メディア個別 ドラマ「半沢直樹」SNSでも大流行!またまた飛び出す名言・格言・金言集!! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/08/01

ドラマ「半沢直樹」SNSでも大流行!またまた飛び出す名言・格言・金言集!!

「倍返しだ!」2013年、あの名台詞を生んだドラマ「半沢直樹」がついに帰ってきた!7月19日にスタートした2020年版「半沢直樹」は、第一話を放送するやいなや即ブレイク!リアルタイム視聴率22.0%、総合視聴率33.0%を叩き出す勢いを見せている(関東地区/ビデオリサーチ調べ)。


image
<日曜劇場「半沢直樹」公式サイトより>

物語は、前作のラストで半沢直樹(堺雅人さん)が衝撃の子会社出向を受けたその後を描くもの。縦社会である組織の中で不義理を働く上司に対して正義の鉄槌を食らわせる。自分の信念を曲げない半沢は健在。しかしながら、最終的に敵をギャフンと言わせるまでの道のりは遠く、まだ始まったばかりのドラマでは「敵のターン」が多いのが現状です。

SNSでも大盛り上がり!毎週飛び出す名台詞


そんなバチバチのやりあいの中、飛び出すのが個性豊かなキャラクターが発する名台詞!前作で流行語大賞にまでなった半沢の「倍返しだ!」はあまりにも有名ですが、今回もそれに負けじと劣らず胸アツの(そして爆笑の)名言、格言、金言が飛び出しまくってる!

◆大和田 常務


画像名

「施されたら施し返す……恩返しです!」(第一話)

大和田 常務(香川照之さん)が中野渡 頭取(北大路欣也さん)を前にして忠誠の意を示した言葉。もちろん半沢の決め台詞「倍返しだ!」を意識しての言葉なんだけど……なんだか大和田 常務がとてもいい人に見える(笑)。

<SNSでの反応>
・初回から名言キター!
・倍返しVS恩返しの戦い?
・大和田さんめちゃくちゃ面白い
・今年の流行語狙えるか?

「君はもう、おしまいです。お・し・ま・い・DEATH!」(第二話)

半沢直樹と大和田 常務が東京中央銀行の大階段ですれ違ったときに発した台詞。最初は淡々と静かに語り掛け、そのまま半沢を追い越していくかと思いきや……もう一度戻って、目の前で首をかっきるポーズと一緒に「お・し・ま・い・DEATH!」デスの発音がやたらと良いのもあり、ネット上では大爆笑の渦に!

<SNSでの反応>
・腹かかえて笑った
・これはやりすぎ(笑)
・thの発音が完璧ですね
・目の前にして笑わなかった堺さんすごすぎ

「お前なんかと誰が手を組むか!死んでもヤだねー!!」(第四話)

半沢に共闘を持ち掛けられた大和田が感情むき出しになって吠えるシーン。啖呵を切ったあと車で去るが、その後思いとどまって引き返してくる。起死回生のネタを持つという半沢との丁々発止は手に汗握る展開に!

<SNSでの反応>
・大和田面白すぎ
・半沢VS大和田の対決が一番好き
・すぐ引き返してきて歩み寄る大和田(笑)
・夢のタッグ戦、キター!

◆伊佐山 証券営業部長


画像名

「詫びろ詫びろ詫びろ詫びろ…(8連発後)はんじゃわー!(半沢)」(第二話)

半沢に計画を潰され、激怒した伊佐山(市川猿之助さん)が叫ぶ。半沢の目の前でまずは口パクで(詫びろ)とポーズ。そのあと「聞こえない?詫びろ、詫びろ、詫びろ……!」とまさかの8連発で怒り狂う。

<SNSでの反応>
・頭の中でこだまするから(笑)
・伊佐山の顔芸がクセになる
・半沢よくひるまないな
・二話にしてこのテンションはヤバい

「お前の負けえぇぇぇ!(ガチャ切り)」(第三話)

第三話ではあまり登場シーンが多くなかった伊佐山だが、その存在感はしっかりとアピール。半沢の携帯が鳴り響き、出てみるとそれは伊佐山からだった。東京中央銀行が潤沢な資金を用意して戦いを挑むと宣言後、半沢の耳元でフルMAXで怒声!そして電話をいきなりガチャ切り。どんだけうっぷんを晴らしたいのやら(笑)。

<SNSでの反応>
・伊佐山、一方的にしゃべって切ったぞ
・憎さ通り越して笑いがこみあげる
・負けるな半沢!って応援したくなるね
・このあとの伊佐山の行動が衝撃的すぎた

「下らん土下座のせいだ!…土下座野郎!」(第四話)

大和田とつながっていたと思われた伊佐山がまさかの裏切り!すべては自分の保身のために動いていた伊佐山が、大和田の前でその本心をさらけ出す。前作で半沢に土下座をさせられた大和田の姿を見たときから、伊佐山の計画は始まっていたのだ。

<SNSでの反応>
・シリアスな展開の最後にパワーワード
・思わずお茶噴き出した
・伊佐山のほうがさらに上手だったか

「まことに…あい…すみませんでしたぁ……」(第四話)

そして四話のクライマックスで、ついに伊佐山は半沢の倍返しにあう!粉飾決算を見抜けなかったことを追求され、目に涙を浮かべながらがっくりと膝を折る伊佐山。怒りと悔しさでぶるぶると震えながら、絞り出した謝罪の言葉に全国の視聴者はスカッとしたこと間違いなし!

