メディア個別 実在の事例がベース?「モルカー」に隠された“裏の顔”  | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2021/01/24

実在の事例がベース?「モルカー」に隠された“裏の顔” 

2021年1月より放送を開始したストップモーションアニメ「PUI PUI モルカー」(テレビ東京系)が、今大人たちの間で大ブレイク!
Twitterでは一時「#モルカー」がトレンドに躍り出るなど、破竹の勢いで人気を集めています。



image01
<TVアニメ『PUI PUI モルカー』公式YouTubeより>


「PUI PUI モルカー」ってどんなアニメ?




本作の舞台になっているのは、モルモットが車になった"モルカー"が当たり前のように使われている、へんてこな世界。
体や顔はモルモットの原型を保っていますが、手足をよく見ると4つのタイヤが。
モルカーたちはこのタイヤを使い、トコトコと街中を大移動!
ストーリーには車に関するシチュエーションを盛り込んだ、笑いあり、癒しありのショートアニメになっています。

一見「可愛いパペットアニメ」という感想を抱く本作ですが、よくよくストーリーを考察していくと、実在する事例がベースとなっている社会派アニメであることが発覚。
ここでは第3話までのストーリーと、そのモデルになったと思われる実例を紹介します。

【第1話】渋滞はだれのせい?




大渋滞に巻き込まれてしまったモルカーのポテト。一向に動く気配のない渋滞の先頭には、なんとヘッドホンを装着してスマホを操作するドライバーが……!

ご存じの通り、スマホを触りながらの車の運転は「ながら運転」と呼ばれる違反行為。
また、自治体によってはイヤホンやヘッドホンを着用し、大音量で音楽を聴くことが禁止されている場合もあります。

このことから、第1話のモデルとなったのは「道路交通法違反」だと言えそうです。

【第2話】銀行強盗をつかまえろ!




第2話では、モルカーのシロモが銀行強盗に乗っ取られてしまいます。
このお話のベースとなったのは、タイトルにもついている「銀行強盗」と「車の強奪」

モルカーの視点からお話を見ると「銀行強盗たちの逮捕に貢献した物語」に思えます。しかし、人間視点からストーリーを解釈すると、可愛さの影に隠れた本当の姿が浮き彫りに……。

【第3話】ネコ救出大作戦




夏の猛暑日、モルカー・アビーの車内には飼い猫が残されていた!
物語の前半ではペットの飼い方を問う「動物愛護管理法」がテーマになっていますが、後半にはもうひとつの問題が。

「ネコのために車内を冷やさなきゃ」と考えたモルカーたちは、近くにあった路面店へ次々乱入!?
これはニュースでも度々目にする、「アクセルの踏み間違いによる突っ込み事故」がテーマになっているのではないでしょうか。

このように、「PUI PUI モルカー」ではニュースでよく見かける事例が多々ストーリーの中に組み込まれています。
いつもと少し角度を変えて物語を深読みしていくと、「車の正しい運転方法」や「ペットとの向き合い方」のほかにも、隠されたメッセージがあるかもしれません。

大ブレイク中!「モルカー」を無料視聴するなら


「PUI PUI モルカー」は「バンダイチャンネル」で見放題配信しているほか、YouTubeの「BANDAI NAMCO Arts Channel」では最新話を無料配信中!
「まだモルカーを見たことがない」という人はもちろん、現在モルカーにハマっている人も、「事例」がどこに隠れているかを探してみてはいかがでしょうか?

image01


 
バンダイチャンネル見放題アプリ appli_icon
DLbotan1 DLbotan2

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る