メディア個別 これって偽サイト?商品を購入したのに届かない 消費者庁が注意喚起! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2020/10/26

これって偽サイト?商品を購入したのに届かない 消費者庁が注意喚起!

消費者庁は、通販サイトで注文して代金を払ったのに商品が届かないといった相談が増えていることを受けて注意喚起を行いました。3つの実在する通販サイトになりすました偽サイトが確認されています。



image01

こうした偽サイトは、公式サイトと同じ屋号を用いていることはもちろん、サイトの構成から商品画像や文章まで盗用しているといいます。見た目が似ているため、一見しただけでは偽サイトだと気づくのが困難なことも。

では、偽サイトを見分けるにはどこに注目すればいいのでしょうか?

公式サイトと偽サイトを比較


消費者庁は「dyson」「LOWYA」「特価用品専門店」の偽サイトが確認されたことを発表。ホームページでは、それぞれの公式サイトと偽サイトとの比較画像が公開されています。

image01
<消費者庁 公式サイトより>

まずはトップページを見比べてみると、画像や構成がまるでそっくり。会社概要ページに書かれている会社名や所在地、代表取締役名も、公式サイトの内容がそのまま記載されています。

image01

商品ページの方でも同じ画像が使われています。しかも価格が公式サイトよりも安いため、つい注文する人が出てしまうのもわからなくありません。しかし、安易に購入ボタンを押すのは絶対に避けたいところ。

実際に買い物した人たちは、商品が届かないことをうけて問い合わせのメールを送信するも、アドレスが無効になっている、返信がない、外国語のメールが届くなど、一切連絡がとれない状態だといいます。しかも「dyson」と「LOWYA」の偽サイトで買い物した人のところに、注文した覚えのないマフラーなどが送られてくることもあるようです。

偽サイトの見分け方と注意点


消費者庁は偽サイトの見分け方も公開しています。注文前に必ず確認するようにしましょう。

偽サイトの見分け方

・公式やほかの通販サイトよりも格安で商品を販売している

・代金の振込先口座の名義が事業者や運営責任者とは異なっている

・URLを確認する


ほかの通販サイトよりも格安な販売価格を表示するのには、消費者を誘い込もうという狙いがあり、偽サイトの典型的な手口だといわれています。注文する前に、サイトに不審な点はないか調べましょう。

代金を支払う際には、口座名義がサイトに記載のある事業者名や運営責任者名などとあっているか忘れず確認すること。また、クレジットカードで支払った場合は代金の被害だけでなく、決済時に入力したカード番号や個人情報を悪用される可能性もあるため要注意。

公式サイトと偽サイトを確実に見分ける方法は、URLを確認すること。実際に、消費者庁が公開している偽サイトのURLを見てみましょう。以下はあくまでも一例なので、買い物する際は十分に気を付けてください。

【dyson】

◆公式サイトURL
https://www.dyson.co.jp

◆偽サイトURL
https://www.sosounds.com
https://www.minotopo.com
https://www.presua.com
https://balagory.com
https://www.dybin.com

【LOWYA】

◆公式サイトURL
https://www.low-ya.com

◆偽サイトURL
https://www.lowyojp.com
https://www.shopnolines.com
https://www.moyi.jp
https://www.wo-yo.jp
https://www.lo-yo.jp

【特価用品専門店】

公式サイトは存在せず、すべて偽サイト

◆偽サイトURL
http://www.gradevin.xyz
http://onshop.goodplaces.top
http://www.malof.xyz
http://buy.placecare.xyz
http://www.ezlkknkpstore.club

こうして見比べてみると、公式サイトのURLには「dyson」「low-ya」といったサイト名が入っていますが、偽サイトでは「sosounds」「minotopo」などとお店と関連のない文字が使われていることがわかります。ただし、偽サイトの中には公式サイトと似たURLを使っている場合もあるため注意しましょう。

もしも偽サイトの被害にあったら?


image01

消費者庁は、不審な点があったときは「消費者ホットライン」に相談するよう呼びかけています。電話番号は局番なしで「188(いやや)」。ここに電話すると最寄りの消費生活センターなどを紹介してもらえます。

その他「偽サイト」に関する詳しい情報は、以下の消費者庁公式ホームページをご覧ください。


安心してネット通販できる公式アプリ


偽サイトが増えていることで、ネット通販が楽しめなくなるのはもってのほか。安心してお買い物するなら、楽天やAmazonなどの公式アプリを使うのもオススメです!





アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る