メディア個別 太陽が欠ける様子を見よう!21日(日)は部分日食 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/06/20

太陽が欠ける様子を見よう!21日(日)は部分日食

地球と太陽の間に月が入り、太陽が欠けて見える日食。21日(日)、アフリカからアジアにかけてこの日食が見られます。日本では夕方に北海道から沖縄まで、全国でこの日食が見られるチャンス! 早速地域ごとの見え方と時間をご紹介しましょう。



image


2020年6月21日の日食のようす

南部と北部での見え方を比較してみると、南部ほど早い時間に始まり、より大きく欠け、より長い時間観察することが可能です。

image01

那覇では太陽の80%近くが隠れ、約2時間半もの間見られるの対し、札幌では20%程度しか欠けず、1時間半くらいで終了してしまうなど、地域により見え方の差があります。

主要都市の部分日食をまとまると以下のとおり。
  • 札幌: 
    日食の開始 16:12ころ
    日食の最大 17:00ころ
    日食の終了 17:45ころ

  • 仙台: 
    日食の開始 16:12ころ
    日食の最大 17:07ころ
    日食の終了 17:57ころ

  • 東京: 
    日食の開始 16:11ころ
    日食の最大 17:10ころ
    日食の終了 18:03ころ

  • 名古屋: 
    日食の開始 16:08ころ
    日食の最大 17:10ころ
    日食の終了 18:06ころ

  • 大阪: 
    日食の開始 16:06ころ
    日食の最大 17:10ころ
    日食の終了 18:07ころ

  • 福岡: 
    日食の開始 15:59ころ
    日食の最大 17:09ころ
    日食の終了 18:11ころ

  • 那覇: 
    日食の開始 15:20ころ
    日食の最大 17:16ころ
    日食の終了 18:23ころ



日食を見るときの注意点

太陽を肉眼で直接見ると目を傷めてしまう恐れがあります。望遠鏡を使ったり、サングラスをかけたり、色付き下敷きをかざすなどの方法も絶対にやめましょう。日食専用のグラスや遮光板を使うといった専用の対策をとって、安全な観測をしてくださいね。

image01

気象庁発表の天気予報では、21日は沖縄では天気が下り坂、関東は雲が多いものの、それ以外は晴れ間もありそう。
次に日本で日食が見られるのは2023年4月20日ですがこれは一部地域限定、全国で見られるのは10年後の2030年6月1日です。めったにないチャンスですから、時間のある人はぜひ奇跡の天体ショーをご覧ください。



■関連特集を見る

machiuke

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る