メディア個別 寒い日はスマホのバッテリー減少が早いって本当? | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2021/01/27

寒い日はスマホのバッテリー減少が早いって本当?

冬になると「スマホの電池の減りが早い」「いつの間にか電源が落ちていた」なんてことはありませんか? そんなに使っていないのにバッテリーの消耗が激しいと、故障やウイルス感染などを疑ってしまう人もいるはず。



image01

そんな、冬に起こりがちなスマホのトラブル。やはり寒さが原因なのでしょうか?

スマホは寒さに弱いって本当?


スマホの取扱説明書やホームページなどをよく見ると「高温・低温・多湿の場所では使用しないでください」「周囲温度0度~35度の範囲で使用してください」といった注意書きがあります。機種によって周囲温度は少し異なりますが、実は高温や低温の環境でスマホを使っていると、電池を消耗しやすくなるんです。

image01

スマホの電池に使われているリチウムイオンは、各メーカーが発表している温度を超えると電流の働きが弱まり、バッテリーの持ちが悪くなってしまいます。場合によっては、そのまま電源が切れてしまうことも。

でも、これは一時的なもの。スマホの周囲が最適な温度になると、本来のバッテリー残量に戻ります。

image01

ここで注意したいのが、スマホが冷えているからといって使い捨てカイロを当てたり、ストーブの前に置いたりして、無理に温めようとしないこと! スマホを寒いところからいきなり暖かいところへ移動すると、急激な温度差によって内部に結露が発生してしまいます。結露はスマホが故障する原因にもなるため、自然に本体の温度を戻しましょう。


寒い日に外出するならスマホをバッグやポケットの中に入れておく、自宅にいるときは冷えやすい場所に置かないなど、なるべく周囲温度が変わらないように対策したいですね!

スマホのお役立ち動画もチェック!


アプリ&レビューでは、スマホをもっと楽しく便利に使うための動画を公開中! 以下の動画では「画面の明るさ設定」「スマホをロックする方法」といった基本設定について解説しています。ぜひ役立ててください♪


大画面で確認するならコチラ【スマホおすすめ設定】Androidをカスタマイズ!便利な設定方法7選

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る