メディア個別 気づけば今年も残り3か月!忘れないうちにLINEで年賀状の用意をはじめましょう | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/09/16

気づけば今年も残り3か月!忘れないうちにLINEで年賀状の用意をはじめましょう

9月も後半に入り、早いもので今年もあと3か月余りとなりました。ニュースなどで取り上げられもうそんな時期かと思うものの、まだ先の話だと安心したまま忘れた結果、年末にバタバタしてしまうのが年賀状。
普段使用しているコミュニケーションアプリ「LINE」を使えば、そんな問題とサヨナラできます。とっても簡単なLINEを使った年賀はがきの購入方法や、写真を送るだけで年賀状を作れる「ぽすくま森の年賀状屋さん」は必見!


image01

いまから年賀状なんて早すぎると笑っていると、今年も暮れに慌てますよ♪

2021年年賀はがきはもう買いそびれない!

年賀はがきは買うチャンスが何度もあるのに、なぜか買いそびれるもの。駅の改札近くで売っていても通勤で慌しいとスルーし、コンビニでは会計が済んで帰ろうと振り返った正面にあり、また今度でいいやを繰り返して結局買えないのです。

image01

LINEで頼めば年賀はがきも簡単に買える

後回しにすることが買いそびれにつながるのですから、いまこの記事を読んだ直後に来年の年賀はがきを買っちゃいましょう。LINEでは、簡単な手続きで年賀はがきの予約ができますよ♪

Step 1 郵便局[ぽすくま]と友だちになる
日本郵政グループのLINE公式アカウント「郵便局[ぽすくま]」を友だち登録します。
「郵便局[ぽすくま]」は再配達の手続きなどもできるので、友だち登録しておくととっても便利でオススメ♪

image01

郵便局[ぽすくま] 友だち登録する

Step 2 予約手続きをする
「郵便局[ぽすくま]」にある「インターネット通販予約受付中」を選び(1)、「年賀はがきを予約注文する」をタップする(2)と手続きがスタート。

image01

image01

Step 3 受け取り方法を選ぶ
希望する年賀はがきの枚数を入力したら、お届け先の入力と進みましょう。受け取り場所は自宅はもちろん勤務先もOK。時間も月~土曜の午前、午後、夜の3種類から選択できるうえ、送料は無料。さらに支払いは受け取り時の現金代引きで、手数料もかからないという便利さ!

image01

10月28日(水)までに注文をしておくと、10月29日(木)以降年賀はがきを届けてくれます。これで買い忘れる心配はありませんね♪

LINEで作るオリジナル年賀状

LINEでは毎年「ぽすくま」による楽しい年賀状作りが提供されています。今年は好きな写真を送ると年賀状を作ってくれる「ぽすくま森の年賀状屋さん」が復活。トークで送れるスタンプ感覚のものや、年賀はがきにプリントアウトして作成するものなど、年賀状作成が楽しくなるコンテンツがいっぱい。

▲2018年の「ぽすくま森の年賀状屋さん」。



今年の「ぽすくま森の年賀状屋さん」は10月29日(木)からスタートです。お楽しみに!

外出自粛をしたり帰省を控えたりと、今年はいままでとはちょっと違う年でした。顔を見せる機会も減った時だからこそ、日本の伝統文化である新年のあいさつはきちんとしたいもの。年賀はがきとLINEのトークという現在のスタイルに合わせた方法で、令和3年の年賀状を送ってみませんか?


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る