メディア個別 「原神」超話題のオープンフィールドRPGがついにリリース! 公開直後にアプリ100万ダウンロード突破 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/10/02

「原神」超話題のオープンフィールドRPGがついにリリース! 公開直後にアプリ100万ダウンロード突破

眼前に広がる雄大なフィールドを自由に動き回り、敵と戦ったり、素材を集めたり、ときには料理したりと勝手気ままに遊べる。そんな自由空間を提供してくれるのがいま超話題のRPG「原神」だ。無料でダウンロードして思う存分遊べる超大ボリュームの話題作、その魅力を紹介していこう。



image
原神 appli_iconカテゴリ:ゲーム
DLbotan1 DLbotan2

テレビCMも絶賛放映中!話題のオープンワールドRPG

そもそもオープンワールドとはなんなのか? 他のゲームとどう違うのか? それは「目の前に広がる風景のほぼすべてに行くことができる」実寸で用意された世界ということ。

つまり、普通のRPGだったらこれ以上進めない遮蔽物としてある崖も、「原神」では平気でよじ登れる。行く手を遮るように思える大きな川だってスタミナさえもてば泳ぎ渡れる。この「なんでもできる自由度」は一度味わうととんでもない快感と感動を与えてくれる。


フィールド上にいる敵を好きに狩るもよし。野生の食材をゲットして料理するもよし。もちろんメインストーリーも用意されているので、お話を進めるもよし。冒険に疲れたらマルチプレイでみんなとおしゃべりするもよし。「これをしないとダメ」という決まりがないから、自分のペースで遊ぶことができるのが人気の秘密。

いろんな意味で話題を独り占め

リリース前から注目を集め、いまかいまかと公開を待ちわびていたファンもいるほどだった「原神」。9月27日に正式リリースされるやいなや、またたくまにログインするプレイヤーが続出。公開3日間でAndroidアプリが100万ダウンロードを突破する人気ぶりだ。

image


そしてネット上でもうひとつ、「原神」の名を知らしめているのが「有名RPGに似たシーンがある」ということ。実際にプレイすると、確かに様々な有名RPGの「良いところ」をぎゅっと詰め込んだような風景をちらほら見かける。そもそも開発陣が人気RPG「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」に感銘を受けてリスペクトしたと発言しているので、制作段階で影響を受けている部分もあるのだろう。

image


とはいえ登場人物や世界観、物語など「原神」ならではのオリジナル要素がもちろんメインだ。無数の生命が繁栄する「テイワット」大陸。そこでは風・炎・雷・水・氷・草・岩の七つの元素が絡み合う。この元素に対しての理解と戦略を持つことが、「原神」でより強くなる秘訣といえる。世界任務を受けてクエストをこなし、ときにはキャラを地方に派遣して探索を進めるなど、やり込み要素が満載だ。

ストーリー、グラフィックの他にもミュージックが突出していることも挙げておきたい。24時間でゆっくりと移り変わる昼夜、それに合わせて流れるのはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と上海交響楽団による華麗な演奏。草原にぼーっと立ってるだけでも、心地よいサウンドが耳を楽しませてくれる。

マルチプラットフォームだからみんなで遊べる!

そして「原神」最大の特徴ともいえるのが、パソコン、スマホ、ゲーム機とプラットフォームを選ばず遊べるところ。しかもそれぞれのゲームプレイヤーと同じフィールドで遊べるマルチプレイも可能! パソコン版で遊んで仲良くなった友達はじつはスマホでプレイしてた……そんなシーンも当たり前のように行われている。

image


ここでひとつだけ注意したいのは、クロスプレイが可能なのはパソコン版とスマホ版のみということ。プレイステーション4版は他のハードとデータ共有ができないため、独自のフィールドでPS4ユーザーとのみマルチプレイができる。また、ニンテンドースイッチ版はリリース前なのでクロスプレイに対応しているかはいまだ不明。

より多くの人とプラットフォームの垣根を越えて一緒に遊びたい! という人は、ぜひアプリ版から始めることをおすすめする。どこまでも続くオープンフィールドで出会った友達とパーティを組んで、相談しながら下準備をして、一緒に強大なボスに立ち向かう……。考えただけでもワクワクが止まらない。もちろん無料でダウンロード、プレイできる新世代RPG「原神」をぜひ体験してみてほしい。

image
原神 appli_iconカテゴリ:ゲーム
DLbotan1 DLbotan2

こちらもおすすめ!ニンテンドースイッチ売れ筋ソフトTOP5!「スーパーマリオ 3Dコレクション」が大人気!


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る