム画面から「設定」へ→「画面表示と明るさ」を選択。

image04  image05

「外観モード」からダークを選びます。

image01

以上で設定は完了! 
なお、LINEの「ダークモード」を設定するためには、iOS 13以上へのアップデートが必須です。使っているiPhoneが最新かを確かめるには、「設定>一般>ソフトウェア・アップデート」の手順で確認できます。

ダークモードにするとこんなメリットが!


「ダークモード」とは、下の画像のようにメインカラーが黒、文字色が白のデザインに変更できる機能のこと。背景が黒のため、夜間や照明の暗い部屋でも画面のまぶしさを感じずに快適な操作が叶います。

image01

さらに嬉しいのが、「ダークモード」に設定するだけでバッテリー消費を抑える効果も期待できる点。これはディスプレイが黒を表示する際に発光しないため、省電力に繋がっているようです。 よくスマホを触る人こそ「ダークモード」へ変更をして、快適にLINEを使いましょう。

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る