メディア個別 説明できる?「消毒」と「除菌」の違い | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/08/16

説明できる?「消毒」と「除菌」の違い

image

image

「”消毒”液」と「”除菌”スプレー」、これって何が違うんだろう?

image

同じような言葉が使われている製品はいっぱいあるけど、意味を考えたことはなかったかも……

突然ですが、みなさんは「消毒」と「除菌」の違いを説明できますか?
一括りにされることが多いこの2つの単語、実は異なる意味を持つワードなんです。
効果の違いもあるため、この機会に言葉の意味をおさらいしましょう!

「消毒」の意味ってなに?どれくらいの効果があるの?



image01

擦り傷をした後や手洗い後によく言われる「消毒」。
これは菌やウイルスを無毒化することを指しています。

「消毒」ではあくまでも人体に害のない程度に無毒化するという意味なので、完全に死滅した状態にはならないのが注意したいところ。
製品では薬機法に基づき、安全性や有効性が認められたもののみ「医薬品・医薬部外品」の名称がつけられます。

例えば、現在「JR東日本」や「JR西日本」では、車内清掃時に吊り手や握り棒などの消毒を実施。人の出入りがある飲食店やカラオケ店でも、テーブルの脇に消毒液を置く店舗が増えています。

image

万が一ウイルスが体に入っても消毒していれば無害化できるんだね

「除菌」の意味ってなに?「消毒」とは何が違うの?



image01

一方「除菌」は、菌やウイルスの数を減らすことを指します。
こちらは「消毒」とは対照的に、「医薬品・医薬部外品」以外の洗剤やアルコール製品に記されることが多い表現ですが、その理由は薬機法上、医薬品ではない製品に「消毒」や「殺菌」などの言葉が使えないため。
実際には「消毒」と同じように、無毒化できる製品もあるようです。

表面から菌が減れば「除菌」といえるのがこの言葉のミソ。これを踏まえると、洗って何度でも使える布マスクは除菌状態での使用といえます。不安になった人も、洗い方に気を付ければ極力清潔な状態で布マスクを利用することも可能ですよ。




image

製品によって効果の基準がバラバラってことか

予防の基本「手洗い」は効果がある?



「消毒」と「除菌」、どちらを謳う製品であっても全ての菌やウイルスに効果があるわけではないので注意が必要。
厚生労働省によれば、手指についたウイルスの対策は「手洗い」が最も重要なのだそう。
なんと流水による15秒の手洗いだけでウイルスの数は100分の1、ハンドソープで10秒揉み洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1にまで減らせるのだとか!




image

たった25秒の手洗いでウイルスを1万分の1まで減らせるの!?

手洗いがすぐにできない状況ではアルコール消毒液(濃度70%以上95%以下のエタノール)も有効!
お出かけの際には持っておくと安心ですね。

「消毒」と「除菌」の違いを覚えて、シチュエーションにあった製品を使い分けながら風邪対策に努めましょう!

薬用ハンド消毒スプレー 130ml Accessories dショッピング
5本セット プレミアムハンドジェル 大容量 500ml エタノール70%dショッピング
galali ワイルドシルク100%マスク ライトピンク Lサイズ (1枚)dショッピング


【出展】新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る