<SNSでの反応>
・ついに伊佐山を屈服させた瞬間!
・ここまでロジック積み上げる半沢すごすぎ
・猿之助さんの演技がもろ歌舞伎(笑)
・この瞬間のために見続けてきた!

◆黒崎 証券取引等監視委員会 総括検査官


画像名

「直樹がね ネットでおちおちかくれんぼ どんなに上手に隠れても♪」(第三話)

東京セントラル証券に抜き打ちの監査が入る。そこに登場するはオネエ言葉を使う総括検査官の黒崎(片岡 愛之助さん)!半沢がとっさにパソコンに隠した極秘資料を徹底的に解析し、そのデータを見つけ出そうとするときに口ずさんだ歌がこちら。ネット上では黒崎が半沢を名前で呼び捨てにしたことに大興奮!

<SNSでの反応>
・直樹って名前で呼ぶの最高(笑)
・二人がめちゃ仲良しに見える
・片岡さんの百面相はさすがの演技力
・黒崎、役職変わってまで半沢追っかけてきた

◆三笠 副頭取


画像名

「それに比べて伊佐山くん、君はなんだ?…全責任は君にある!」(第四話)

東京中央銀行の副頭取、三笠(古田新太さん)が発した言葉。部下・伊佐山の失態が明るみに出るやいなや、瞬時に切り捨てるその身代わりの早さには視聴者も驚きを通り越してあきれ顔に。もちろんこのあと逃げ切れるはずもなく、半沢にとどめを刺されて自分も失脚することになる。身から出たサビとはこのことか。

<SNSでの反応>
・一瞬で伊佐山に牙を向くその判断が怖い
・伊佐山の驚きの表情と三笠の無表情が対照的
・これで逃げ切れると思うなよ!
・追いつめられて絶望するまでの演技、さすが古田さん

◆中野渡 頭取


画像名

「どんな場所であっても、また大銀行の看板を失っても輝く人材こそ本物だ」(第四話)

伊佐山と三笠の一件がすべて暴露されたあと、東京中央銀行頭取の中野渡(北大路欣也さん)が述べた感想。子会社に飛ばされても決して腐ることなく、親会社相手だろうと一歩もひるまずに信念を突き通す半沢に向けられたねぎらいの言葉。一方で、これから電脳雑技集団に左遷を命じられる伊佐山、三笠の両人に対してのメッセージでもある。

<SNSでの反応>
・最後、頭取が綺麗にまとめた
・激しい応酬にやや引き気味な頭取がかわいい
・やっぱり頭取あっての東京中央銀行だよな~
・後編では頭取のさらなる活躍に期待したい

◆半沢花


画像名

「直樹が頑張ってたのは分かってる。どんな辞令が出ようと、堂々と帰ってきてよね」(第四話)

半沢の妻、花(上戸彩さん)が決戦の日の朝にかけた言葉。ひりつくような戦場に向かう夫に対してエールと、そして戻ってくる場所を用意して待っている。なんとも気持ちのこもった優しい言葉だ。

<SNSでの反応>
・花さんの言葉に救われる
・このドラマ唯一のオアシス
・さりげなく応援してるのがいい
・半沢が帰ってきたときの辞令聞いたときってどんなリアクションだったんだろ(笑)

◆半沢直樹


「大事なのは感謝と恩返しだ。その2つを忘れた未来は、ただの独りよがりの絵空事だ」(第三話)

部下の森山(賀来賢人さん)に電話で指示をしたときの言葉。このあと「これまでの出会いと出来事に感謝をし、その恩返しのつもりで仕事をする。そうすれば、必ず明るい未来が拓けるはずだ」と諭す。誠実に、そして実直に仕事と向き合う半沢ならではの格言といえよう。

<SNSでの反応>
・半沢の言葉が身に染みる
・来週さっそく部下に使ってみるか
・大和田常務も第一話で恩返しっていってるよね
・倍返し以上の名言いただきました

「ひたむきに誠実に働いた者がきちんと評価されること」(第四話)

森山に対して、半沢の仕事の流儀を説くシーン。全部で3つあり「正しいことを正しいといえること」「組織の常識と世間の常識が一致していること」と並べて伝えた。簡単なようだが実に奥深いモットーである。

<SNSでの反応>
・何にも負けない半沢の強さを垣間見た
・どれひとつ欠けてもいけない気がする
・勉強になります!
・これから大勝負をしかける前に若い世代に遺言…深い

「仕事は客のためにするものだ。ひいては世の中のためにするもの」(第四話)

古巣である東京セントラル証券のメンバー全員に対して送った言葉。「どんな会社にいても、どんな仕事をしていても、自分の仕事にプライドを持って日々奮闘し、達成感を得ている人のことを本当の勝ち組というんじゃないか」ニュージェネレーションともいえる若き世代にその思いを託し、半沢は銀行での戦いにその身を置くこととなる。

<SNSでの反応>
・セントラルのメンバーが涙しながら聞いてるのが胸にしみる
・本当のプライドというものを学んだ気がします
・重いことばだよ…明日から自分にも言い聞かせる
・来週からどんな奮闘が始まるんだ!?

第五話の見どころ


前話でようやく伊佐山への「倍返し」が決まり、東京中央銀行への栄転が決まった半沢。しかし休む間もなく次の仕事が舞い込む。不良債権を抱えた航空会社の立て直し、そして横やりを入れてくる政府に対してどう立ち向かうのか!?
ドラマは新たな展開を見せてヒートアップし続ける!そして今回もトレンドに上がるような名言が飛び出す!?
日曜日の夜はテレビとSNSを両方ウォッチして、みんなで盛り上がろう♪

半沢直樹をアプリでチェック!




アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る