メディア個別 え?まだ入れてないの!? 巣ごもり生活に便利なアプリ15選 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2021/01/08

え?まだ入れてないの!? 巣ごもり生活に便利なアプリ15選

巣ごもり需要が高まる昨今、消費者はスマホを介して仕事や勉強、遊びの時間を費やすことが増えてきました。アプリ市場分析会社のApp Annie Japanによると、2020年のアプリダウンロード数は2019年と比べて10%増の伸び率となり、世界全体の総ダウンロード数は、iOSとGoogle Playを合計して1,300億にものぼります。



また、有料コンテンツやアプリ内課金など、アプリストアへの消費支出も2020年全体で前年比25%増の1,120億ドル(約11兆5628億円)となり、過去最高を更新する勢いとなっています。

image

そこで、2020年に日本国内で最もダウンロードされた人気アプリに注目。いま、多くのユーザーが使っているタイトルを知り、自分も利用することで、巣ごもり生活がより便利で楽しく暮らせることでしょう。果たして年間1位に輝いたベストアプリはどのタイトルでしょうか!?

非ゲームアプリのダウンロード数成長ランキング1位「COCOA」


2020年、国内でダウンロード数を大きく伸ばしたのは新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」。陽性反応がでた人と濃厚接触をしていた場合、それを通知で知らせてくれるツールアプリです。政府が推進するアプリとあって連日メディアでも紹介されたため、多くの人がインストールしました。2021年も引き続き情報共有ソースのひとつとなるため、まだインストールしていない人はぜひチェックしておきたいものです。

また、2位には「ZOOM」がランクイン。リモートワークの普及でダウンロード数が伸び、2019年と比べて4倍近くにまでなっています。さらにステイホーム環境ではデリバリー業の躍進も目立っています。ランキング9位には「UberEats」が入るなど、巣ごもり需要にぴったりなアプリが多く見受けられます。

image


支出額ランキングではマンガアプリの人気際立つ


ゲームタイトルを除く「非ゲームアプリ」ジャンルにおいて、支出額が最も大きかったのはデジタルコミックアプリ「LINEマンガ」でした。ドラマ、映画の原作コミックから最新タイトル、オリジナルマンガなど幅広いジャンルのコミックが読めるとあって、スキマ時間を埋めるのにちょうどいいと好評を博しました。2位に「ピッコマ」が、9位には「マンガBANG!」がランクインするなど、コミックアプリが躍進したことが分かります。大ヒットマンガ「鬼滅の刃」が読めることも要因のひとつとなっているようです。

映像系では動画ストリーミングサービス「Abema TV」が5位にランクイン。見逃し配信や限定作品の見放題など、サブスク型の月額課金により収益を伸ばしています。

image


ゲーム部門のダウンロード数成長率1位は「トゥーンブラスト」


ゲーム部門におけるダウンロード数成長率1位はパズルゲームの「トゥーンブラスト」。なめらかなアニメとおなじみのマッチ3パズルが融合した人気タイトル。画面をタップするだけでサクサクとパネルが消えていく爽快感が話題となりました。ゲームをクリアするほどに先のステージが開いていくので遊ぶ手が止まりません。まさに暇つぶしの王道タイトルといえるでしょう。

ランキング2位は「どうぶつの森 ポケットキャンプ」。こちらはNintendo Switchで爆発的ヒットを記録した「あつまれどうぶつの森」との相乗効果でロングヒットとなりました。7位には脳トレクイズアプリ「Brain Out」もあり、「簡単に・直感的に・短時間でプレイできる」いわゆるハイパーカジュアルゲームがブームとなっています。

image

トゥーンブラスト (Toon Blast) appli_icon
カテゴリ:ゲーム
DLbotan1 DLbotan2

「モンスト」がゲーム部門支出額ランキングトップに!


さて、課金率が高いといわれるゲーム部門での支出額ランキングを見ると……1位は堂々の「モンスターストライク」でした。基本無料プレイで楽しめるひっぱりハンティングRPGのモンストですが、1ヶ月間特別な特典が追加される「モンパス」や、ガチャとオーブがセットになった「アビリティパック」など、魅力的な課金要素が多く用意されています。

ランキング2位には「Fate/Grand Order」が、3位には「ドラゴンクエストウォーク」がランクイン。配信されてから年月がたってもなお高い人気を維持するその運営力は称賛に値します。

image


月間アクティブユーザー数はソーシャルアプリがずらり


一方、ダウンロード数ではなく実際にアプリを毎月使っている人数=アクティブユーザー数で見てみると、非ゲーム部門ではやはりSNSを中心としたコミュニケーションアプリが定番となっています。1位「LINE」、2位「Twitter」、3位「Instagram」の状況は、自宅にいながらにして友だちと連絡を取り合う、遠隔コミュニケーションが活発化している証しです。

これまでなかなか手を伸ばせなかったツールアプリでも、この際思い切って始めてみたらコミュニティの輪が広がった……という声もよく聞かれます。巣ごもり環境でのストレス発散にも。ぜひインストールしてみてはいがでしょうか。

image


⇒ App Annie Japan

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る