メディア個別 10代のLINE利用率は93%!70代でも46%が利用 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/07/03

10代のLINE利用率は93%!70代でも46%が利用

NTTドコモは、企業内研究所であるモバイル社会研究所のSNS利用動向についての調査レポート「2020年一般向けモバイル動向調査を発表。それによると、LINEの利用率が全年齢をとおして72.6%と他のSNSと比べ圧倒的に多いことがわかりました。



image01

LINEは全世代で高い利用率

今回の調査結果は、2020年1月に全国の15~79歳の男女を対象にLINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの利用率を年代ごとにまとめたもの。その結果を見ると、LINEは72.6%の人が利用し、2位のTwitterの36.4%を倍近く引き離していることが判明。

image


年代別に詳しく見ていくと、LINEは10代で93.6%、20代で89.2%と減少傾向にはあるものの、70代でも46.2%が利用しているなど安定した人気を獲得していることがわかります。
また、TwitterとInstagramのグラフがきれいに同じ曲線を描いているというのも興味深いところ。Twitterが年代ごとに下降傾向にあるのに対し、Facebookは全世代で20~30%の利用率で安定。この差はTwitterとFacebookの利用目的が異なるからかもしれません。

近年人気の高いTikTokは、10代ではFacebookをしのぐほどの人気ですが、20代から一気に利用率が減っていることから、若年層中心なのが見て取れます。

image01


年代別SNS利用率の傾向

・10代、20代のLINE利用率は89%以上、70代でも46%と利用率は高め。

・TwitterとInstagramは30代で減少傾向に。

・TikTokは10代で20%を超えるも、20代に入ると6%と激減。


2019年7月の調査結果では、LINEの利用率は66.8%、70代が34.5%となっているため、1年でそれぞれ10%以上の増加に。おもしろいのは、TwitterとInstagramもそれぞれ増加傾向にあるにもかかわらず、Facebookの利用率は26.4%で1年前とほとんど変わらない点。

多様なSNSが登場し、私たちは膨大な情報の中で暮らしています。自分の生活スタイルに合ったSNSを利用して、欲しい情報を入手し、楽しく充実した生活を送りたいですね。

モバイル社会研究所 公式サイト サイトを見る


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る