メディア個別 願いが叶う!?2020年初の月食が日本上空に現れる! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/01/09

願いが叶う!?2020年初の月食が日本上空に現れる!

2020年1月11日(土)は、今年初となる月食が観測されます。今年一年では観測のチャンスが3回しかないうえに、今回を見逃してしまうと次は6月6日(土)までお預け……! 2020年、第一回目の月食は新年の記念にぜひ見ておきたいですね。

 
image

2020年1月11日に現れるのは「半影月食」!


月食といえば、月が地球の影の中を通過することで起きる月の満ち欠けのこと。今年観測できる月食はどれも「半影月食」といって、月の一部が半影に入った状態になります。影が薄いため注意深く観察する必要がありますが、天体マニアにとっては見逃せないイベントのひとつ。

image

また、月食にはこんな面白い言われも。西洋占星術では、月食は「新たな始まり」を意味します。過去に起きた辛い出来事や感情を月が浄化して、新しい道を進む背中を押してくれるのだとか。今年初めての月食に願掛けをすれば、不思議なパワーを感じるかも⁉

image

2020年1月、見ごろは何時ごろ?


月に影がかかり始めるのは1月11日(土)の午前2時ごろ。ゆっくりと影を伸ばし、月食のピークは午前4時過ぎごろになる予想です。「深夜だから見られないかも」と思っている人もご安心を。月食は6時10分ごろまで続くため、早起きをすればラストスパートを観測することもできますよ。空を眺める際にはカメラや防寒具、望遠鏡を準備して、視界の開けた場所で月を観察しましょう。

レイメイ藤井 天体望遠鏡「RXA175」(屈折式) RXA175 【返品種別A】 dショッピング
ヒートループ(R)DX ぬくぬくマルチケット 706290 dショッピング
オンパックス 極熱カイロ (30枚入*2コセット) dショッピング

天体観測に役立つアプリ






アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る